ウォルト・ディズニーの約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォルト・ディズニーの約束
Saving Mr. Banks
Saving Mr. Banks Logo.svg
監督 ジョン・リー・ハンコック
脚本 ケリー・マーセル英語版
スー・スミス
製作 アリソン・オーウェン英語版
イアン・コリー
フィリップ・ステュアー
製作総指揮 クリスティーン・ランガン
トロイ・ラム
アンドリュー・メイソン
ポール・トライビッツ
出演者 エマ・トンプソン
トム・ハンクス
ポール・ジアマッティ
ジェイソン・シュワルツマン
ブラッドリー・ウィットフォード
コリン・ファレル
音楽 トーマス・ニューマン[1]
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 マーク・リヴォルシー
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
BBCフィルムズ
エッセンシャル・メディア英語版
Ruby Films
Hopscotch Features
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 2013年10月20日LFF
アメリカ合衆国の旗 2013年11月7日AFI映画祭
アメリカ合衆国の旗 2013年12月13日
日本の旗 2014年3月21日
上映時間 125分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $35,000,000[3]
興行収入 $112,544,580[4]
3億6000万円[5] 日本の旗
テンプレートを表示

ウォルト・ディズニーの約束』(ウォルトディズニーのやくそく、原題: Saving Mr. Banks[6]は、ジョン・リー・ハンコック監督による2013年アメリカ合衆国イギリスオーストラリア伝記ドラマ映画英語版である。1964年のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描いており、エマ・トンプソントム・ハンクスポール・ジアマッティジェイソン・シュワルツマンブラッドリー・ウィットフォードコリン・ファレルが出演した。

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズアリソン・オーウェン英語版がプロデューサーを務め、他にBBCフィルムズエッセンシャル・メディア英語版も参加した[7]

物語[編集]

「メアリーポピンズ」シリーズの作者、パメラ・トラヴァース[8]を中心とした物語であり、1907年に彼女がオーストラリアのクイーンズランド州で過ごした幼少時代と、1961年にウォルト・ディズニーと『メリー・ポピンズ』の映画化の交渉をする過程が描かれる[9][10]

1961年ロンドン。トラヴァースは、『グルジエフの教え』を前に考え事をしている。スランプに陥いり、新作が書けなくなったことで、金銭的に窮乏した彼女は、エージェントの強い勧めもあり、ウォルト・ディズニーからの「メアリー・ポピンズ」第1作の映画化についての、20年来の申出を受けることを「検討」することにしたのだった。

「アニメはご法度。ミュージカルもダメ。脚本は原作者の承認を得ること」。ディズニーにとっても異例の条件ではあったが、「必ず『メアリーポピンズ』を映画化する」という娘との約束を果たしたいディズニーは承諾する。

ロサンゼルスの空港には運転手のラルフが迎えに来る。「晴れてよかった」という彼に、トラヴァースは「私が天気にしたわけじゃないし、雨は生き物を育てるのよ」と返す。ラルフは苦笑いするばかりであった。ディズニーの用意したホテルに案内された夫人は、部屋一杯のディズニーキャラクターのぬいぐるみに腹を立て、クローゼットに押し込める。テレビには「名犬ラッシー」が流れ、チャンネルを変えるとウォルトがテレビの「ディズニーランド」で案内している。ベッドに鎮座する大きなミッキーマウスの人形は、窓際に追いやり「反省」を促すのだった。フルーツバスケットに盛られたセイヨウナシを見たトラヴァースは顔色を変え、眼下のプールに投げ捨てる。それは彼女に父にまつわる悲しい思い出を思い出させるのだった。

『メリー・ポピンズ』の子供達の父親・バンクス氏のモデルとなったパメラ・トラヴァースの父親は、銀行の支店長であった。アイルランド人の彼は、自分達にはケルト人の魂があると言い、幼いパメラを「ギンティ」と呼び、詩作と空想の世界に遊ぶ楽しさ、大切さを教えたパメラにとって大事な人物だった[11]。父親の転勤に伴い、一家はオーストラリアの野原の一軒家に引越す。銀行の経営と家族との生活の重責に苦しむ父親は、次第に酒におぼれるようになる。銀行主催のフェスティバルでプレゼンテーターを任された彼は、景気づけに酒を飲み泥酔して舞台に登場、ろれつの回らないスピーチをした挙句、舞台から転落して寝たきりになる。彼の体は既にボロボロであり、セキに血が混じるまでになっていた。パメラは父親を元気付けようと、学校で表彰された詩を見せるが、彼は「イェイツには及ばない」と拒絶する。隠した酒をパメラが父親に渡したことがきっかけで絶望した母親は入水自殺を計るが[12]、追いかけてきたパメラの呼びかけに我に返る。メリー・ポピンズよろしくやってきたきびきびとしたエリー叔母さんが、新しい薬を一杯持ってやって来、一家総出で家の掃除を始めたことで、一家に少し明るい光が見えてきた矢先、パメラが父親のためにセイヨウナシを買いに出ていた間に父親は亡くなってしまう。

