半保護されたページ

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション
The Boss Baby: Family Business
監督 トム・マクグラス
脚本 マイケル・マッカラーズ英語版
原作 マーラ・フレイジー英語版
『あかちゃん新社長がやってきた』
製作 ジェフ・ハーマン
出演者 アレック・ボールドウィン
ジェームズ・マースデン
エイミー・セダリス英語版
アリアナ・グリーンブラット
エヴァ・ロンゴリア
ジミー・キンメル
リサ・クドロー
ジェフ・ゴールドブラム
音楽 ハンス・ジマー
スティーブ・マッツァーロ
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和 / ギャガ(共同配給)
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年7月2日[1]
日本の旗 2021年冬
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ボス・ベイビーボス・ベイビーシリーズ
スピリット・アンテイムド(DWアニメシリーズ全般)
次作 ザ・バッド・ガイズ(DWアニメーションシリーズ全般)
テンプレートを表示

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』(The Boss Baby: Family Business)は、2021年に公開されたアメリカ合衆国3Dコンピュータアニメーションである[2]2017年に全米公開された『ボス・ベイビー』の続編にあたる。

あらすじ

大人になったティムは結婚し、2人の娘にも恵まれて専業主夫となった。一方、彼の弟でボス・ベイビーことテッドは投資会社のCEOになっていた。前作から時が経ち、疎遠になっていった2人は、先進的なアプローチとポジティブ思考を持つ「新たなボス・ベイビー」によって再び引き合わされ、世界を救うためのミッションが与えられる。

登場人物

ボス・ベイビー / テッド(Boss Baby / Ted)
声 - アレック・ボールドウィン(英)、ムロツヨシ[3](日)
フルネームはセオドア・リンジー・テンプルトン(Theodore Lindsey Templeton Jr.)。ベイビー株式会社の元幹部であり、ティムの弟。
ティム(Tim)
声 - ジェームズ・マースデン(英)
フルネームはティモシー・レズリー・テンプルトン(Timothy Leslie Templeton)。テッドの兄。
ティナ・テンプルトン / ニュー・ボス・ベイビー(Tina Templeton / New Boss Baby)
声 - エイミー・セダリス英語版(英)
ティムの末っ子の娘。テッドの姪で、ベイビー株式会社の重役。
タビサ・テンプルトン(Tabitha Templeton)
声 - アリアナ・グリーンブラット(英)
ティムの長女。テッドの姪。
キャロル・テンプルトン(Carol Templeton)
声 - エヴァ・ロンゴリア(英)
ティムの妻であり、ティナとタビサの母。
テッド・テンプルトン・シニア(Ted Templeton Sr.)
声 - ジミー・キンメル(英)
テッドとティムの父。
ジャニス・テンプルトン(Janice Templeton)
声 - リサ・クドロー(英)
テッドとティムの母、テッド・シニアの妻。
エルヴィン・アームストロング博士(Dr. Erwin Armstrong)
声 - ジェフ・ゴールドブラム(英)
もう一人のドリームワークス・ヴィランズ。ベイビー株式会社のライバル会社に所属する博士。

キャスト

キャラクター 原語版 日本語吹替版
ボス・ベイビー / テッド アレック・ボールドウィン ムロツヨシ[4]
ティム ジェームズ・マースデン
ティナ・テンプルトン エイミー・セダリス英語版
タビサ・テンプルトン アリアナ・グリーンブラット
キャロル・テンプルトン エヴァ・ロンゴリア
テッド・テンプルトン・シニア ジミー・キンメル
ジャニス・テンプルトン リサ・クドロー
エルヴィン・アームストロング博士 ジェフ・ゴールドブラム

スタッフ

製作

2017年5月25日ユニバーサル・ピクチャーズドリームワークス・アニメーションは、2017年に全米公開された『ボス・ベイビー』続編が2021年に公開されることを発表した[5][6][7]2019年5月17日、トム・マクグラスが監督に復帰し、ジェフ・ハーマンが前作のプロデューサーであるラムジー・アン・ナイトーに代わってプロデューサーに就任することが発表された[8]2020年9月17日、ジェフ・ゴールドブラム、アリアナ・グリーンブラット、エヴァ・ロンゴリア、ジェームズ・マースデン、エイミー・セダリスがキャストに加わり、ジミー・キンメル、リサ・クドローらが続投することが発表された[9]。製作の一部は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、遠隔で行われた[10]。前作で作曲したハンス・ジマーとスティーブ・マッツァーロが続投することになった[11]

アメリカでの公開日について、当初は2021年3月26日を予定していたが[6]、同年9月2日に一旦延期された後、同年7月2日に前倒しすると同時にNBCユニバーサル定額制動画配信サービスPeacock英語版」でも本作を配信公開することを明らかにした。通常、ユニバーサルはアメリカ劇場所有者協会などとの取り決めにより、インターネットサービスにおける新作映画の配信は劇場公開から17日後としているが、本作品についてはこの取り決めの対象外となった[1]。背景には系列テレビ局のNBCがアメリカ向け独占放映権を保有し、同年7月23日から日本で行われる予定の東京オリンピック開催前にPeacockの加入者数を増やし、Disney+HBO Maxなどといった、競合サービスに対抗したい思惑があるとされている[1][12]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「ボス・ベイビー」続編が全米劇場公開と同時に配信へ”. 映画.com (2021年6月1日). 2021年6月2日閲覧。
  2. ^ N'Duka, Amanda (2020年9月17日). “‘The Boss Baby: Family Business’: Jeff Goldblum, James Marsden, Eva Longoria, Ariana Greenblatt & Amy Sedaris Join Alec Baldwin In DreamWorks Animation Sequel” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  3. ^ 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』新たな“おっさん赤ちゃん”誕生?!” (日本語). www.fashion-press.net. 2020年12月8日閲覧。
  4. ^ 「ボス・ベイビー」続編公開&ムロツヨシが声優続投決定 「こんな時代に、ボス・ベイビーになって、わちゃわちゃしたい」” (日本語). アニメ!アニメ!. 2020年12月8日閲覧。
  5. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年5月25日). “Alec Baldwin Returns In ‘The Boss Baby 2’, Crawling To Theaters In 2021” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  6. ^ a b 'Boss Baby 2' With Alec Baldwin to Hit Theaters in Spring 2021 | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月8日閲覧。
  7. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年5月30日). “DreamWorks Animation Stakes Release Dates For 2021 & Beyond” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  8. ^ 'Boss Baby 2' Will Be Tom McGrath's Sixth Feature Film At Dreamworks” (英語). Cartoon Brew (2019年5月18日). 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ Jeff Goldblum, Ariana Greenblatt, Eva Longoria Join 'The Boss Baby: Family Business' | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月8日閲覧。
  10. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年5月8日). “How Animated Pics Like ‘Tom & Jerry’, ‘SpongeBob Movie’, ‘Sing 2’, Skydance’s ‘Luck’ & More Are Working Through The COVID-19 Crisis” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  11. ^ Hans Zimmer & Steve Mazzaro Return to Score The Boss Baby 2” (英語). ComingSoon.net (2020年8月19日). 2020年12月8日閲覧。
  12. ^ 米NBCが開会式生中継へ 東京五輪、午前は初とAP”. 共同通信 (2021年2月10日). 2021年6月2日閲覧。

外部リンク