切符

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

切符、"きっぷ"、またはチケットとは証票の一種であり、対価を支払い済みであり、購入・受給の権利の保証(および法律履行の義務)を表す。特定の物品の購入、交通機関や劇場の利用サービス受給等に用いられる。

本来、「切符」は「切り取った符(札)」であり、後で照合を行う目的に用いられた。例えば荷物に添付する送付状の差出人控えや受取人が輸送業者に見せる受取り証などを切符と呼んだ。その後、転じて物品やサービスの受給権をもつ有価証券その物を意味するようになった。

明治時代は切符並びに切符売りのことを「テケツ」と呼んでいた。これは英語の Ticket転訛したものである[1][2]

切符の種類[編集]

きっぷを買う
切符(きりふ)
中世の日本で用いられた現在の為替手形に相当するもの。割符(さいふ)とも言う。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 思わず人に話したくなる続・日本語知識辞典(学研) 109ページ
  2. ^ 日本語雑記帳(岩波新書) テケツからチケットへ

関連項目[編集]