コピトゥブルッ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャカルタのコピトゥブルッ

コピトゥブルッ(Kopi Tubruk)は、コーヒーパウダー、砂糖を混ぜて湯を注ぎ、その上澄み液を飲む、インドネシアコーヒーである。[1]

このコーヒーはトルコギリシャで飲まれるコーヒーと同様に芳醇さがある。特にジャワ島バリで根強い人気を誇る。

このコーヒーは、中東のイスラム系商人によってインドネシアに持ち込まれたとされ、 [2] 中東においても同様の飲み方が「マッドコーヒー」として存在する。

コピトゥブルッは、いくつかの種類が存在し、甘いミルクが加えられたり、アボカドジュースと混ぜられたりすることもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Types Of Coffee – Coffee Varieties II, Talk About Coffee. Diaksès 5 Juni 2010.
  2. ^ Kopi Tubruk - Mud Coffee, “Indonesialogue. Diaksès 10 Juni 2010.

関連項目[編集]