ドミニカ共和国におけるコーヒー生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドミニカ共和国におけるコーヒー生産は、イスパニョーラ島の面積の半分以上を占める山岳地域を中心に行われている。ドミニカ共和国コーヒーの栽培が開始されたのは1975年のことであり、マルティニークのコーヒー豆よりも大きく濃厚である[1]。ドミニカ共和国での栽培の中心となってる種は、国際的に「マイルド」として知られているアラビカ種である。ロブスタ種の栽培も行われているが、その割合は1.3%に過ぎず、地産地消されている[2]

歴史[編集]

ドミニカ共和国でコーヒーの栽培が開始されたのは1975年のことであり、小規模農家にとって重要な作物であった[3]。 コーヒーの輸出は1872年頃に開始された。20世紀初頭には、コーヒーはシバオを中心としたプエルトプラタ州での栽培が始まった。1990年のドミニカ共和国のコーヒー輸出量は3,951,539ポンド (1,792,388 kg)であった[1]。1918年時点での主要な生産地はモカ英語版サンティアゴ・デ・ロス・カバリェロスバニ英語版で、プエルトプラタの輸出量の約66%を占めた[4]

コーヒープランテーションの面積は農地全体の面積の約3%にあたる120,000ヘクタール (300,000エーカー)であったが、1981年までに作付面積は大幅に減少した。しかし生産高は現代技術の導入により、概して同水準を保持した。コーヒーの主要な生産地は5つつあり、そのうち中央山岳地域、北部山岳地域、ネイバ山岳地域、ボオルコ山岳地域の4地域は高山地帯にある。4万から5万人のコーヒー農家が営農している[3]

生産量[編集]

2013年の国際連合食糧農業機関(FAO)の統計によると、ドミニカ共和国のコーヒー生産量は10,100米トン (9,200 t)であり、全世界の生産量の約0.1%であった。作付面積は22,400ヘクタール (55,000エーカー)であり、1haあたりの生産量は451キログラム (990 lb)であった[5]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  • この記事には現在パブリックドメインとなったInternational Bureau of the American Republics's Santo Domingo (1892)からの記述が含まれています。
  • この記事には現在パブリックドメインとなったPan American Union's Coffee: Extensive Information and Statistics (1902)からの記述が含まれています。
  1. ^ a b Pan American Union 1902, p. 41.
  2. ^ Siegel & Alwang 2004, p. 32.
  3. ^ a b Siegel & Alwang 2004, pp. 30–31.
  4. ^ Schoenrich 1918, p. 157.
  5. ^ Dominican Republic: Coffee, green, production quantity (tons)”. Factfish.com. 2015年6月3日閲覧。

参考文献