翌日、ラルフの車で製作会社に赴いたトラヴァースは、脚本家のドン・ダグラディと作曲家のシャーマン兄弟の出迎えを受ける。ミュージカルは許可しない条件を反故にされたとトラヴァースは怒るが、ディズニーは原作を汚さないことを約束する。自分の指示を確かなものにするため、打ち合わせ内容はすべて録音することを要求するトラヴァース。ディック・ヴァン・ダイクの出演は駄目、作曲した「チム・チム・チェリー」を聞かせても駄目、細かいことを「重要な問題ですか」と云うと外に追い出される。「画面に赤色は使うな」とごね、原稿まで捨ててしまう。映像化されないト書きの表現にまで口を出すトラヴァースを、ディズニー側ももてあまし始める。しかし、トラヴァースの厳しい注文に対応する中で、新しいアイデアが生まれ、映画「メアリー・ポピンズ」は形になり始める。

ディズニーランドへ案内するとの申出を一旦は断ったトラヴァースであったが、ラルフの車はディズニーランドへ向かい、出迎えたウォルト本人にメリーゴーラウンドに乗せられる。ラルフからは、体の不自由な娘がいること、晴れた日には外に出してやれるので晴れることがうれしいこと、娘が「メアリー・ポピンズ」の大ファンであると聞き、親近感を抱いた夫人の態度は、少し軟化したように思われた。

気難し屋の父親で銀行家のバンクス氏のが、子供のために凧を修理するエピソードを気に入り、作曲家たちと劇中歌を歌う夫人だが、ダンスするペンギンの映像をどうするか、という話からアニメが挟まれると知り、激怒して帰国する。物思いにふけるトラヴァースの自宅をディズニーが訪問する。トラヴァースが、本名「ヘレン・ゴフ」を名乗らず、父の名前「トラヴァース」を名乗っていることを知り、次の便で追い掛けてきたのだった。ディズニーは同じアイルランド系移民で厳しかった父親との確執と、貧しく辛かった少年時代の話をする。現実では救えなかった何十人もの「バンクス氏」のために、映画ではバンクス氏を「救おう」、そうすることで皆励まされるだろうと語りかけるディズニーに、ついにトラヴァースも折れる。

何かが吹っ切れたのか、ポピンズものの新作、「メアリーポピンズのお料理教室」の執筆を始めた夫人。映画は完成したが、どうせ来ないだろうとハリウッドの試写会には呼ばれず、それならばと行く予定もなかった彼女だが、エージェントからポピンズだったらどうするかと問われ、チャイニーズ・シアターでの試写会に押しかける決意をする。

ディックが出演し、ペンギンのダンスはアニメーションであったが、それでもトラヴァースは笑い、泣き、映画の出来ばえに満足するのだった。

エンドロール。テープレコーダーが映り、ディズニースタッフとトラヴァースの実際の交渉の肉声が流れる。

配役[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2002年、オーストラリア人プロデューサーのイアン・コリーはP.L.トラヴァースのドキュメンタリー映画『The Shadow of “Mary Poppins”』を製作した。製作段階でコリーは「明らかな伝記映画」の要素があることに気づき、オーストラリアのプロダクションであるエッセンシャル・メディア英語版にスー・スミスの脚本で長編映画化すべきであると持ちかける[21]。この企画はBBCフィルムズおよびRuby Filmsのアリソン・オーウェンの興味を引くこととなる。BBCフィルムズは企画への融資を決め、オーウェンは脚本の共著者としてケリー・マーセル英語版を起用する[22]

