ブレンダンとケルズの秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレンダンとケルズの秘密
The Secret of Kells
監督 トム・ムーア
ノラ・トゥーミー
製作会社 レ・ザルマトゥール
Vivi Film
カートゥーン・サルーン
上映時間 75分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
アイルランドの旗 アイルランド
言語 英語
テンプレートを表示

ブレンダンとケルズの秘密』(ブレンダンとケルズのひみつ、原題:The Secret of Kells)は、2009年の、フランスベルギーアイルランド合作の長編アニメーション映画である。アヌシー国際アニメーション映画祭で観客賞、ソウル国際マンガ・アニメーション映画祭でグランプリを受賞した。第82回アカデミー長編アニメ映画賞ノミネート[1]

あらすじ[編集]

9世紀のアイルランド。バイキングの襲来にそなえ、ケルズ修道院を囲む塀を作る大規模な工事が続く中、バイキングに襲われたスコットランドのアイオナ島から、高名な修道士エイダンが、一冊の「聖なる書」を携え逃れて来る。その本には隠された知恵と力が秘められていた。本を完成させるためブレンダンは、インクの原料である、ある植物の実を探しに、危険を冒して、不思議な生き物が隠れ住む魔法の森へ出かける。森でオオカミの妖精アシュリンの助けを得てブレンダンは、無事に実を持ち帰るが、バイキングの襲来がケルズにも迫っていた。ブレンダンは本の力によって、迫りくる闇を打ち砕き、世界に光を取り戻すことができるのか?[2]

キャスト[編集]

役名 原語版声優[3] 日本語吹替[3]
ブレンダン エヴァン・マクガイア英語版 斎藤楓子[4]
ケルアッハ院長 ブレンダン・グリーソン 市橋尚史[5][6]
アシュリン クリステン・ムーニー 丸塚香奈[4][7]
エイダン ミック・ラリー英語版 菊池康弘[8][6]
タン リアム・ヒューリカン英語版 遠藤広之[9][4]
島人
アシュア ポール・ティラック英語版 山下大毅[10]
スクエア ポール・ヤング 岩瀬遼平[11]
村人女① 中村菜穂[4]
少女②
村人女② 泉水みちる[4]
少年③
少女① 大川里菜[4]
少年① 藤井詩絵里[4]
子供
少年② 葛西ことえ[4]
母親
羊飼い 栗山拓也[4]
ブラザー
修道院 山田祐也[4]
聖コルンバ

着想元[編集]

オリジナルのケルズの書。一葉32vのキリストの即位。

この映画は、アイルランドのダブリンにある新約聖書4 つの福音書を含む、ラテン語装飾写本である「ケルズの書」の起源の物語に基づいている。また、ケルト神話の要素も織り交ぜられている[12]。例えば、キリスト教以前のアイルランドの神であるクロム・クルアハが登場することや[13]、ブレンダンが遭遇した森の精霊アシュリンによる、預言者の夢やビジョンのようなの表現が含まれる。ブレンダンとクロム・クルアハの形而上学的な戦いや、『ベーオウルフ』におけるグレンデルの母親英語版との水中での遭遇との類似点など、より広い神話上の類似点についてもコメントされている[14]

この映画は、監督のトム・ムーアと何人かの友人が、リチャード・ウィリアムズ(アニメーター)英語版の『泥棒と靴屋英語版』、ディズニーの『ムーラン』、グスタフ・クリムトの絵画、ジョン・バウアーのイラスト、そして宮崎駿の作品に触発され、1999年に制作を開始した。それらの映画で用いられるような、文化の伝統芸術に基づくビジュアルの表現を採用している。彼らはスタジオジブリの映画に寄せながら、アイルランドの芸術を用いた作品を作ろうと決めた[15]。トム・ムーアは、視覚的なスタイルはケルトと中世の芸術に触発されたものであり、「フラットで、統一されていない遠近法とたくさんの色」を用いたと説明した。クリーンアップの段階でも、「より太い輪郭線でステンドグラスの効果を出す」ことが計画された[16]

[編集]

受賞
ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ “アカデミー長編アニメ賞候補の「ソング・オブ・ザ・シー」来夏日本公開決定”. 映画.com. (2015年12月17日). https://eiga.com/news/20151217/3/ 2016年10月1日閲覧。 
  2. ^ 映画『ブレンダンとケルズの秘密』トム・ムーア監督|7月29日(土) YEBISU GARDEN CINEMA ほかロードショー” (日本語). 映画『ブレンダンとケルズの秘密』トム・ムーア監督|7月29日(土) YEBISU GARDEN CINEMA ほかロードショー. 2022年3月31日閲覧。
  3. ^ a b ブレンダンとケルズの秘密 | MIDSHIP Inc.”. mid-ship.co.jp. 2018年7月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j アニメ(吹き替え映画)「ブレンダンとケルズの秘密」に斎藤楓子、丸塚香奈、遠藤広之、他出演! | JTBエンタテインメント - ウェイバックマシン(2018年7月23日アーカイブ分)
  5. ^ 市橋尚史-RME株式会社-”. www.rme.jp. 2018年7月23日閲覧。
  6. ^ a b RME株式会社 on Twitter」『Twitter』。2018年7月23日閲覧。
  7. ^ 丸塚香奈 on Twitter」『Twitter』。2018年7月23日閲覧。
  8. ^ 菊池康弘@特殊建機第2小隊長(本人) on Twitter」『Twitter』。2018年7月23日閲覧。
  9. ^ 遠藤 広之 on Twitter」『Twitter』。2018年7月23日閲覧。
  10. ^ 山下大毅 on Twitter」『Twitter』。2018年7月24日閲覧。
  11. ^ 岩瀬遼平 on Twitter」『Twitter』。2018年7月23日閲覧。
  12. ^ Hartl, John (2010年5月13日). “'The Secret of Kells': An enchanting tale of a boy in barbarian times”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/movies//2011858495_mr14secret.html?mbaseid=2011858495 
  13. ^ O'Hehir (2010年3月4日). “"The Secret of Kells": Oscar's dazzling Irish surprise”. Salon.com. 2022年8月6日閲覧。
  14. ^ The Secret of Kells: the circle and the serpent”. Basement Garden (2010年6月1日). 2011年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月6日閲覧。
  15. ^ Cohen (2010年3月16日). “The Secret of Kells – What is this Remarkable Animated Feature?”. Animation World Network. 2012年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月10日閲覧。
  16. ^ Bendazzi, Giannalberto (2015). Animation: A World History. Boca Racton, FL: CRC Press. p. 93 
  17. ^ The Secret of Kells wins Grand Prize Archived 4 March 2016 at the Wayback Machine. at SICAF official site
  18. ^ A 9.
  19. ^ IFTA Winners 2010”. ifta.ie (2010年2月23日). 2010年2月23日閲覧。
  20. ^ Aardman sweeps board at British Animation Awards. bbc.co.uk. (2010年4月8日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8609918.stm 2010年4月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]