シルヴィア・フークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルヴィア・フークス
Sylvia Hoeks
Sylvia Hoeks
本名 Sylvia Gertrudis Martyna Hoeks
別名義 Sylvia Hoecks
Sylvia Hoek
生年月日 (1983-06-01) 1983年6月1日(34歳)
出生地 オランダの旗 オランダ 北ブラバント州マールヘーゼ英語版
職業 女優、モデル
活動期間 2005年 - 活動中

シルヴィア・フークスSylvia Hoeks, 1983年6月1日 - )は、オランダ女優である。

生い立ち[編集]

北ブラバント州マールヘーゼ英語版で生まれ育つ[1]。オランダ語、ドイツ語、フランス語、英語を話す[1][2]。高校卒業後はマーストリヒト・シアター・アカデミーに通う[3][4]

キャリア[編集]

14歳の時にエリート・モデル・マネジメントによりスカウトされる[3][5]。最初の仕事は『Elle Girl』のカバーであり[5]、その後数年間はヨーロッパでモデルとして活動する[2]

マーストリヒト・シアター・アカデミーを卒業した直後[2]ヨス・ステリング英語版の映画『Duska』(2007年)に出演する[3]。同作により彼女はオランダのアカデミー賞と言われるゴールデン・カルフ英語版の助演女優賞を受賞した[6][7]。その後彼女は『De Storm』(2009年)、『Tirza』(2010年)[2][7]、『De bende van Oss』(2011年)[8]、『Het meisje en de dood』(2012年)[7]、『鑑定士と顔のない依頼人』などに出演した[7][9]

2010年から2014年にはオランダのテレビシリーズ『Blood Relatives』、2011年から2015年には『Adultery』に出演した[7]

2017年にフークスはSF映画『ブレードランナー 2049』でレプリカントのラヴを演じた[10][11]。撮影にあたって彼女は一日6時間、週6日間のウエイトと格闘技のトレーニングを行った[4]。同年にはリュック・ベッソン製作のアクション映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』に出演した[12]

2017年10月、『ドラゴン・タトゥーの女』の続編となる『The Girl in the Spider's Web』にキャスティングされた[13]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

受賞[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Smith, Krista (2017年8月25日). “Sylvia Hoeks Is Ready for Her American Debut”. Vanity Fair. 2017年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Danielsen, Shane (2011年1月31日). “Berlinale: Shooting stars 2011”. Variety. 2017年10月11日閲覧。
  3. ^ a b c 10 Europeans to Watch in 2017”. Variety (2017年1月31日). 2017年10月11日閲覧。
  4. ^ a b Guccione, Bob, Jr.. “Actress Sylvia Hoeks on working with Harrison Ford, what she's most attracted to in a man, and training six hours a day for Blade Runner 2049”. Men's Fitness. 2017年10月11日閲覧。
  5. ^ a b Ivan-zadeh, Larushka (2017年10月4日). “Sylvia Hoeks: ' Blade Runner overwhelmed me, it was so high fashion'”. Metro.news. 2017年10月11日閲覧。
  6. ^ a b Golden Calf Winners 1981 to date”. Nederlands Film Festival. 2017年10月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Geier, Thom (2016年4月26日). “Blade Runner 2 Casts Dutch Actress Sylvia Hoeks”. TheWrap. 2017年10月11日閲覧。
  8. ^ van Hoeij, Boyd (2011年10月23日). “Review: The Gang of Oss”. Variety. 2017年10月11日閲覧。
  9. ^ Weissberg, Jay (24 January 2013). “Review: The Best Offer. Variety. http://variety.com/2013/film/reviews/the-best-offer-1117949089/ 2017年10月9日閲覧。. 
  10. ^ Galuppo, Mia (2016年4月26日). “Dutch Actress Sylvia Hoeks Joins Cast of Blade Runner”. The Hollywood Reporter. 2017年10月9日閲覧。
  11. ^ Alexander, Bryan (2017年10月6日). “Who is the killer replicant Luv? Meet Blade Runner 2049 breakout Sylvia Hoeks”. USA Today. 2017年10月11日閲覧。
  12. ^ A. Lincoln, Ross (2015年4月1日). “Matt Lanter Boards USS Indianapolis With Nicolas Cage; Two More Jump In The Lake. Deadline.com. http://deadline.com/2015/04/matt-lanter-uss-indianapolis-nicholas-cage-two-more-join-the-lake-1201402737/ 2017年10月9日閲覧。 
  13. ^ Kroll, Justin (2017年10月20日). “Blade Runner Breakout Sylvia Hoeks Joins Girl with the Dragon Tattoo Sequel”. Variety. 2017年10月21日閲覧。
  14. ^ Sylvia Hoeks wint eerste Sylvia Kristel Award” (Dutch). NU.nl (2014年9月5日). 2017年10月11日閲覧。
  15. ^ Film by the Sea: Awards” (Dutch). Film by the Sea. 2017年10月12日閲覧。
  16. ^ Fourth Sylvia Kristel Award goes to Romy Louise Lauwers”. Hoholok.com. 2017年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]