ウルフウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルフウォーカー
Wolfwalkers
監督
  • トム・ムーア
  • ロス・スチュアート[1]
脚本
  • ウィル・コリンズ
原案
  • トム・ムーア
  • ロス・スチュアート
製作
出演者
  • オナー・ニーフシー
  • エヴァ・ウィッテカー
  • ショーン・ビーン
  • マリア・ドイル・ケネディ
  • サイモン・マクバーニー
  • トミー・ティアマン
  • ジョン・ケニー
  • ジョン・モートン[1][2]
音楽
  • ブリュノ・クレ
  • キーラ[1][2]
編集
製作会社
配給
公開
上映時間 103分[7][2][6]
製作国
言語 英語[2]
興行収入 $229,041[9]
テンプレートを表示


ウルフウォーカー』(Wolfwalkers)は、トム・ムーアロス・スチュワートが監督した2020年のアニメーションファンタジーアドベンチャー映画[1] [10] [3]カートゥーン・サルーンとメルシーヌプロダクションが率いる国際共同制作。[7] [2] [8]

ブレンダンとケルズの秘密』(2009年)と『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』(2014年)に続くムーアの「ケルト三部作」の3番目で最後の作品。[11]

登場人物と声優[編集]

ロビン(Robyn Goodfellowe)
声 - オナー・ニーフシー(Honor Kneafsey) / 新津ちせ
ハンターの見習い少女。ロビンは非常に有能で責任感があり、自分自身を証明したいと思っている。
はじめの設定は男の子だったが、社会の常識に異を唱えることやハンターになるという夢は男の子よりも女の子の方が難しいこと、また前の2作品の主人公が男の子なので女の子になった。名前はイギリスの妖精に由来する。シェイクスピアの『真夏の夜の夢』の妖精パックも、ロビン・グッドフェロー。
メーヴ(Mebh)
声 - エヴァ・ウィッテカー(Eva Whitaker) / 池下リリコ
ウルフウォーカー。純粋で野性的な性格。自信に満ちた行動をしているように見えるが、母の帰りを待ち寂しい思いをしていた。髪に飾られるオレンジ色の花はキンセンカ(カレンデュラ)。薬草にもなる。
メーヴとは北アイルランドアルスター神話に登場する女王の名。とても古い名前で、アイルランドを二分する戦いを引き起こし、英雄的な人物として知られている。「ロビン=イングランド/人間界」とすると「メーヴ=アイルランド/自然界」の象徴。
マーリン(Merlyn)
ロビンの相棒。コチョウゲンボウというハヤブサの仲間。
アーサー王物語に登場する魔法使いの名でもある。イギリスの民話に紐づく。
ビル(Bill Goodfellowe)
声 - ショーン・ビーン(Sean Bean) / 井浦新
ロビンの父。ウルフハンター。彼は亡くなった妻と交わした娘を守るという約束を完遂するため、権力からの命令に従う。
モル(Moll)
声 - マリア・ドイル・ケネディ(Maria Doyle Kennedy) / 櫻井智
メーヴの母。ウルフウォーカー。
護国卿が家父長制の人物である場合、モールは古代の強力な母性精神を表している。
護国卿
声 - サイモン・マクバーニー(Simon McBurney) / 西垣俊作
敬虔なキリスト教徒(ピューリタン)、自分の使命は絶対と信じている。
モデルはオリバー・クロムウェル護国卿とは王に代わって執政を行う役職。

スタッフ[編集]

監督
トム・ムーア(Tomm Moore)
ロス・ステュアート(Ross Stewart)
脚本
ウィル・コリンズ(Will Collins)
製作
ポール・ヤング(Paul Young)
ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
トム・ムーア(Tomm Moore)
ステファン・ローランツ(Stephan Roelants)

音楽[編集]

音楽
ブリュノ・クレ(Bruno Coulais)
キーラ(KiLa)
楽曲
オーロラ
マリア・ドイル・ケネディ(Maria Doyle Kennedy)
ソフィア・クレ(Sofia Coulais) [12] [13]
字幕翻訳
稲田嵯裕里
吹替翻訳
新田千枝子 [14] [15]
後援
駐日アイルランド大使館

リリース[編集]

この映画は、2020年9月12日に開催された第45回トロント国際映画祭で世界初公開された [16] [17][18]

