ベスト・キッド (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベスト・キッド
The Karate Kid
監督 ハラルド・ズワルト
脚本 クリストファー・マーフィー
原作 オリジナル脚本
ロバート・マーク・ケイメン
製作 ジェリー・ワイントローブ
ウィル・スミス
ジェイダ・ピンケット=スミス
ジェームズ・ラシター
ケン・ストヴィッツ
製作総指揮 ダニー・ウルフ
スーザン・イーキンス
ハン・サンピン
出演者 ジェイデン・スミス
ジャッキー・チェン
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ロジャー・プラット
編集 ジョエル・ネグロン
製作会社 オーバーブック・エンターテインメント
JWプロダクションズ
中国電影集団公司
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア ピクチャーズ
日本の旗 S.P.E.
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年6月11日
日本の旗 2010年8月14日
上映時間 139分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $359,126,022[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $176,591,618[1]
日本の旗 15.2億円[2]
テンプレートを表示

ベスト・キッド』(原題:The Karate Kid、中国語題:功夫夢)は、2010年のアメリカ中国合作映画。1984年の映画『ベスト・キッド』のリメイクである。

ストーリー[編集]

幼い頃に父を亡くし、母の転勤でデトロイトから北京へと移り住んだアフリカ系アメリカ人の少年ドレは12歳。北京に着いたその日、バイオリンを練習する中国人の少女メイと出会い、それが同年代の14歳の少年たちやギャングのリーダーの14歳の復讐と怒りにまみれたチョンの反感を買ってしまい、カンフーで痛めつけられる。その日から、少年たちのいじめを受けるようになったドレ。次の日、ドレが学校に行く前にチェンから受けた傷をお化粧で隠し、学校に行く。ドレの担当の先生“ホォ—”がドレに帽子を脱ぎなさいと指示した後ドレの母が異変に気づく。ドレが化粧品を使った事がわかり学校の正門で親喧嘩になる。その後、ドレは怒った気持ちで学校に入る。その日の昼頃、ドレはメイに箸の使い方を教えてもらい、2人で楽しく喋る。メイはランチを持ってバイオリンのレッスンに行くが、ドレのランチがチェンからひっくり返されてしまう。チェンはからかいながら謝るがドレが怒りホォ-先生から止められてしまう。

ある日、遠足が終わって帰ってきたチョンが友達と町の迷惑を起こす。それを見ていたドレが汚れていた水を見つけてチェンとそこにいた友達にかける。それにチェンが怒り、チェンのギャングでドレをドレのマンションの前まで追いかけれてしまう。チェンがドレを捕まえた後、チェンに激しく殴られた際、マンションの管理人であるハンが助けてくれ、カンフーで少年たちを追い払う。炎を用いる中国の古い治療法で怪我を介抱してくれるハンに、ドレはカンフーの教えを乞う。ハンは渋るが、少年たちの通う「情けは捨てろ」がモットーの道場の師範との話し合いに同伴することには同意する。だが、その道場師範から勝負を迫られ、ハンは武術大会で一対一の勝負を付けることを提案し、大会までの私闘の禁止を求める。 その場はそれで収まり、ハンはドレにカンフーを教えることを了承する。

こうしてドレのカンフー指南を行うこととなったハンだが、ドレにさせることといえば、上着をハンガーに掛け、取り、着て、脱ぎ、落とし、拾い、そしてまた掛ける、という動作を繰り返させるというカンフーとは関係なさそうなことしかしない。うんざりしてついに抗議するドレに、ハンはその動作がカンフーの技に直結することを理解させる。

メイとドレは互いに好意を抱きあい、一方はバイオリン、もう一方はカンフーの練習に明け暮れていた。中国ではバレンタインデーに当たる七夕の祭りの日に、影絵小屋で待ち合わせ、互いにバイオリンのオーディションと武術大会に応援に行くことを約束する。やがてドレは、ハンに連れられてカンフーの聖地に赴き、その水を飲めば負けることがなくなるという「龍の泉の水」を飲ませてもらう。

ある日ドレは、明日に控えるバイオリンのオーディションに緊張するメイを息抜きさせるため、二人で遊びに行くが、バイオリンのオーディションがその日に変更になってしまったと連絡を受ける。結果的にメイに迷惑をかけてしまったことから、両親からの怒りに触れ、メイから友達をやめると告げられてしまう。

失意のドレがハンの家に向かうと、毎日修理していた自動車を自ら破壊しているハンの姿があった。ハンの妻と10歳だった息子は、ハンの運転のミスから事故死してしまったため、ハンはその過去を悔やみ、毎年自動車を修理しては事故が起きた日に修理した自動車を破壊するという行為を続けていた事を知る。嘆くハンに、ドレは黙ってカンフー修行の指導を促す。吹っ切れたハンは、ドレの思いに感謝する。ドレはハンに頼んで書いてもらった中国語の手紙を、メイとその父親の前で読み上げ、再び友達になることを許してもらう。

ハンの指導のもと、数々のカンフーの研鑽を積んだドレは、ハンからプレゼントされた真っ白なカンフー着を着て武術大会に臨む。ドレの母親とメイ、メイの両親が見守るなか、ドレは順調に勝ち進み、チョンも勝ち進む。準決勝でドレと対戦するのはチョンと同じ道場の少年だったが、ドレに怪我をさせよという道場師範からの指示で反則負けとなる。その怪我でドレは足を痛め、決勝出場の断念を医師から勧められる。

