絶対に笑ってはいけない科学博士24時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
絶対に笑ってはいけない科学博士24時
ジャンル 特別番組バラエティ番組
企画 松本人志浜田雅功(企画構成)
出演者 ダウンタウン
月亭方正
ココリコ
藤原寛ほか
ナレーター 広中雅志
製作
プロデューサー 森實陽三
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 下記を参照
笑ってはいけない科学博士 徹底解剖SP(事前)
放送期間 2016年12月30日[1]
放送時間 金曜11:55 - 14:00
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 125分
回数 1
笑ってはいけない科学博士 直前カウントダウンSP(事前)
放送期間 2016年12月31日[1]
放送時間 土曜17:30 - 18:30
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 60分
回数 1
絶対に笑ってはいけない科学博士24時(本編)
放送期間 2016年12月31日 - 2017年1月1日
放送時間 土曜18:30 - 日曜0:30
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 360分
回数 1
未公開SP
放送期間 2017年1月3日
放送時間 火曜20:54 - 22:54
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 120分
回数 1

絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(ぜったいにわらってはいけないかがくはかせにじゅうよじ)は、2016年12月31日18:30(午後6時30分)から2017年1月1日0:30(午前0時30分、JST)にかけて日本テレビ制作のバラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP』として放送された企画である[2]日本テレビ系列(NNS加盟)29局同時ネット。

2017年1月3日20:54 - 22:54には、未公開シーンを集めた『ダウンタウンのガキの使い!絶対に笑ってはいけない科学博士!一挙大公開SP!!』がフジテレビ系列とのクロスネット局であるテレビ大分を除いたNNS28局で放送された。

2017年1月8日のレギュラー放送でも完結編となる未公開シーンが放送された。

概要[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

「笑ってはいけないシリーズ」の通算14作目。放送時間は歴代シリーズ最長タイとなる6時間(未公開を含むと8時間)。2017年11月29日に第23弾として、Blu-rayとDVD5巻(※初回限定版と通常版4巻)が発売された。

メンバー[編集]

絶対に笑ってはいけない病院24時』から引き続き、ガキの使いメンバー5人で実施され、罰ゲームを受ける。

科学博士24時のメンバー
(台詞テロップの色)
第一印象 お仕置き(ケツバット)を受けた回数
浜田(青 浜田だけ理系女 194回(キス、鼻毛抜き1回)
松本(赤 ムキムキマッチョ博士 253回(キス3回、鼻毛抜き1回)
方正(緑 とっつぁん坊や博士 174回(ビンタ1回、タイキック2回、風船爆破1回)
遠藤(橙 男前新婚博士 181回(キス、真空ピンポン玉バズーカ1回)
田中(紫 ガリガリ不潔博士 171回(タイキック4回、ロケットパンチ、落とし穴1回)
藤原(黒 科学者 -

舞台[編集]

舞台は「ガースー黒光り科学研究所」(ガースーくろびかりかがくけんきゅうしょ)として、埼玉県狭山市狭山市立東中学校狭山市立入間中学校(いずれも閉校)で撮影された。2007年の「絶対に笑ってはいけない病院24時」以降、施設名に「ガースー黒光り」が入るのが通例であったが、菅賢治が2017年3月をもって番組から完全に離れたのに伴い、次作の「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」では外されたため、「ガースー黒光り」は本作で途切れることとなった。

視聴率[編集]

番組平均視聴率は第1部(18:30 - 21:00)が17.7%、第2部(21:00 - 翌0:30)が16.1%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。紅白の裏番組として7年連続で民放の首位となった[3]

2017年1月3日に放送された『一挙大公開SP!!』は13.1%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

スケジュール[編集]

  • am8:00-勤務開始→バスネタ→劇団ひとり2→新人研修室
  • am9:30-引き出しネタ(一部未公開)
  • am11:30-レクリエーション大会(一部未公開)→犬神家2
  • pm0:30-後出し勝負
  • pm1:00-昼食(未公開)
  • pm1:30-バスネタ→捕まってはいけない(一部未公開)
  • pm3:30-所長挨拶
  • pm4:00-引き出しネタ(一部未公開)
  • pm4:30-方正着替え
  • pm5:00-研究発表会
  • pm6:30-連想ゲーム
  • pm8:00-廊下
  • pm8:30-報告会
  • pm9:30-ジミーVTR(一部未公開)
  • pm10:30-蝶野ビンタ
  • pm11:30-体張り対決
  • am0:30-驚いてはいけない(一部未公開)
  • am3:00-エンディング

