アンゴラにおけるコーヒー生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンゴラにおけるコーヒー生産は、アンゴラ最大の農業品目である。

ポルトガル植民下の1973年までアンゴラは世界第3位のコーヒー生産国であった[1]。エウリコ・デ・アゼベド・ノローニャ総督の時代には1973年に死去するまで総督によってコーヒーが精選されていた。ロンドン市場におけるアラゴン産のコーヒーは、常に輸出にとって良い条件のレートと量で交渉することができた。

歴史[編集]

コーヒーのプランテーションと生産は、主にウイジェ州などのアンゴラ北西地域の経済に貢献してきた[2]。コーヒー生産は1830年代にポルトガルによって開始され、すぐに換金作物となった。作物として人気があるロブスタ種は約2000のアラゴンのプランテーションで栽培され、大部分はポルトガル人によって所有された。1970年代には、アンゴラはアフリカにおいて有数のコーヒー生産国となった。しかし、ポルトガルからの独立戦争によって、コーヒーのプランテーションは破壊され、栽培されていたコーヒーノキの灌木は野生化、多くのコーヒー農学者がブラジルに移住した。プランテーションの再建は2000年から進行中であるが、そのための投資には40年もかかり、費用は2億3000万米ドルにも及ぶ。新たな道路の開削を伴う州の産業活動計画は具体化してきている[3]

脚註[編集]

  1. ^ Coffee Production In Angola Rises To 5000 Tons”. Angola News Press (2007年1月16日). 2012年5月4日閲覧。
  2. ^ ebizguides (January 2008). Angola: All You Need to Know to Do Business and Have Fun. MTH Multimedia S.L.. pp. 331–. ISBN 9788493397883. http://books.google.com/books?id=T4vvzrSluC8C&pg=PA331 2012年5月4日閲覧。. 
  3. ^ Benarde, Melvin A. (2006). Our precarious habitat?: the sky is not falling. Wiley-Interscience. pp. 104–. ISBN 9780471740650. http://books.google.com/books?id=9O82L8QEZXcC&pg=PA104 2012年5月4日閲覧。.