マーセルの草稿ではトラバースと彼女の息子(養子)に関わるサブプロットが削除され、また物語をトラバースとディズニーによる製作争いとトラバースが抱える子供時代の問題との取り組みの二筋に分けられていた。しかし、このマーセル版は明らかにウォルト・ディズニー・カンパニーの許諾なくしては使用不可能である音楽および映像の知的財産権にあたる部分を大きく取り上げていた。「ディズニーという大きな壁を見て見ぬふりしていたよ。」コリーはそう回想している。「ウォルト・ディズニーは映画のキーとなるキャラクターだったし、メリー・ポピンズからいくつか音楽も使用したかった。いずれはディズニーに伺いを立てなければならないのは皆わかっていたよ。」

2011年7月、イタリアのイスキア映画祭にてオーウェンはジャズミュージシャンのコーキー・ヘイル英語版と会う。『メリー・ポピンズ』の作曲を務めたシャーマン兄弟リチャード・シャーマン英語版とは近所づきあいがあるというヘイルがシャーマンに脚本を渡すことを提案。ヘイルに渡された脚本を読んだシャーマンは企画を支持する[23]

その後マーセルの脚本は出来が良いにもかかわらず製作には至っていないために、プロデューサーたちからランクリン・レオナルド英語版の「ブラック・リスト英語版」に投票された[24]

2011年11月、ウォルト・ディズニー・スタジオの製作社長であるショーン・ベイリーはマーセルの脚本の存在を知らされる[3]。ベイリーはディズニーCEOのボブ・アイガーを含むスタジオ重役たちと共に製作の可能性について議論した[25]。スタジオ会長のアラン・F・ホルンスティーブ・ジョブズからの言葉を借りて映画を「brand deposit」と称した[26][27]。アイガーは映画化を許可し、ウォルト・ディズニー役としてトム・ハンクスと連絡を取った。ウォルト・ディズニーがメジャー映画で描かれるのは初めてのことである[3]。役を引き受けたハンクスは、「ピカソチャップリンと同じく世界に影響を与えてきた人物を演じる機会」だと考えたという[28]。ハンクスはウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム英語版を何度か訪れ、ディズニーの元従業員や、また娘のダイアン・ディズニー・ミラーを含む親族たちにインタビューを行っている[29]メリル・ストリープとの交渉に失敗した後の2012年4月、エマ・トンプソンP・L・トラバース役の最終交渉に入った[30]。トンプソンは自身が演じた中で最も難しい役柄の1つであり、「彼女はとてつもない複雑さと矛盾を抱えた女性だった」と述べている[31]。また「悲しみについて、彼女は非常に優れたエッセイを書いている。彼女は実際、非常に悲しい女性だった。つらい幼少期を過ごした人よ。父親はアルコール中毒で、母親は自殺を試みて。彼女は生涯をまさしく深い悲しみの中で過ごしたのではないかしら。それ故に多くを成し遂げたのよ。」[32]とも。

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの承認によって、製作チームはトラバース、ディズニー、シャーマン兄弟そして脚本の共同著者ドン・ダグラディらのやり取りが含まれる『メリー・ポピンズ』の企画開発中の音声録音と1940年代から1960年代にかけてのトラバースとディズニーの書簡の利用が可能となった[21][23] 。 当初、監督のジョン・リー・ハンコックはディズニーの関与について、創始者の有利になるよう脚本を手直しするのではないかという疑念を持っていたという。しかしマーセルは、ディズニー側は「明らかに脚本への参与や不都合な描写の削除、またウォルトを変えてしまうことを望んではいなかった」としている[21]。 ウォルト・ディズニーに関する描写についていかなる干渉も受けなかったものの、ディズニー側は喫煙シーンを省くことを強く要求した[33]。これは自社映画から直接的な喫煙描写を排除するという会社理念によるものであり、また、アメリカ映画協会によるレイティング指定を避けるためである[34][35]

撮影[編集]

主要撮影は2012年9月19日に始まった[36][37]。一部の撮影は当初はオーストラリアクイーンズランド州である予定だったが[11][38]、結局全撮影はディズニーランドバーバンクウォルト・ディズニー・スタジオ英語版を含むロサンゼルス内で行われた[38][39]。撮影は2012年11月22日に完了した[40][11][41]。ディズニーランドの場面のために、眠れる森の美女の城メインストリートUSAファンタジーランドアストロ・オービターなどのアトラクションの動作が一時停止された[42]。パークのキャストたちもエキストラとして雇われた[43]