劇場では10月26日にイギリスで[19]、11月13日にアメリカとカナダで[20]公開。アイルランドでの劇場公開は英国と同じ日に計画されていたが、COVID-19のパンデミックのために全国の映画館が強制的に閉鎖され延期、12月2日にリリースされた。[4]日本では2020年10月30日(金)株式会社チャイルド・フィルム配給のもと、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国に順次ロードショー展開されている。(2021.2.22現在)。

12月11日にApple TV+でデジタルリリース。[6] [14] [15]

評価[編集]

Box office[編集]

批判的反応[編集]

称賛[編集]

Metacriticは、さまざまな批評家の年末のトップリストを要約し、『ウルフウォーカー』を全体で26位にランク [21] IndieWireの231人の批評家の世論調査では、2020年のベストムービーに『ウルフウォーカー』が含まれ、32位にランクイン [22]

受賞[編集]

日付 部門 受賞者 結果 出展
AFIフェスティバル 2020年10月23日 ナラティブ
  • トム・ムーア
  • ロス・スチュアート
優勝 [23]
女性映画ジャーナリスト同盟 2021年1月4日 最優秀長編アニメーション映画賞 ウルフウォーカー ノミネート [24]
最優秀アニメーション女性 エヴァ・ウィッテカー ノミネート
オナー・ニーフシー ノミネート
ボストン映画批評家協会 2020年12月13日 最優秀アニメーション映画賞 ウルフウォーカー 準優勝 [25]
シカゴ映画批評家協会 2020年12月21日 最優秀アニメーション映画賞 ウルフウォーカー 受賞 [26]
批評家チョイススーパーアワード 2021年1月10日 最優秀アニメーション映画賞 ウルフウォーカー ノミネート [27]
最優秀声優賞 オナー・ニーフシー ノミネート
最優秀声優賞 エヴァ・ウィッタカー ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会 2021年2月10日 最優秀アニメーション映画賞 ウルフウォーカー 準優秀 [28]
ダブリン映画批評家サークル賞 2020年12月18日 最優秀アイルランド映画賞 ウルフウォーカー 受賞 [29]
フロリダ映画批評家サークル賞 2020年12月21日 最優秀

