ブレンダンとケルズの秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブレンダンとケルズの秘密
The Secret of Kells
監督 トム・ムーア
ノラ・トゥーミー
製作会社 カートゥーン・サルーン
上映時間 75分
製作国 フランスの旗 フランス
 ベルギー
アイルランドの旗 アイルランド
言語 英語
テンプレートを表示

ブレンダンとケルズの秘密』(ブレンダンとケルズのひみつ、原題:The Secret of Kells)は、2009年の、フランスベルギーアイルランド合作の長編アニメーション映画である。アヌシー国際アニメーション映画祭で観客賞、ソウル国際マンガ・アニメーション映画祭でグランプリを受賞した。第82回アカデミー長編アニメ映画賞ノミネート[1]

あらすじ[編集]

8世紀のアイルランド。砦にもなっている僧院で暮らす少年ブレンダンのもとに、遠くの島から美しい書物を携えた老人が訪れる。 名高い写本家である老人は、ブレンダンにインクの原料であるある植物の実の採取を依頼する。 僧院長である伯父から僧院の外の森に行くことを禁じられているが、実はその森に生えているため、ブレンダンは森へ行った。

ブレンダンは狼の化身である少女アイスリングと出会い、彼女の手助けもあって実を持ち帰ることができた。 実を受け取った老人は、ブレンダンに本の続きを書いてほしいと頼んだ。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部絵リンク[編集]