公開[編集]

予告編は2013年7月10日に公開された[44]

ワールド・プレミアは2013年10月20日にロンドン映画祭で行われた[45][46][47]

評価[編集]

映画批評家の反応[編集]

ロンドンでの試写会上映の際には批評家から高評価され、特に脚本、ジョン・リー・ハンコックの演出、演技(主にトンプソンとハンクス)が賞賛された[25][48][49][50][51][52][53]

映画批評サイトのRotten Tomatoesには230件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で8.4点となっている。

サウンドトラック[編集]

ウォルト・ディズニー・レコードトーマス・ニューマン作曲によるサウンドトラック盤を2013年12月10日に発売された[54]

参考文献[編集]

  1. ^ Thomas Newman Scoring ‘Saving Mr. Banks’”. 2013年11月2日閲覧。
  2. ^ SAVING MR. BANKS (PG)”. Walt Disney Studios Motion Pictures. British Board of Film Classification (2013年9月18日). 2013年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c Barnes, Brooks (2013年10月16日). “Forget the Spoonful of Sugar: It’s Uncle Walt, Uncensored”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/10/17/movies/saving-mr-banks-depicts-a-walt-disney-with-faults.html?_r=0 2013年10月21日閲覧。 
  4. ^ Saving Mr. Banks (2013)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2014年3月29日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 73頁
  6. ^ 「バンクス氏を救うこと」で同じトム・ハンクス主演の『プライベート・ライアン』の原題(Saving Private Ryan「ライアン二等兵を救うこと」)と類似している。
  7. ^ BBC Films, 2013 Brochure”. BBC Press Office. pp. 10 to 11. 2013年8月25日閲覧。
  8. ^ 彼女は独身だったが、他人には「トラヴァース夫人」と呼ぶよう要求していたことが、この映画中でも描かれる。
  9. ^ Movie Web”. movieweb.com. 2012年7月11日閲覧。
  10. ^ Norton, Clementine (2012年7月16日). “Hollywood set for Fraser Coast”. Fraser Coast Chronicle. http://www.frasercoastchronicle.com.au/story/2012/07/16/fraser-coast-actors-are-in-for-a-mary-poppins/ 2012年7月15日閲覧。 
  11. ^ a b c d e Production Begins on SAVING MR. BANKS”. collider.com. 2012年10月11日閲覧。
  12. ^ 実際の母親の自殺未遂は、父親の死去後のことである。
  13. ^ Rothman, Lily (2013年7月10日). “Exclusive First Look: Tom Hanks and Emma Thompson in Saving Mr. Banks”. Time. http://entertainment.time.com/2013/07/10/exclusive-first-look-tom-hanks-and-emma-thompson-in-saving-mr-banks/ 2013年7月10日閲覧。 
  14. ^ ScreenRant”. screenrant.com. 2012年7月26日閲覧。
  15. ^ chicagotribune”. chicagotribune.com. 2012年7月26日閲覧。
  16. ^ Kit, Borys (2012年6月15日). “Colin Farrell in Talks for 'Saving Mr. Banks'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/colin-farrell-saving-mr-banks-338317 2012年7月16日閲覧。 
  17. ^ Sneider, Jeff (2012年7月12日). “Bradley Whitford in talks for 'Mr. Banks': Tom Hanks, Emma Thompson star in Disney pic”. Chicago Tribune. http://articles.chicagotribune.com/2012-07-12/entertainment/sns-201207121529reedbusivarietynvr1118056493-20120712_1_tom-hanks-pic-travers 2012年7月16日閲覧。 
  18. ^ a b B.J. Novak Joins Disney's 'Saving Mr. Banks' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (2012年7月31日). 2012年10月2日閲覧。
  19. ^ a b c Kit, Borys (2012年9月19日). “Rachel Griffiths, Kathy Baker Join 'Saving Mr. Banks'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/rachel-griffiths-kathy-baker-join-371584 2013年7月9日閲覧。 
  20. ^ Farley, Christopher John (2013年2月11日). “Julie Andrews Talks Poppins and Princesses”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB10001424127887323696404578298323985189586.html 2013年2月13日閲覧。 
  21. ^ a b c Shaw, Lucas (2013年12月17日). “How ‘Saving Mr. Banks’ Overcame Disney’s Resistance to a Movie About Disney”. The Wrap. http://www.thewrap.com/saving-mr-banks-walt-disney-studio-resistance 2013年12月19日閲覧。 
