絶対に笑ってはいけない温泉旅館一泊二日の旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

絶対笑ってはいけない温泉旅館一泊二日の旅』(ぜったいわらってはいけないおんせんりょかんいっぱくふつかのたび)は、2003年7月27日から8月17日まで日本テレビのバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」のレギュラー放送内で特別番組として放送された企画である。

概要[編集]

笑ってはいけないシリーズ」の通算1作目で、対決で負けたメンバーは罰ゲームの舞台で一泊二日過ごし、その間は笑うことを禁じられ、笑ってしまうとその場できつい罰が執行される。

2003年5月18日に放送された「史上空前4対1変則ボウリング対決」で敗れた松本人志山崎邦正ココリコ遠藤章造田中直樹)が罰ゲームに参加。

罰ゲームは、女将に扮したマネージャーの藤原寛により進行される。

対決に勝った浜田雅功は、罰ゲームの指揮者(笑わす側)として出演。

名前を呼ばれていない者が罰ゲームを受けたり、誰も笑っていないのに罰が執行される場面も存在する。

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
温泉旅館のメンバー
(セリフテロップの色)
お仕置きを受けた回数 第一印象
松本(赤 52回(タイキック、ビンタ1回) 尼崎の黒光りピータン
山崎(緑 39回(タイキック1回) 西宮の永遠のとっちゃん坊や
遠藤(橙 29回 四国が生んだM芸人
田中(水色 20回(タイキック1回) 豊中の若ハゲガッパ
藤原(紫 - -
  • 数字は罰を受けた回数、このうち一番多いのを赤字、少ないのを青字で示す。

舞台[編集]

山梨県東八代郡石和町(現笛吹市)にある石和温泉ホテル平安内でロケが行われた。

ルール[編集]

4人が温泉旅館の敷地をまたいだ時点で罰ゲームがスタート。判定方法は笑ってしまうとクイズの不正解BGM「デデ〜ン♪」が流れ、藤原の声「○○ アウト!」(旧音声)と、罰を受ける者がアナウンスされ罰が執行される。全員の場合は全員の名前が呼ばれテロップは「全員 OUT」が表示される。

笑った時の罰は旅館の仲居番頭により体を押さえつけられ、お尻に吹き矢を刺されるというものだった。現在とは異なり、執行者は覆面をしていない。

罰ゲームの流れ[編集]

  • 午後6:00 罰ゲーム開始
  • 午後7:00 入浴
  • 午後8:00 夕食
  • 午後10:00 アフリカ中央テレビの取材、浜田旅館到着、浜田提案罰ゲーム付ゲーム
  • 午後11:00 浜田提案罰ゲーム付ゲーム(罰ゲームサイコロ(ビンタ・タイキック))
  • 午前0:00 真夜中のライブショー
  • 午前2:00 モンゴル相撲(1人ずつ)
  • 午前3:00 旅館の庭園散歩
  • 午前4:00 藤原による絵本朗読→就寝
  • 午前7:00 起床
  • 午前9:00 罰ゲーム終了

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画構成:松本人志、浜田雅功
  • 構成:高須光聖安達元一、鈴木雅貴、竜泉、塩野智章、久保貴義、松林健、八代丈寛
  • ナレーター:柴田秀勝
  • 技術:日テレビデオ
  • TD/SW:林洋介
  • CAM:中込圭
  • MIX:木村宏志
  • VE:南雲長忠
  • 照明:KYORITZ
  • LD:山内圭
  • LO:三浦隆、大矢晃
  • モニター:杉山知浩(ジャパンテレビ
  • 美術:中原晃一・卜部亜喜(日テレアート
  • 大道具:入江豊
  • 小道具:小川洋一
  • 持ち道具:大原理恵
  • 衣裳:岡崎清美
  • スチール:岡田稔
  • 番組HP:茂呂享司・上岡幸子(4Cast.co.jp)
  • 電飾:原口まどか
  • 編集:森田誠・和田智昭(TDKビデオセンター
  • MA:日吉寛(TDKビデオセンター)
  • 音効:梅田堅(佳夢音
  • TK:前田淳子
  • スタイリスト:高堂のりこ、北田あつ子
  • メイク:牧瀬典子、興山洋子
  • 協力:吉本興業
  • 制作協力:Factオフィスぼくら
  • デスク:渡辺るみ子
  • アシスタントディレクター:岩崎行男、名嘉鎮士、藤松謙太郎
  • ディレクター:堤本幸男、大沼朗裕、小紫弘三、斎藤政憲、高橋敬治、田中竜登
  • プロデューサー:小林宏充、中村喜伸
  • 監修:柳岡秀一
  • 総合演出:斉藤敏豪、大友有一
  • プロデューサー・演出:菅賢治
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎
  • 総指揮:桜田和之
  • 製作著作:日本テレビ

脚注[編集]

笑ってはいけないシリーズ
前番組 番組名 次番組
-
絶対に笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅
(2003年)