シアトル系コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スターバックスはシアトル系コーヒーの代表格のひとつである[1]

シアトル系コーヒー(シアトルけいコーヒー)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルを中心に、アメリカ西海岸から発展したスペシャルティコーヒーをさす言葉であり、スターバックスコーヒーなどが代表的な存在である[1]

従来の浅く焙煎したコーヒー豆を使うアメリカン・コーヒーとは一線を画し、イタリアカフェバールなどで提供されるエスプレッソをベースとしたコーヒーにアレンジを加えたものを示す[1]

代表的なシアトル系コーヒーショップ[編集]

また本来は日本系のコーヒーショップであるエクセルシオール カフェなども、業態が似ていることからシアトル系として分類されることがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f タリーズのコーヒーはスタバと一体何が違うか | 外食” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年2月28日). 2022年2月25日閲覧。
  2. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “マクドナルドがスタバと激突 「本格カフェ」の狙いと実力|フード・レストラン|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2022年2月25日閲覧。