  22. ^ Pond, Steve (2013年12月17日). “Director John Lee Hancock on ‘Saving Mr. Banks’: We Went for the Truth, Not the Facts”. The Wrap. http://www.thewrap.com/Saving-Mr-Banks-Tom-Hanks-Emma-Thompson-John-Lee-Hancock 2013年12月19日閲覧。 
  23. ^ a b Kilday, Gregg (2013年12月16日). “Bringing Walt Disney (and Mary Poppins) Back to Life: The Making of 'Saving Mr. Banks'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/making-saving-mr-banks-bringing-665733 2013年12月19日閲覧。 
  24. ^ Guardian”. www.guardian.co.uk. 2012年7月11日閲覧。
  25. ^ a b Lewis, Hilary (2013年10月28日). “AARP Film Festival to Include 'August: Osage County,' 'Saving Mr. Banks' and 'Labor Day'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/aarp-film-festival-include-august-651175 2013年10月28日閲覧。 
  26. ^ Lang, Brent (2013年4月17日). “CinemaCon: Disney Promises More 'Star Wars,' 'Pirates of the Caribbean'”. The Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/sns-rt-alan-horn-cinemaconmt1thewrap86391-20130417,0,7748149.story 2013年5月14日閲覧。 
  27. ^ Chmielewski, Dawn C. (2011年10月6日). “Steve Jobs brought his magic to Disney”. The Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2011/oct/06/business/la-fi-ct-jobs-disney-20111007 2013年10月21日閲覧。 
  28. ^ Palmer, Martyn (2013年9月28日). “'I still get to make fantastic films - and that's perplexing to me': Tom Hanks on guns, God... and hanging out with The Beatles”. Daily Mail UK. http://www.dailymail.co.uk/home/event/article-2433099/Tom-Hanks-I-make-fantastic-films--thats-perplexing-me.html?ito=feeds-newsxml 2013年10月13日閲覧。 
  29. ^ Riefe, Jordan (2012年10月18日). “Tom Hanks on Becoming Walt Disney for 'Saving Mr. Banks'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-hanks-becoming-walt-disney-380011 2012年10月25日閲覧。 
  30. ^ Fleming, Mike (2012年4月9日). “Tom Hanks Now Getting Serious For ‘Saving Mr. Banks’”. Deadline Hollywood. http://www.deadline.com/2012/04/tom-hanks-now-getting-serious-for-saving-mr-banks-a/ 2013年10月21日閲覧。 
  31. ^ Rothman, Lily (2013年7月10日). “Exclusive First Look: Tom Hanks and Emma Thompson in Saving Mr. Banks”. Time. http://entertainment.time.com/2013/07/10/exclusive-first-look-tom-hanks-and-emma-thompson-in-saving-mr-banks/#ixzz2hYheIRu6 2013年10月13日閲覧。 
  32. ^ Lewis, Hilary (2013年11月16日). “'Saving Mr. Banks' Star Emma Thompson Shares P. L. Travers Insights, Favorite Films”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/saving-mr-banks-star-emma-656771 2013年11月22日閲覧。 
  33. ^ Buerger, Megan (2013年12月12日). “Why ‘Saving Mr. Banks’ Didn’t Save Walt Disney From Smoking”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/speakeasy/2013/12/12/why-saving-mr-banks-didnt-save-walt-disney-from-smoking/ 2013年12月16日閲覧。 
  34. ^ McClintock, Pamela (2013年11月16日). “Disney's Smoking Ban Means No Puffing for Walt Disney in 'Saving Mr. Banks'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/disneys-smoking-ban-means-no-656743 2013年11月22日閲覧。 
  35. ^ Sacks, Ethan (2013年12月8日). “Tom Hanks goes toe-to-toe with Emma Thompson in 'Saving Mr. Banks'”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/tv-movies/tom-hanks-walt-disney-saving-mr-banks-article-1.1536665 2013年12月9日閲覧。 
  36. ^ Disney’s Mary Poppins Film ‘Saving Mr. Banks’ Begins Production”. screenrant.com. 2012年7月21日閲覧。
  37. ^ Disney Starts Production on Saving Mr. Banks”. ComingSoon.net (2012年9月19日). 2012年10月2日閲覧。
  38. ^ a b Saving Mr Banks begins filming in LA, Rachel Griffiths joins cast”. if.com.au. 2012年7月21日閲覧。
