絶対に笑ってはいけない病院24時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
絶対に笑ってはいけない病院24時
ジャンル 特別番組(バラエティ番組)
放送時間 21:00 - 翌0:20(200分)
放送期間 2007年12月31日 - 2008年1月1日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 松本人志浜田雅功(企画構成)
演出 大友有一
プロデューサー 大友有一
出演者 ダウンタウン
山崎邦正
ココリコ
藤原寛 ほか
ナレーター 佐藤賢治
テンプレートを表示

絶対に笑ってはいけない病院24時』(ぜったいにわらってはいけないびょういんにじゅうよじ)は、2007年12月31日21:00から2008年1月1日0:20(JST)にかけてテレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP』として放送された企画である。日本テレビ系列(NNS加盟29局)同時ネット。2008年1月6日のレギュラーでは未公開シーンが放送された。オープニングはEdenBridgeの「Cheyenne Spirit」が使用された。

概要[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
病院24時のメンバー
(セリフテロップの色)
第一印象 お仕置き(ケツバット)を受けた回数
浜田(青) 浜田だけミニスカート 171回(キス、鼻トング1回)
松本(赤) 脚線美No.1 松本 258回(キス1回、タイキック3回)
山崎(緑) 可愛いナース姿 山崎 95回(キス、ビンタ1回)
遠藤(橙) ナース姿も男前 遠藤 155回(キス1回)
田中(紫) 平凡ナース 田中 158回(キス1回)
藤原(黒) ナース長 -
  • 数字は罰を受けた回数、このうち一番多い人物を赤字、少ない人物を青字で示す。
  • 年1回行われる「笑ってはいけないシリーズ」の通算5作目。参加型対決企画終了により、この回よりガキの使いメンバー5人(ダウンタウン月亭方正ココリコ)全員で挑戦。
  • この回より番組上の表記は「勤務」(という扱い)になっており、セリフテロップに関してはモリサワの「G2サンセリフ」が用いられるようになった。
  • 視聴率は12.4%を記録した。
  • DVDは2008年11月26日に第12巻として発売された。

舞台[編集]

  • ガースー附属黒光り記念病院(がーすーふぞくくろびかりきねんびょういん)」として山梨県北杜市内にある日本航空学園北杜キャンパスでロケが行われた。
  • 「ガースー附属黒光り記念病院・女子寮」文化創造館北稜館

本作以降、舞台となる施設名には「ガースー黒光り」の文字が必ず入る。

ルール[編集]

5人全員がナースの扮装に着替え、門を通過したところからスタート。笑ってしまった時は、罰として全身黒のナース達(「ブラックナース」と表記されていた)にお尻をシバかれる。判定方法はきき企画の不正解のBGMが流れ、「○○、アウト!」(全員の場合は「全員、アウト!」)と放送され罰が執行される。ナース達は、メンバーが笑ってしまったことが認められると同時に、いきなり部屋のドアを開けてぞろぞろ入ってくる。 アウトのテロップはOUTの透明文字(タイキック時はKICK)と大きめの赤文字(G2サンセリフ)が用いられた。

勤務の流れ[編集]

  • 09:00 - 勤務開始→救急車 緊急患者搬入→院長室 院長に挨拶→新人研修室へ
  • 10:30 - 朝礼
  • 11:30 - 業務開始
  • 13:00 - 昼食→散歩
  • 14:00 - メンタルケアイベント
  • 16:30 - 受付業務
  • 17:00 - 内科診察見学
  • 17:30 - MRI体験
  • 18:00 - 山崎が一時退室→産婦人科見学
  • 19:00 - 夕食→教材ビデオ「動物病院の天才獣医診察」→山崎復帰→その後すぐ朝まで休憩
  • 19:30 - 手術見学
  • 20:00 - ヘイポーによる内科検診見学
  • 21:00 - 受付業務
  • 22:00 - 麻酔学
  • 22:30 - ナースコール
  • 23:00 - ナースコール→教材ビデオ「お悩み解決!ナースコール24時」
  • 00:00 - 女子寮→怖がってはいけない病院→就寝
  • 08:00 - 山崎完全復活→研修課程修了式
  • 09:00 - 勤務終了

出演した有名人等[編集]

病院建物外[編集]

病院建物内[編集]

病院関係者の報告会 (朝礼)[編集]

入院病棟[編集]

メンタルケアイベント[編集]

診察患者[編集]

怖がってはいけない病院[編集]

主な出来事[編集]