ハンが「強さは十分に示した。もう戦わなくていいんだ」という言葉に対し、ドレは「今日帰るときに、もうチョンを怖いと思いたくない」という思いをハンに話し、その思いを受け取ったハンに炎の治療法で足の痛みを消してもらい、決勝に出場する。チョンとの接戦の末、ドレの最後の蹴りがチェンの顔に強く当たり、チョンが床に倒れて負けた悔しさと蹴りの痛みで泣いてしまう。チョンは後、自分が今までやってきた苛めやカンフーで人を痛めてつける事がすべて間違っていたと気付き、その後、ドレは優勝する。チョンはドレにトロフィーを自分がドレにやった苛めの謝りの気持ちで渡す。泣き終えたチョンがステージから降りてハンさんにも謝りの気持ちで小さな礼をする。チョンと他の少年たちは、ドレの勝利を讃え、ハンとドレを尊敬と自分を変えてありがたい気持ちでカンフー式の礼を捧げる。そしてハンさんとドレはバイマックスの挨拶を真似してスッキリの気持ちと嬉しい気持ちで笑って映画が終わる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ドレ・パーカー(シャオドレ) ジェイデン・スミス 矢島晶子
ミスター・ハン ジャッキー・チェン 石丸博也
シェリー・パーカー(シェリー) タラジ・P・ヘンソン 斉藤貴美子
ハリー ルーク・カーベリー 高山みなみ
メイ・リン ハン・ウェンウェン うえだ星子
チョン ワン・ツェンウェイ 川島悠美
マスター・リー ユー・ロングァン 原語版流用

製作[編集]

2008年11月10日、『バラエティ』誌によって『ベスト・キッド』のリメイクが始まったことが報じられた[3][4]。製作はウィル・スミスで、主演はその息子のジェイデン・スミスが務め、オリジナル版の「いじめられっ子が風変わりな師匠から武術を教わる」という部分は踏襲される[5]。2009年6月22日、ジャッキー・チェンは撮影のために北京へ発つと述べた[4]

『The Karate Kid』というオリジナル版と同じタイトルにもかかわらず、主人公が師から教わる武術が空手からカンフーに変更されている。ジャッキーによると、スタッフのあいだでは本作は『The Kung Fu Kid』と呼ばれていたという[6]

音楽[編集]

主題歌はジャスティン・ビーバーとジェイデン・スミスが歌う「Never Say Never」で、ミュージックビデオは2010年5月31日に公開された[7]。この他、Rain(ピ)による歌「Hip Song」がアジア向けのプロモーションや予告編で使われており、こちらのミュージックビデオは2010年5月22日に公開されている[8]

公開[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは174のレビュー中、67%からの支持率を得た[9]。映画評論家のロジャー・イーバートは本作を肯定的に評価し、4つ星満点で3つ星半を与えた[10]。一方で、オリジナル版よりも登場人物が若くなっている点などに不満を漏らす評論家もいた[11]

興行収入[編集]

北米公開週末3日間で約5600万ドルを稼ぎ、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』を破って初登場1位となった[12]

未公開シーン[編集]

ドレに負けたチョンをリー師範が殴ろうとするが、ハンが止めに入り、二人が闘うシーンがある。これはブルーレイの特典映像で見ることができる。

ソフト[編集]

Blu-ray[編集]

  • 発売日:2011/4/22
  • 品番:BLU-80112
  • 発売:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 時間:140分
  • サイズ:16:9LBシネマスコープ(2.40:1)
  • 字幕
    • 英語字幕
    • 日本語字幕
  • 音声
    • 英語 DTS-HD Master Audio5.1chサラウンド
    • 日本語 DTS-HD Master Audio5.1chサラウンド
  • リージョンコード:A
  • 2層
  • 特典映像
    • ジャパン・プレミアジャッキーとジェイデンの一日
    • ロケ地マップ
    • もうひとつのエンディング:ジャッキーの格闘シーン
    • 製作日記
    • 中国語講座
    • ミュージック・ビデオ:“Never Say Never" by ジャスティン・ビーバー feat. ジェイデン・スミス
    • 『ベスト・キッド』メイキング
    • 予告編集
    • BD-LIVE
    • PlayStation(R)3限定壁紙

DVD[編集]

  • 発売日:2011/4/22
  • 品番:OPL-80112
  • 発売:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 時間:140分
  • サイズ:16:9LBシネマスコープ(2.40:1)
  • 字幕
    • 英語字幕
    • 日本語字幕
  • 音声
    • 英語 ドルビーデジタル5.1chサラウンド
    • 日本語 ドルビーデジタル5.1chサラウンド
  • リージョンコード:2
  • 2層
  • 特典映像
    • 中国語講座
    • ミュージック・ビデオ:“Never Say Never by ジャスティン・ビーバー Feat. ジェイデン・スミス
    • メイキング・オブ・ベスト・キッド
    • 予告編集

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c The Karate Kid (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況
  3. ^ Movies - News - 'Karate Kid' redo retitled 'Kung Fu Kid'”. Digital Spy (2009年3月31日). 2009年6月3日閲覧。
  4. ^ a b Brian Warmoth, ‘Karate Kid’ Remake Keeping Title, Taking Jaden Smith to China, MTV Movie Blog, May 6, 2009
  5. ^ By (2008年11月10日). “Jaden Smith set for 'Karate Kid' redo - Entertainment News, Los Angeles, Media”. Variety. 2009年6月3日閲覧。
  6. ^ Larry Carrol (2010年1月7日). “Jackie Chan Unsure of Karate Kid Remake Title, Reveals Fate of Wax On, Wax Off”. MTV. 2010年1月16日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ The Karate Kid - Rotten Tomatoes”. Rotten Tomatoes. 2010年8月3日閲覧。
  10. ^ https://www.rogerebert.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20100609/REVIEWS/100609978
  11. ^ The Karate Kid. Slant Magazine
  12. ^ Weekend Box Office Results for June 11-13, 2010” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]