出演者[編集]

本編[編集]

科学博士24時のレギュラーメンバー
引率
  • 藤原寛(ダウンタウン元マネージャー)
バス内
ルパン三世
  • 劇団ひとり - 高校生
  • 高校生のひとりを心配し、体罰しながら励ましていた高校生教師
犬神家
研究所内
タイキックVTR
笑点メンバー
レクリエーション大会
宮迫チーム
藤本チーム
捕まってはいけない科学博士
バス内
訓練所内
研究所内
研究発表会
廊下
研究員報告会
ジミーちゃんVTR
講堂
研究員VS町工場
出川研究団
上島工場団
驚いてはいけない科学博士
エンディング

未公開シーン[編集]

研究所内
驚いてはいけない科学博士

主な出来事[編集]

バス車内『絶対に笑ってはいけない新聞社24時』から引き続き
  • 最初に罰を受けたのは、一番にバスに乗り、まだ乗っていない浜田のに笑った田中である。
  • 最初の刺客で、若林正恭鈴木亮平がルパン三世のテーマに乗せて登場した後、遠藤の父と弟が登場して浜田・遠藤・田中が、次に母が登場して方正と田中がそれぞれ罰を受けた。その後最終手段として、2015年12月25日に遠藤が結婚した嫁が現れ、予想外の登場にメンバー一同は驚いてしまった[5]。戸惑った遠藤はその後嫁に説教され、公開キスされてしまった。
新人研修室
  • 毎年恒例引き出しネタ、仲間割れなどが行われる。OUT時、画面下に表示されるテロップの字体が変わることがあった。
どっきりカメラ
  • 方正が、どっきりカメラ本編で野呂圭介が身に着けていた衣装とヘルメット、番組名が書かれたプラカードを身に着け、数分後にブーブークッションを使ったどっきりが執行され、ニセADが椅子にブーブークッションを仕込み、ターゲットとなった松下がブーブークッションに驚き、リプレイ映像も再現され、メンバーの笑いを誘った。その後方正がプラカードを持って登場すると、松下は方正に詰め寄り激怒しタイキックを宣告、方正がタイキックを受ける羽目になった。未放映シーンではタイキック執行後すぐにお色気どっきりが執行され、仕掛け人の安藤が登場し、その後ターゲットの大川も登場。安藤のおっぱいを見つめる大川に対して安藤が激怒したところでどっきり大成功となり方正が登場するが、大川が松下同様方正に詰め寄りタイキックを宣告、二度目のタイキックを受けた。
  • なお、どっきり執行の際のBGMおよび手書き風のテロップはフジテレビでかつて放送されていた『スターどっきり(秘)報告』を踏襲している。未放映シーンに登場した大川は1980年代、その番組でのお色気どっきりの常連だった。
DVD
  • 内容は『笑点』の「絶対に笑ってはいけない大喜利」で、オープニング映像や出演者のテロップなど、本家を意識している。自己紹介でたい平が田中に対する謎かけで「どちらもお尻が気になる」と言い、その直後に山田が後楽園ホールの舞台裏からタイ人キックボクサーを連れ出し、判定音の後に昇太が「田中」と発言した直後に観客が「タイキック!」とコールし、田中はタイキックを受けた。しかし、その際にキックの反動で棚にぶつかって驚くリアクションをしたため、他のメンバーの計らいによってチーかまを口にくわえてタイキックを受けた際に美味しいと言えるのかという実験が2回行われ、さらに2回タイキックを受けたが、チーかまは蹴られた反動で田中の口から吐き出されてしまった。
  • また、DVDのみ収録されている未公開シーンとして、上記の一連の件の後、松本が待機場所に置かれている菓子の袋が開けっ放しの状態で放置されているのを発見し、犯人捜しへと発展。そういう状況になった経緯を遠藤と方正が説明する上で、またもや田中はチーかまをくわえさせられ、4発目のタイキックを受けていた。田中はこれまでに1~2発タイキックを受けているが、4発もタイキックを受けたのは史上初。
驚いてはいけない科学博士
  • カウントダウンの終了時、照明が赤転した直後に2017年の年が明けた。
  • ロケが終了する直前に藤原から感想を聞かれたところで松本は「相方の女装趣味にいつまで付き合わないといけないのかなと…(女装が)好きなんだからしょうがないですね。性癖は直らないなって思います」と東京弁で答えた。