オープニング
  • ダウンタウン、方正、ココリコの5人はバスを降り、スタート地点のガースー附属黒光り記念病院前に到着。そこに、自転車に乗って現れたのがナース長(藤原)、5人はナース服に着替える(浜田のみミニスカートでガーター着用)、病院入口門からスタート。
  • 救急患者が搬送。梅宮辰夫、搬送医師が「クラウディアーッ」または「ガウディアーッ」と叫ぶ。
病院建物内
  • 落とし穴は、第1号は遠藤(玄関横)、第2号はマイケル富岡(高級車から飛び降り)、第3号は楳図かずお(レスキュー訓練中)。
  • 病院内では、内科教授の総回診が2回あり、江守が教授として刺客となっている。また、その集団の中に1回目は松本の兄(松本隆博)、2回目は千秋が刺客として同行して、遠藤に「おにぃ、頑張ってね」と話しかけた。
引き出し
  • 松本の机に松本の兄のエッセイ本、山崎の机にボールペン、遠藤の机に千秋の写真(病院キャンペーンカード)、田中の机に笑福亭笑瓶の幼少時代・学生時代の写真3枚あった。
  • 浜田の机に「絶対に押すな!」と書かれたボタンがあり、「山崎OUT」「浜田OUT」が執行された。
メンタルケアイベント
  • 温水が水道局工事がやっている途中で水道管が破裂した。
  • また、江守はオペラをナースステーションまで響く大音量で歌い、千秋はメンタルケアイベントで、サンプラザ中野くんと松崎しげると組んで歌っている。また、遠藤と千秋は、2007年の年末に離婚したため、罰ゲーム収録時(11月頃)は妻で、オンエア(大晦日)時は元妻になっていたという特殊な状況となった。
その他
  • 山崎は当時、胃腸炎を患っていたため途中で2回ほど抜けた。解説では「ヘタレからくる病」と紹介されていた。また、罰の回数が他のメンバーより少なかった。(95回)
  • 診察の見学時間で世界のナベアツHEY!たくちゃん、日本語ペラペラのアフリカ人男性と必要無いはずの日本人通訳の女性が来る。アメリカからビックリ人間刺客として登場し、ダウンタウン、ココリコ、山崎を驚かせた。 
  • 患者のMEGUMIが用意したボタンは、4ついずれも「松本タイキック」でタイ出身のキックボクサーが登場した。
  • 新人ナース歓迎会では、ダウンタウン、ココリコ、ブラックマヨネーズが激突。
  • 本作から蝶野が方正に理不尽な理由でビンタをするという形で出演した。本作以降、毎年恒例のビンタの人物として出演が続いており、モリマンに続いて方正にとってのトラウマとなっている。
  • ブラック・ジャックに扮した板尾が度々登場し、去り際に「板尾創路の、ブラック・ジャック」の音声が流れ、全員OUTになっていた。
  • 「We Are The アキタカ」は権利の関係上、DVDではカットされているが、初回購入特典に歌詞カードが付いている。
怖がってはいけない病院
  • 怖がってはいけない病院では、田中が新人ナース研修室の扉で手に電流を帯びた瞬間に2008年の年が明けた
エンディング
  • エンディングテーマは「アメイジング・グレイス
  • 最後に表記された「ケツをシバかれた回数」では松本が今回、5人の中でもダントツで罰を受けた回数258回を記録した。2007年の時点でこの記録が過去最高記録であったが、2015年放送の『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』で最高記録331回(同じく松本)を大幅に記録を上げている。ちなみに松本はこのシリーズの企画者であり、罰を受けた回数は常にトップという皮肉な結果を誇っている。ちなみに24時間で250回を単純計算すると5分に1回は叩かれているという計算になる。

その他[編集]

  • オンエアにはなかったがサニー千葉が犬を出しワインを飲ませる仕掛けがあるがスタッフから「犬を出すのが条件」という理由でオンエアにはなかったが松本が「それはそれでおもろい」とコメントした。[1]

主要スタッフ[編集]

  • 企画構成:松本人志、浜田雅功
  • ナレーター:佐藤賢治
  • 構成:高須光聖、塩野智章/鈴木雅貴、西田哲也、八代丈寛、久保貴義、遠藤敬、山内正之、ゴージャス染谷、キシ
  • TK:前田淳子
  • 医療監修:東舘弘美、L.K.Purpose
  • AD:但木洋光、問山幸子、岡本健吾、平田一朗、斎藤貴次、佐藤雅之
  • 制作進行:渡辺修一郎
  • AP:松本あゆみ
  • ディレクター:高橋敬治/堤本幸男、小紫弘三、椎葉宏治、田中竜登、花輪和伯、高浦千明、大谷利彦、斉藤カツオ、今村光宏、大沼朗裕
  • プロデューサー:中村喜伸、小林宏充
  • 監修:柳岡秀一
  • 総合演出:斉藤敏豪
  • プロデューサー・演出:大友有一
  • チーフプロデューサー:菅賢治
  • 協力:吉本興業
  • 制作協力:Fact
  • 製作著作:日本テレビ

脚注[編集]

  1. ^ DVD12巻「あの時は…」より

関連項目[編集]

笑ってはいけないシリーズ
前番組 番組名 次番組
絶対に笑ってはいけない病院24時
(2007年)