アニメーション映画賞

ウルフウォーカー 準優勝 [30]
ゴールデングローブ賞 2021年2月28日 最優秀アニメーション映画賞 ウルフウォーカー ノミネート [31]
ゴッサム・インディペンデント映画賞 2021年1月11日 最優秀国際長編映画賞
  • トム・ムーア
  • ロス・スチュアート
  • ポール・ヤング
  • ノラ・トゥーミー
  • ステファン・ローラン
ノミネート [32]
ハリウッドメディア音楽賞 2021年1月27日 オリジナルスコアアニメーション映画 ブリュノ・クレ ノミネート [33]
ヒューストン映画批評家協会 2021年1月18日 最優秀アニメーション映画賞 ウルフウォーカー ノミネート [34]
国際映画音楽批評家協会 2021年2月18日 アニメーション映画最優秀オリジナルスコア ブリュノ・クレ 受賞 [35]
インディワイア批評家 2020年12月14日 最優秀国際長編 ウルフウォーカー 7位 [36]
ロンドン批評家協会映画賞 2021年2月7日 技術功労賞
  • トム・ムーア
  • ロス・スチュアート
ノミネート [37]
ロサンゼルス映画批評家協会 2020年12月20日 最優秀アニメーション賞 ウルフウォーカー 受賞 [38]
ナショナルボードオブレビュー 2021年1月26日 トップ10 ウルフウォーカー 受賞 [39]
ニューヨーク映画批評家協会賞 2020年12月18日 最優秀アニメーション賞 ウルフウォーカー 受賞 [40]
オンライン映画批評家協会 2021年1月25日 最優秀長編アニメーション賞 ウルフウォーカー ノミネート [41]
サンディエゴ映画批評家協会 2021年1月11日 最優秀アニメーション賞 ウルフウォーカー 受賞 [42]
サテライト賞 2021年2月15日 最優秀アニメーション混合メディア映画賞 ウルフウォーカー 受賞 [43]
サンフランシスコベイエリア 2021年1月18日 最優秀アニメーション賞 ウルフウォーカー ノミネート [44]
シアトル映画批評家協会 2021年2月15日 最優秀長編アニメー映画賞 ウルフウォーカー 受賞 [45]
セントルイス映画批評協会 2021年1月17日 最優秀アニメーション賞 ウルフウォーカー ノミネート [46]
トロント映画批評家協会 2021年2月7日 最優秀アニメーション ウルフウォーカー 受賞 [47]
ワシントンD.C.エリア映画批評家協会 2021年2月8日 最優秀アニメーション賞 ウルフウォーカー ノミネート [48]
声優パフォーマンス賞 オナー・ニーフシー ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Wolfwalkers”. Apple TV+ Press. 2020年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Wolfwalkers”. Toronto International Film Festival. 2020年11月2日閲覧。 “Ireland, Luxembourg, France, 2020”
  3. ^ a b c Debruge (2020年9月13日). “'Wolfwalkers' Review: What Big Eyes You'll Have Watching Tomm Moore's Environmental Fairy Tale”. Variety (magazine). 2021年3月13日閲覧。 “(Animation – Ireland-Luxembourg-France) A Gkids, Apple release of a Cartoon Saloon, Mélusine Prods. production, […]”
  4. ^ a b c Wolfwalkers to open in Irish Cinemas from Friday 4th December with previews from Wednesday 2nd December”. Wildcard Distribution (2020年11月25日). 2020年12月8日閲覧。
  5. ^ Wolfwalkers - GKIDS Films”. gkids.com. 2021年2月2日閲覧。
  6. ^ a b c d Le Peuple loup” (フランス語). Haut et Court. 2020年11月2日閲覧。 “16 décembre 2020”
  7. ^ a b c Wolfwalkers de Tomm Moore, Ross Stewart (2020)”. UniFrance. 2020年11月2日閲覧。 “Nationality : Minority French (Ireland, Luxembourg, France)”
  8. ^ a b Full programme announced for 64th BFI London Film Festival”. British Film Institute (2020年9月8日). 2020年11月3日閲覧。 “Ireland-Luxembourg-France”
  9. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「mojo」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  10. ^ Duralde (2020年9月12日). “Wolfwalkers Film Review: Old-School Animation Invigorates Irish Eco-Fable”. TheWrap. 2020年11月3日閲覧。
  11. ^ Wolfwalkers”. tiff.net. Toronto International Film Festival. 2020年12月28日閲覧。
  12. ^ Solomon, Charles (2020). “VIII. Music”. The Art of WolfWalkers. ISBN 9781647000011. https://books.google.com/books?id=iIrQDwAAQBAJ&pg=PA215 2021年2月20日閲覧。 
  13. ^ Running with the Wolves (WolfWalkers Version) - AURORA - Topic on YouTube
  14. ^ a b Milligan, Mercedes (2019年5月30日). “Cartoon Saloon Launches Rights Division, Teams with Dentsu USA on Wolfwalkers. Animation Magazine. https://www.animationmagazine.net/top-stories/cartoon-saloon-launches-rights-division-teams-with-dentsu-usa-on-wolfwalkers/ 2020年4月18日閲覧。 
  15. ^ a b Dudok de Wit, Alex (2019年10月17日). “17 Major Animated Movies Releasing In 2020”. Cartoon Brew. https://www.cartoonbrew.com/feature-film/17-major-animated-movies-releasing-in-2020-181045.html 2020年4月18日閲覧。 