あいうえお作文[編集]

  • と - とびきり美人の
  • り - 理系女子と付き合って
  • ど - どんどん発明してもらい
  • し - 死ぬまで遊んで暮らしたい重盛さと美

主要スタッフ[編集]

  • 企画構成:松本人志浜田雅功
  • ナレーター:広中雅志
  • 構成:高須光聖/塩野智章、ビル坂恵、八代丈寛、辻健一/西田哲也、深田憲作、米田匡篤、白武ときお、坂本貴彦/鈴木雅貴、ゴージャス染谷、渡辺陽介、河野有、渡辺勇穂、大塚泰博/日高ユウキ、宮本有美香、宮川大樹、南本真希、中野翔平、海野健郎
  • TM:新名大作
  • 美術プロデューサー:稲本浩、山本澄子
  • TK:前田淳子
  • 協力プロデューサー:中村博行、加藤正俊、荻野哲弘、田中雅博(読売テレビ
  • デスク:國井萌
  • ケータリング:内野幸
  • タレントケア:大沼朗裕
  • エキストラ:土屋良介、仙田麻子
  • アニメーション:竹内大三
  • 制作進行:雨宮雄太、柳祐輔、飯作直哉
  • AP:小川望、加世田菜穂、斉藤詠美、橋本直美
  • キャスティングP:小林宏充、本間正幸、金沢紀子、成瀬広靖
  • 総合演出:斉藤敏豪
  • 総監督:菅賢治
  • ディレクター:堤本幸男、但木洋光、鶴田哲朗、山本カンスケ、名嘉鎮士、諏訪裕紀、島田健作、間篠高行、住田英拓、小紫弘三、生駒真也、花輪和伯、雨宮佑介、青木孝之、野間伸晃、鈴木顕尚、西村啓志、前田匡寛、一場孝夫、岡本健吾
  • プロデューサー:堀金澄彦、鈴木淳一、原田里美、中村喜伸/浜田和宏
  • 演出:高橋敬治、田中竜登
  • 監修:柳岡秀一
  • プロデューサー・演出:大友有一
  • チーフプロデューサー:森實陽三
  • 協力:吉本興業
  • 制作協力:charlie's ZORO、ZIONユニオン映画オフィスぼくらFact
  • 製作著作:日本テレビ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 裏番組の『第67回NHK紅白歌合戦』では、著名人審査員の1人として出演していた。
  2. ^ 各所から大きな注目を集めたが、斎藤が後日に自身のラジオ番組で明かしたところによれば、このネタは番組側から挙げられた候補の1つであり、斎藤は選んだ理由として「会ったことのない自分に出会える」「向こう10年が変わる」と考え、「賭けに出た」という[4]
  3. ^ その後、2017年2月26日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』ではスピンオフ企画「サンシャイン斎藤選手権」が行われ、サンシャインJOY・サンシャイン亀田・サンシャイン遠藤・サンシャイン有村・サンシャインボビーの5人が参加した。
  4. ^ その後、2017年5月7日にも放送された。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』でもスピンオフ企画「リュウジ100%選手権」も行われ、マサユキ100%・ショウゾウ100%・マサヤ100%・シンジ100%の4人が参加した。
  5. ^ 放送直前の2016年12月11日に起こした不祥事(詳細は本人の記事を参照)から活動を一時自粛したため、登場シーンはほぼカットされている。ただし、内容や構図の関係でカットしきれないシーンもあったため、「本番組は2016年11月に収録されたものです」というテロップが添えられている。

出典[編集]

  1. ^ a b TVステーションダイヤモンド社、関東版2017年1号 93頁。
  2. ^ “今年の「ガキ使」年越しSPは「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!”. お笑いナタリー. (2016年11月16日). http://natalie.mu/owarai/news/209445 2016年11月16日閲覧。 
  3. ^ 「ガキ使」大みそかSP 7年連続で紅白裏民放トップ17・7%、Sponichi Annex、2017年1月2日
  4. ^ 斎藤工「賭けに出ました」“サンシャイン斎藤”を振り返る | 日刊大衆
  5. ^ 当初は、遠藤の元嫁である千秋が登場すると思い込んでいた。(特に浜田は「まぁ誰かわかるけど」とコメントするほどであった。)

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 笑ってはいけないシリーズ
前番組 番組名 次番組
絶対に笑ってはいけない
科学博士24時
(2016年)