バール (飲食店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タバッキを兼ねている店にある看板。単色の中に白抜きで大文字のTを模したマーク。両脇には認定あるいは許可票と見られるマークがある

バールまたはバルbar)は、イタリアスペインなどの南ヨーロッパで軽食喫茶店酒場のことを指す。

イタリア[編集]

バールbar)は軽食喫茶店を指す。食事にも重点をおいたリストランテ・バールから、コーヒー中心のカフェ・バール、 アイスクリーム中心のジェラテリア・バールなど様々なものがある。イタリアで単に「カフェ」というと、店ではなくコーヒーそのもの、一般的には「エスプレッソ」を指す。

基本的にカウンターで立ち飲みするスタイルの喫茶店であり、バリスタエスプレッソカプチーノなどを作って提供する。朝食代わりにしたり仕事帰りなどに気軽に立ち寄って一杯飲んでいく。軽食パニーノ)や夏場ならジェラートなどが用意されている店も多い。さらに公衆電話トイレを備えるため休憩所にも利用される。

路線バス市内電車地下鉄の切符などを扱う所もある。さらにはトトカルチョなどのくじ煙草を売るタバッキや、他の商店を兼ねている店も多い。

語源は英語のバーBar)に由来するが、バーの様に酒類を飲むのが主ではなくコーヒー類を飲んだり、地域の情報交換場所として使用されている。そのため英語や日本語で用いられるバーと同種の店舗だと考えるのは誤解となる。もちろん酒類も置いてあるので注文可能である。古くは男性のみが集まる場所であったが、女性の社会進出に伴い女性単独での利用も当たり前となった。

テーブル席には別メニューの高い料金をとる場合が多く、カウンターに比べてあまり利用されない。

日本には1999年頃からイタリア系資本のセガフレード・ザネッティがバールのチェーン展開を行っている。

イタリア語版ウィキペディアでは、日本語版の井戸端、またカフェに相当する意見交換場所がバールと名付けられている。

スペイン[編集]

バルbar)は、喫茶店居酒屋食堂コンビニエンスストアが一緒になったような飲食店を指す[1]。朝はコーヒーを、昼には食事とビール・ワインを提供し、夜はタパスピンチョスアヒージョといった小皿料理とを提供する店が多い。飲食だけでなく、電話を借りる、店内のスロットマシンで遊ぶなど日常生活の延長線上にもあるとも言える[1]

日本においても、タパス、ピンチョス、アヒージョとビール、ワインを供する「スペインバル」を名乗る店があり、2005年頃からブームが起きている[2]。ただし、日本においてはブームにあやかっただけの「なんちゃって」バルも少なくないという指摘もある[1]

関連項目[編集]

  • パブ - イギリス、アイルランドのもの
  • バル街 - 本項目をイメージしたチケット制の飲み歩き・食べ歩きの日本のイベント。函館が発祥。
  • カフェ・ソスペーゾ

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 東京カレンダー (2015年9月26日). “スペイン人親子シェフに聞いた「ここが変だよ日本のバル」”. グノシー. 2016年3月8日閲覧。
  2. ^ Hanako』2005年9/28号(マガジンハウス銀座特集「銀座のスペインバルは、いま最高潮」