  39. ^ Schmidt, Chuck (2013年3月29日). “Tom Hanks plays Walt Disney in 'Saving Mr. Banks,' due in theaters Dec. 20”. http://blog.silive.com/goofy_about_disney/2013/03/tom_hanks_plays_walt_disney_in_saving_mr_banks_due_in_theaters_dec_20.html 2013年3月29日閲覧。 
  40. ^ Lussier, Germaine. “Marvel and Disney Release Info: ‘Ant-Man’ Gets Official Release Date, ‘Iron Man 3′ and ‘Thor: The Dark World’ Will Be 3D”. /Film. 2012年10月15日閲覧。
  41. ^ Minovitz, Ethan (2012年9月21日). “Saving Mr. Banks Tells Story Behind Mary Poppins Adaptation”. Big Cartoon News. http://blog.bcdb.com/saving-mr-banks-tells-story-mary-poppins-adaptation-4733/ 2012年9月21日閲覧。 
  42. ^ Tully, Sarah (2012年11月7日). “Tom Hanks as Walt Disney closes parts of Disneyland”. The Orange County Register. http://www.ocregister.com/entertainment/disneyland-376876-hanks-park.html 2012年11月11日閲覧。 
  43. ^ Tully, Sarah (2012年10月24日). “Tom Hanks' movie to film at Disneyland”. The Orange County Register. http://www.ocregister.com/entertainment/disney-375568-hanks-movie.html 2012年10月25日閲覧。 
  44. ^ Abramovitch, Seth (2013年7月11日). “'Saving Mr. Banks' Trailer: Tom Hanks as Walt Disney in 'Mary Poppins' Biopic”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/saving-mr-banks-trailer-tom-583916 2013年7月11日閲覧。 
  45. ^ Kemp, Stuart (2013年10月20日). “Tom Hanks Starrer 'Saving Mr. Banks' Closes BFI London Film Festival”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-hanks-starrer-saving-mr-649654 2013年10月22日閲覧。 
  46. ^ Barraclough, Leo (2013年8月8日). “‘Saving Mr. Banks’ to Close London Film Fest”. Variety. http://variety.com/2013/film/international/saving-mr-banks-to-close-london-film-fest-1200575711/ 2013年8月8日閲覧。 
  47. ^ Szalai, Georg (2013年8月8日). “Disney's 'Saving Mr. Banks' to Close BFI London Film Festival”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/saving-mr-banks-close-london-602628 2013年8月10日閲覧。 
  48. ^ Rosen, Christopher (2013年10月20日). “'Saving Mr. Banks' Reviews Are Supercalifragilisticexpialidocious”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2013/10/20/saving-mr-banks-reviews_n_4133616.html?utm_hp_ref=entertainment 2013年10月22日閲覧。 
  49. ^ Salazar, Francisco (2013年10月21日). “Oscar Hopeful 'Saving Mr. Banks' Makes World Premiere To Good Reviews”. Latinos Post. http://www.latinospost.com/articles/30150/20131021/oscar-hopeful-saving-mr-banks-makes-world-premiere-good-reviews.htm 2013年10月21日閲覧。 
  50. ^ Felperin, Leslie (2013年10月20日). “Saving Mr. Banks: London Review”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/movie/saving-mr-banks/review/649638 2013年10月21日閲覧。 
  51. ^ Foundas, Scott (2013年10月20日). “Film Review: ‘Saving Mr. Banks’”. Variety. http://variety.com/2013/film/reviews/film-review-saving-mr-banks-1200745274/ 2013年10月21日閲覧。 
  52. ^ Gritten, David (2013年10月20日). “Saving Mr Banks, first review”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/filmreviews/10375018/Saving-Mr-Banks-first-review.html 2013年10月21日閲覧。 
  53. ^ Muir, Kate (2013年10月21日). “Saving Mr Banks, London Film Festival”. The Times. http://www.thetimes.co.uk/tto/arts/film/londonfilmfestival/article3899748.ece 2013年10月21日閲覧。 
  54. ^ Thomas Newman Scoring ‘Saving Mr. Banks’”. Film Music Reporter (2013年4月25日). 2013年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]