アメリカン・コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アメリカン・コーヒーとは、浅く焙煎したコーヒー豆で入れたコーヒー[1]アメリカンとも呼ばれるがアメリカーノとはまた違ったコーヒー。和製英語で「アメリカン」は「濃度が薄い」という意味に拡大してきた[2]

特徴[編集]

アメリカ合衆国式の8段階で表示されるコーヒー豆焙煎度分類法で、焙煎度が低いシナモンロースト(浅煎り)やミディアムロースト(やや浅めの中煎り)の豆を使って、パーコレータなどのコーヒーメーカーで多めのお湯でいれる点が特徴である。アメリカ西部の方が浅煎りの豆を使用し、東部の方が深めに焙煎した豆を使用する傾向がある[3]。味わいとしては、浅煎り豆を使用しているため、苦味よりも酸味が強い味わいとなる。一般的には砂糖ミルクなどは入れずにブラックコーヒーと呼ばれる状態で飲む[3]、という俗説が日本では長く流布していたが、現実には65%以上[4]のアメリカ人はミルクと砂糖を加えてコーヒーを飲む。浅煎りのアメリカンコーヒーでは豆本来のよい香りとさっぱりした味を楽しむことができるので軟水を用いることが望ましい[5][6][7]

通常のコーヒーをお湯割りにしたものを「アメリカン・コーヒー」と認識している人達が見られるが、こうした見方は正確な認識とは言えない。

呼称[編集]

このアメリカン・コーヒーという名称は、日本で使われる呼称であって、世界基準となる珈琲鑑定士用語には存在していない。また、アメリカ人は自国のコーヒーについて「アメリカンコーヒー」と呼称しない[3][8]し、21世紀のアメリカではスターバックスに代表されるシアトル系コーヒーなどのエスプレッソ等も好んで飲まれるようになっている。

由来[編集]

由来としては、「1964年東京:芝田村町の、とある石油会社ビル内の地下で営業している某喫茶店において、日本のコーヒー(当時深煎りが主流であった)を何杯でも飲めるようにというアメリカ駐在帰りの会社員の客からのリクエストに応え、コーヒーカップより一回り大きいミルクカップにコーヒー豆の量を少なめにして淹れることで、浅煎りのコーヒーに見立てた」という説や、「1966年に設立された日本珈琲販売共同機構を本部とする珈琲専門店フランチャイズ『コーヒーハウスぽえむ』が日本(世界的にも)で初めてメニューとして登場させた」など複数の説が存在する。

大森洋平『考証要集』(文春文庫)にはミリタリー・ライターの菊月俊之の説が紹介されている。「これは第二次大戦中、米国内でもさすがに物資が不足したために、コーヒー豆の節約法として考案された飲み方という(『月刊コンバットマガジン』二〇一一年)」。

脚注[編集]

  1. ^ 「コーヒー用語辞典」”. UCC上島珈琲. 2012年6月7日閲覧。
  2. ^ 名古屋周辺などで食される台湾ラーメンには、辛さが柔らかい「台湾ラーメン・アメリカン」なる調理法が存在する。
  3. ^ a b c 伊藤博『コーヒー事典』1994年、p.69
  4. ^ Coffee Drinking Statistics
  5. ^ 軟水と硬水について
  6. ^ 硬水・軟水で料理の味が変わる
  7. ^ 軟水、硬水はどのように使い分けされているのでしょうか。
  8. ^ アーサー・ビナードの『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)は「米国産の豆で作れば、American Coffeeになる。ハワイコナコーストで栽培されるKona coffeeはそう呼んでいい。けれど「薄めにいれたコーヒー」という意味で、アメリカ人はAmericanとはいわない」と書いている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]