蜘蛛の巣を払う女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蜘蛛の巣を払う女
The Girl in the Spider's Web
監督 フェデ・アルバレス
脚本 ジェイ・バス
フェデ・アルバレス
スティーヴン・ナイト
原作 デヴィッド・ラーゲルクランツ英語版
The Girl in the Spider's Web
製作 スコット・ルーディン
オーレ・ソンドベルイ
ソーレン・スタルモス
ベルナ・レヴィン
エイミー・パスカル
エリザベス・カンティロン
イーライ・ブッシュ英語版
製作総指揮 ロバート・J・ドーマン
リーネ・ヴィンテル・スクイユム・フンク
ヨハンネス・イェンセン
アンニ・ファウルビー・フェルナンデス
デヴィッド・フィンチャー
出演者 クレア・フォイ
スヴェリル・グドナソン
ラキース・スタンフィールド
シルヴィア・フークス
スティーヴン・マーチャント英語版
音楽 ロケ・バニョス英語版
撮影 ペドロ・ルケ
編集 タティアナ・S・リーゲル英語版
製作会社 コロンビア映画[1]
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー[1]
リージェンシー・エンタープライズ[2]
スコット・ルーディン・プロダクションズ[1]
イエロー・バード英語版[1]
ザ・カンティロン・カンパニー[1]
パスカル・ピクチャーズ[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・リリーシング[1]
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年11月9日
日本の旗 2019年1月11日
上映時間 117分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[4]
 スウェーデン[4]
イギリスの旗 イギリス[4]
カナダの旗 カナダ[4]
ドイツの旗 ドイツ[4]
言語 英語
製作費 $43,000,000[5]
興行収入 世界の旗 $35,078,966[5]
アメリカ合衆国の旗 $14,841,338[5]
前作 ドラゴン・タトゥーの女
テンプレートを表示

蜘蛛の巣を払う女』(くものすをはらうおんな、原題:The Girl in the Spider's Web)は、2018年公開の合作のミステリー映画。監督は『ドント・ブリーズ』で注目を集めたフェデ・アルバレス。脚本はジェイ・バス、フェデ・アルバレス、スティーヴン・ナイト。主演はクレア・フォイ。共演はスヴェリル・グドナソンラキース・スタンフィールドシルヴィア・フークススティーヴン・マーチャント英語版ら。原作はデヴィッド・ラーゲルクランツ英語版の『The Girl in the Spider's Web』。スティーグ・ラーソンが書いた三部作を含めた『ミレニアム』シリーズの実写化作品としては、スウェーデン三部作、ハリウッド版に次ぐ三度目の実写化の作品となる。

あらすじ[編集]

雑誌『ミレニアム』のジャーナリストミカエル・ブルムクヴィストと、内向的な天才女性ハッカーリスベット・サランデルは、スパイやサイバー犯罪者、腐敗した政府などの蜘蛛の巣のように絡み合う事件に立ち向かっていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[6]

製作[編集]

2015年11月、ハリウッド・リポーターソニー・ピクチャーズが『ミレニアム』シリーズの新作『The Girl in the Spider's Web』をスコット・ルーディンエイミー・パスカルの製作、スティーヴン・ナイトの脚本で映画化すると報じた。さらに、そのプロジェクトには前作の監督デヴィッド・フィンチャーと主演のダニエル・クレイグルーニー・マーラが関わらないという報道もした[7]。ザ・ワープは新しいリスベット役に、アリシア・ヴィキャンデルが検討されてると報じた[8]。2016年11月、本作の監督にフェデ・アルバレスが起用を検討されていると報じられた[9]。2017年3月には、本作の製作を早めるために、キャストを一新することに決定したと発表された[10]。同年5月には、クレア・フォイがリスベット役を務めると報じられた。同年9月に、正式にフォイがリスベット役に就任したと発表された[11][12]。同年10月、『ブレードランナー 2049』の後に、シルヴィア・フークスがキャストに加わったことが分かった[13]。同年11月、クレス・バング、キャメロン・ブリットンがキャストに加わったことが分かった[14][15]。同年12月、もう一人の主人公ミカエルに、スヴェリル・グドナソンが起用されたことが分かった[16]

撮影[編集]

撮影は、2018年1月にベルリンで開始した[16][17]

公開・興行収入[編集]

本作は2018年10月5日に全米公開される予定だったが[18]、後に公開日は同年11月9日に延期されることとなった[19]

2018年6月7日、本作のファースト・トレイラーが公開された[20]。10月24日、本作はローマ映画祭でプレミア上映された[21]

