焙煎穀物飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

焙煎穀物飲料(ばいせんこくもついんりょう、英語: roasted grain beverage)または穀物コーヒー(こくもつコーヒー、grain coffee)は、一種類または複数の焙煎した穀物に量産用の化合物や粉末を加味したものを熱湯で戻して飲む飲料。カフェインレスのコーヒーの代替品として知られており、稀少で高価なものもある[1]

有名な焙煎穀物飲料にはカロポツタム英語版インカ英語版がある。その他にも健康食料品店やスーパーマーケットで販売されているものがある。

オオムギ、オオムギ麦芽ライムギチコリー糖蜜テーブルビートの根などが知られている。

アジアの穀物コーヒー[編集]

ポーランド(インカ、クラクス、アナトーリ、クジャウィンアンカ)や東アジア日本中華人民共和国大韓民国[2] では一種類または複数の穀物コーヒーが存在する。通常、焙煎コーヒーは単純に熱湯をかけたものである。しばしばソビエト連邦や東欧では恒常的な食糧不足が発生しており、これらコーヒーの代替飲料が飲まれていた。

安全性[編集]

アクリルアミドはコーヒーやバーベキューの肉と同様、焦げたパンや炭水化物を多く含む食品を加熱したものに多く含まれている。 焦がした穀物は穀物コーヒーにも使われているため、アクリルアミドを多く含有していると考えられている[3]。 アクリルアミドは発癌性を高めるとも指摘されているが[4]、2013年現在はっきりしたことは分かっていない。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Yvona Fast, "Kicking the Coffee Habit: Going Caffeine-Free with Grain-Based Beverages"E–The Environmental Magazine May 1, 2010 (要購読契約).
  2. ^ Alex Jung, "20 delicious Korean drinks"CNN October 13, 2011.
  3. ^ Jiang Zhuqing, "Cancer chemical in French fries and coffee?"チャイナデイリー, April 15, 2005 (要購読契約).
  4. ^ Acrylamide”. アメリカがん協会 (2013年10月1日). 2014年9月閲覧。