デミタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般的なデミタスカップ
Demitasse cups
金属製の枠を持つデミタスカップのセット

概要[編集]

フランス語では「小さなカップ(demi tasse)」を意味する。 デミタスは深煎りのコーヒー豆を挽き、布フィルターを用いて抽出したコーヒーのことである。またカップとしてのデミタスは、デミタスコーヒーをはじめにトルココーヒーやエスプレッソ等を飲む際に用いられるカップのことである。

カップについて[編集]

トルココーヒーやエスプレッソを飲む時に用いられる小さなカップである。デミタスとはフランス語で「小さなカップ」という意味である。

通常、容量は約60-90mlで、通常のコーヒーカップの半分程度の大きさである。白色の陶器や磁器でできていることが多いが、装飾を施したものもある。揃いの柄のソーサーが付く。[1][2]。金属製の枠に入ったガラス製のカップの場合もある。

2008年5月、ギネスワールドレコーズは、オーストラリアイプスウィッチ市市議会の市長のコレクションを世界で最大のコレクションと認定した[3]。これは、市長のPaul Pisasaleが15年間以上かけて集めたもので[4]、650セット、1500個からなる。

抽出方法について[編集]

デミタスコーヒーの抽出には、ネルドリップと呼ばれる布フィルターで抽出を行う。 深煎りのコーヒー豆を挽き、80~90℃のお湯を時間をかけて注ぎ、ネルドリップで抽出する。 旨味成分が多いとされる70~80cc部分のもののみを使用したのがデミタスコーヒーと言われる。 通常のコーヒーの約4倍の濃さがあり、「コーヒーの玉露」とも評される。[5]

海外の歴史[編集]

デミタスは1806年のイタリアのカフェ「カフェ・グリコ」が起源とされる。[6] 当時のフランスが大陸封鎖令を発令したことで植民地からコーヒー豆の輸出入量に制限がかかり、イタリアではコーヒー豆が不足していた。 品質を保ちつつ、少量の豆でコーヒーを味わうためにデミタスコーヒーが生まれた。

出典[編集]

  1. ^ Demitasse cup and saucer, "Imari" pattern”. Yale University Art Gallery. 2011年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月10日閲覧。
  2. ^ Haviland Demitasse Teacup and Saucer”. Tempe Historical Museum. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月10日閲覧。
  3. ^ Short black cup world record smashed”. City of Ipswich (2008年5月28日). 2010年3月10日閲覧。
  4. ^ Mayor - Cr Paul Pisasale”. City of Ipswich (2008年6月30日). 2010年3月10日閲覧。
  5. ^ 愛知県名古屋市の喫茶店店主への取材(2017年12月3日)
  6. ^ 臼井隆太郎 『コーヒーが廻り世界史が廻る近代社会の黒い血液』 中公新書 1992年