本作は『グリンチ』及び『オーヴァーロード』と同じ週に封切られ、公開初週末に850万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[22]、実際の数字はそれを下回るものとなった。2018年11月9日、本作は全米2929館で公開され、公開初週末に781万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場6位となった[23]。この数字は『ドラゴン・タトゥーの女』(2011年)の初動成績(1276万ドル)を下回るものであった[24]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには139件のレビューがあり、批評家支持率は42%、平均点は10点満点で5.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『蜘蛛の巣を払う女』は原作小説のアクション要素を描くことに注力したが、その結果、ストーリーが単調なものになってしまった。ただ、それでも面白さは残っている。」となっている[25]。また、Metacriticには37件のレビューがあり、加重平均値は44/100となっている[26]。なお、本作のシネマスコア英語版はBとなっている[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Film releases”. Variety Insight. 2018年6月8日閲覧。
  2. ^ McClintock, Pamela (2018年10月2日). “New Regency Teams With Sony on 'Girl in the Spider's Web,' 'Little Women'”. The Hollywood Reporter. 2018年10月25日閲覧。
  3. ^ The Girl in the Spider's Web”. 2018年11月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e The Girl in the Spider's Web (2018)”. AllMovie. 2018年11月3日閲覧。
  5. ^ a b c The Girl in the Spider's Web: A New Dragon Tattoo Story”. 2018年11月14日閲覧。
  6. ^ “蜘蛛の巣を払う女”. ソニー・ピクチャーズ. (2019年3月22日). https://www.sonypictures.jp/he/2119167 2019年3月22日閲覧。 
  7. ^ 'Girl With the Dragon Tattoo' Follow-up in Works With Steven Knight in Talks to Adapt (Exclusive)”. 2018年2月25日閲覧。
  8. ^ Alicia Vikander Early Favorite to Replace Rooney Mara in ‘Girl With the Dragon Tattoo’ Sequel (Exclusive)”. 2018年2月25日閲覧。
  9. ^ Sony’s ‘Girl With the Dragon Tattoo’ Sequel May Have Found Its Director (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  10. ^ ‘The Girl In The Spider’s Web’ With New Cast Gets 2018 Release Date”. 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ ‘Girl With the Dragon Tattoo’ Sequel: ‘The Crown’s’ Claire Foy Frontrunner for Lisbeth Salander”. 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ ‘Crown’s’ Claire Foy to Officially Star in ‘Girl With the Dragon Tattoo’ Sequel”. 2018年2月25日閲覧。
  13. ^ ‘Blade Runner’ Breakout Sylvia Hoeks Joins ‘Girl With the Dragon Tattoo’ Sequel (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  14. ^ ‘Dragon Tattoo’ Sequel Taps ‘The Square’ Star Claes Bang as Villain (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  15. ^ ‘Mindhunter’s’ Cameron Britton Joins ‘Dragon Tattoo’ Sequel (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  16. ^ a b ‘Dragon Tattoo’ Sequel Casts ‘Borg/McEnroe’ Star in Daniel Craig’s Previous Role (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  17. ^ Claire Foy wins her second SAG Award for The Crown”. 2018年2月25日閲覧。
  18. ^ ‘The Girl In The Spider’s Web’ With New Cast Gets 2018 Release Date”. 2018年11月14日閲覧。
  19. ^ ‘Phantom Thread’ Star Vicky Krieps Joins ‘Dragon Tattoo’ Sequel (EXCLUSIVE)”. 2018年11月14日閲覧。
  20. ^ ‘The Girl In The Spider’s Web’ Trailer: First Look At Claire Foy’s Lisbeth Salander Of The Stieg Larsson Series”. 2018年11月14日閲覧。
  21. ^ Rome Film Festival: 'Girl in the Spider's Web' World Premiere Among Full Lineup Highlights”. 2018年11月14日閲覧。
  22. ^ Universal and Illumination's 'The Grinch' Set for $60+ Million Debut”. 2018年11月14日閲覧。
  23. ^ November 9-11, 2018”. 2018年11月14日閲覧。
  24. ^ December 23-25, 2011”. 2018年11月14日閲覧。
  25. ^ The Girl in the Spider's Web”. 2018年11月14日閲覧。
  26. ^ The Girl in the Spider's Web (2018)”. 2018年11月14日閲覧。
  27. ^ ‘The Grinch’ Who Stole Business: Dr. Seuss Pic Opening To $66M As ‘Overlord’ & ‘Spider’s Web’ Wither – Sunday Update”. 2018年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]