イプスウィッチ (クイーンズランド州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イプスウィッチの景観
ブリズベン通り
街並み
ブリマー川
ネリマガーデンズ
1872年の町の様子

イプスウィッチ(Ipswich)は、オーストラリアのクイーンズランド州南東部、ブリマー川沿いに位置する地域自治体LGA)である。州都ブリスベンの南西40kmに位置する。人口は約20万人。面積は1,207 km²。統計上はブリズベン都市圏に含まれるが、独自の歴史を持った都市である。

歴史[編集]

1826年、モートン湾流刑地の司令官パトリック・ローガン はブリスベン川を上り、石灰岩などの鉱物をこの地域に発見した。直ちに入植が計画され、翌年、最初の流刑者と教区民生委員が到着し採掘が開始された。町は "Limestone" (石灰岩)と呼ばれ、当時の中心道路は Limestone Street という名前だった。

1843年、クイーンズランドの植民地「イプスウィッチ」と制定される。 改名は、兵士のヘンリー・ウェイドが発議し、NSW総督ジョージ・ギプス が承認した[1]。名称はイングランドイプスウィッチから来ている。1848年には石炭の採掘も始まった。

1858年、自治体であることを宣言。クイーンズランド植民地発足時には州都の候補地の一つだった。1865年、クイーンズランドで最初の鉄道が開業した。

1893年に洪水の被害を受けた[2]

1974年、ブリスベン洪水 で8,500戸が浸水した。

経済[編集]

石炭の採掘は現在でも行われており、イプスウィッチの主力産業である。近年は製造業の集積が進んでおり、雇用の機会が増えている。

開発[編集]

ブリズベン都市圏の拡大により、イプスウィッチ周辺では住宅開発が盛んに行われており、人口は急速に増加している。特にリプリー 地区の開発は州内最大規模である。

交通[編集]

鉄道はイプスウィッチ・ローズウッド線でブリズベンと結ばれている。イプスウィッチ駅は州内で最初の鉄道駅である。

教育[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]