  16. ^ Milligan, Mercedes (2020年8月25日). “Apple Original Wolfwalkers to Premiere at TIFF Next Month”. Animation Magazine. https://www.animationmagazine.net/events/apple-original-wolfwalkers-to-premiere-at-tiff-next-month/ 2020年8月30日閲覧。 
  17. ^ Amidi, Amid (2020年8月25日). Wolfwalkers, First Apple Animated Feature, To Premiere At TIFF”. Cartoon Brew. https://www.cartoonbrew.com/feature-film/wolfwalkers-first-apple-animated-feature-to-premiere-at-tiff-195810.html 2020年8月30日閲覧。 
  18. ^ Wolfwalkers”. Toronto International Film Festival. 2020年8月31日閲覧。
  19. ^ Wildcard Distribution”. Facebook. 2020年11月2日閲覧。
  20. ^ Wolfwalkers”. GKIDS. 2020年11月2日閲覧。 “In Theaters November 13”
  21. ^ Best of 2020: Film Critic Top Ten Lists”. Metacritic. 2020年12月26日閲覧。
  22. ^ 2020 Critics Poll: The Best Films and Performances According to Over 200 Critics From Around the World”. IndieWire (2021年1月5日). 2021年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月10日閲覧。
  23. ^ 'Wolfwalkers,' 'Pillars,' '76 Days' Win AFI Fest Prizes”. Variety.. 2021年3月5日閲覧。
  24. ^ ‘Nomadland’ Triumphs at Alliance of Women Film Journalists Awards (EXCLUSIVE)”. VARIETY. 2021年3月6日閲覧。
  25. ^ ‘Nomadland’ Named Best Picture at Boston Society of Film Critics Awards, Paul Raci and Yuh-jung Youn Among Winners”. VARIETY. 2021年3月6日閲覧。
  26. ^ DFW FILM CRITICS NAME “NOMADLAND” BEST PICTURE OF 2020”. DFWFCA. 2021年3月6日閲覧。
  27. ^ Critics Choice Super Awards”. CRITICS CHOICE. 2021年3月6日閲覧。
  28. ^ DFW FILM CRITICS NAME “NOMALAND” BEST PICTURE OF 2020”. DFWFCA. 2021年3月6日閲覧。
  29. ^ Wolfwalkers wins Best Irish Film at Dublin Film Critics Circle 2020 awards”. IFTN. 2021年3月6日閲覧。
  30. ^ The 2020 Florida Film Critics Circle (FFCC) Winners”. LATEST FROM NBP. 2021年3月6日閲覧。
  31. ^ Golden Globes 2021:The Complete Nominations List”. VARIETY. 2021年3月6日閲覧。
  32. ^ The gotham AWARDS”. PRESS RELEASES. 2021年3月6日閲覧。
  33. ^ 2020 MUSIC IN VISUAL MEDIA NOMINATIONS”. HOLLYWOOD MUSIC IN MEDIA AWARDS. 2021年3月6日閲覧。
  34. ^ AWARDS FOCUS FEATURES 2020”. AWARDSWATCH. 2020年3月6日閲覧。
  35. ^ IFMCA Award Winners 2020”. IFMCA. 2021年3月6日閲覧。
  36. ^ 2020 Critics Poll: The Best Films and Performances According to Over 200 Critics from Around the World”. IndieWire. 2021年3月6日閲覧。
  37. ^ Female Filmmakers Lead Nominees For London Critics’ Circle Film Awards”. DEADLINE. 2021年3月6日閲覧。
  38. ^ Los Angeles Film Critics Winners Full List: Entire ‘Small Axe’ Series Tops Despite Not Being Submitted for Oscars”. VARIETY. 2021年3月6日閲覧。
  39. ^ National Board of Review Names ‘Da 5 Bloods’ Best Picture, Spike Lee Becomes Second Black Director Winner”. VARIETY. 2021年3月6日閲覧。
  40. ^ Circle 2020 Winners”. IndieWire. 2021年3月6日閲覧。
  41. ^ The 2020 Online Film Critics Society (OFCS) Nominations”. NEXT BEST PICTURE.com. 2021年3月6日閲覧。
  42. ^ 2020 SAN DIEGO FILM CRITICS AWARD WINNERS”. Cinema Stance. 2021年3月6日閲覧。
  43. ^ 2020 WINNERS”. INTERNATIONAL PRESS ACADEMY. 2021年3月6日閲覧。
  44. ^ SFBAFCC 2020 AWARDS”. THE SAN FRANCISCO BAY AREA FILM CRITICS CIRCLE. 2021年3月6日閲覧。
  45. ^ “Nomadland” Named Best Picture of 2020 by Seattle Film Critics Society”. SFCS. 2021年3月6日閲覧。
  46. ^ Annual StLFCA Awards”. ST.LOUIS FILM CRITICS. 2021年3月6日閲覧。
  47. ^ The 2020 Toronto Film Critics Association (TFCA)Winners”. NEXT BEST PICTURE.com. 2021年3月6日閲覧。
  48. ^ 'Nomadland' Finds a Home with WAFCA Critics”. The Washington DC Area Film Critics Association. 2021年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]