JR SKISKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JR SKISKI(ジェイアール スキースキー)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が1991年から展開しているスキー旅行のキャンペーンである。CMの撮影は雪のある海外で行われる。

概要[編集]

1990年代[編集]

1990年、同年開業のガーラ湯沢スキー場への集客キャンペーンとして、最初の「JR ski ski」キャンペーンが開始されたが、その後自社路線沿線各地に点在するスキー場への旅行に対象を拡大し、各種ツアー等も設定した。

1995年度、イメージキャラクターに江角マキコを、CMソングにglobeを起用することを発表した。

1996年度、イメージキャラクターに青山恭子を、CMソングに好評のため引き続きglobeを起用することを発表した。

1999年度は「JR ski ski」のキャンペーン名は使わず、当時JR東日本が採用していた「TRAiNG」と掛け合わせた「SNOW TRAiNG」としてキャンペーンを行い、「JR ski ski」としてのキャンペーンは一時中断となった。

2000年代[編集]

2000年度冬季以降は大々的キャンペーンは行われなかったものの、シュプール号新幹線を利用した切符や旅行商品のPRは例年通り実施された。2004年度には日本航空全日空とのコラボレーションとして「JAPAN SNOW PROJECT」キャンペーンを実施している[1]

2006年度冬季に約8年ぶりに復活し、CM放映など大規模なキャンペーンが久々に行われた。(この年から現在の「JR SKISKI」表記となる) 翌2007年度はオリジナルキャラクターの「スノーウィー」を起用した小規模の展開にとどまり、再び中断となった。

2010年代[編集]

2011年度冬季に「PLAY SNOW! JR SKISKI」として4年ぶりの復活を果たすが、タレント起用やCM放映は行わず、Facebookとの連携を中心としたキャンペーンを組んだ。[2]また、不況やJRの合理化の方針もあり割引切符が類が相次いで廃止されており、スキー自体を重視した構成演出にされ新幹線を利用した切符や旅行商品のPRについては、これ以後行われていない。

2012年度、イメージキャラクターに本田翼を起用し、6年ぶりにCMが放映される[3]

2013年12月3日、2013年度イメージキャラクターに川口春奈を、CMソングにSEKAI NO OWARIを起用することを発表した[4]

2014年12月10日、2014年度イメージキャラクターに広瀬すずを、CMソングにback numberを起用することを発表した[5]

2015年11月26日、2015年度イメージキャラクターに山本舞香平祐奈を、CMソングにMAN WITH A MISSIONを起用することを発表した[6]

2016年12月1日、2016年度イメージキャラクターに桜井日奈子を、CMソングに[Alexandros]を起用することを発表した[7]

2017年12月5日、2017年度イメージキャラクターに原田知世三上博史を起用することを発表した。これは、JR東日本発足と両者が主演した映画『私をスキーに連れてって』の公開30周年を記念した特別企画で、CMソングには映画と同じ松任谷由実の「BLIZZARD」が使用される[8]

エピソード[編集]

  • 2013年のキャンペーン開始直前に、DJ LOVE(SEKAI NO OWARI)の顔のアップを使った「JR SKISKI」のポスターが掲示され話題となったが、実際にはSEKAI NO OWARIをCM曲に起用する、というティーザー広告であった。同様に、2015年にはMAN WITH A MISSIONのメンバーを起用したポスターが掲示された[9]
  • 2016年のキャンペーン開始直前には、ガリガリ君赤城乳業)のマスコットキャラクター・ガリ子ちゃんを起用したポスターが掲示され、キャンペーン期間中もガーラ湯沢スキー場などのスキー場でオリジナルパッケージのガリガリ君を配布するなどのコラボレーションを行う[10]
  • 2013年度は平成26年豪雪に伴い、甲府市などで例年の数倍にも上る雪が積もったためか、2月14日頃から数日間JR東日本公式サイトからこのキャンペーンの特設ページの表記がコメントアウトされていた。[要出典]

歴代コマーシャル使用曲[編集]

ZOOの「Choo Choo TRAIN」を始め、globeの歴代シングル売上NO.1である「DEPARTURES」の他、日本レコード大賞の受賞曲でもあるGLAYの「Winter,again」等のタイアップ曲が1990年代(CDバブル期)を代表するヒット曲となった。

シーズン 歌手名 曲名 キャッチコピー 出演
1991 - 1992 ZOO Choo Choo TRAIN 『雪男。雪女。』 ZOO
1992 - 1993 YA-YA-YA 『僕たちは、寒くない。』
1993 - 1994 Ding Dong Express 『冬眠しない動物たちへ。』
1994 - 1995 Angelic Dream 『いい冬にしよう』
1995 - 1996 globe DEPARTURES 『ラクに行こう。』 江角マキコ竹野内豊
1996 - 1997 Can't Stop Fallin' in Love 青山恭子田辺誠一
1997 - 1998 浜田雅功 春はまだか[11] 『じぶんの雪を見つけよう。』 浜田雅功
1998 - 1999 GLAY Winter,again 『愛に雪、恋を白。』 吉川ひなの
1999 - 2006
一時休止
2006 - 2007 木村カエラ Snowdome 『なんでもありでsnow』 木村カエラ
スノーウィー(オリジナルキャラクター)
2007 - 2012
一時休止
2012 - 2013 GReeeeN 雪の音 『青春は、純白だ。』 本田翼窪田正孝
2013 - 2014 SEKAI NO OWARI スノーマジックファンタジー 『ぜんぶ雪のせいだ。』 川口春奈柳俊太郎
2014 - 2015 back number ヒロイン 『答えは雪に聞け。』 広瀬すず村上虹郎宇治清高
2015 - 2016 MAN WITH A MISSION Memories 『そこに雪はあるか。』 山本舞香平祐奈北村匠海
2016 - 2017 [Alexandros] SNOW SOUND 『冬が胸に来た。』 桜井日奈子宮沢氷魚
2017 - 2018 松任谷由実 BLIZZARD 『私を新幹線でスキーに連れてって』
『いつもと違う冬も、いいもんだ。』
原田知世三上博史(声のみ)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JAPAN SNOW PROJECT 始動!”. 全日本空輸・日本航空・東日本旅客鉄道 (2004年11月26日). 2015年12月7日閲覧。
  2. ^ 「PLAY SNOW! JR SKI SKI」プロジェクト始動!! JR東日本は若者のスキー場体験を通じたスノーレジャー人口の拡大に取り組みます(2011年12月6日)
  3. ^ 「JR SKISKI」キャンペーン始動!JR東日本は若者のスノーレジャーブームを作り出します!(2012年12月12日)
  4. ^ 「JR SKISKI」キャンペーン始動!”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2013年12月12日). 2014年1月13日閲覧。
  5. ^ スキーシーズン到来!今年も「JR SKISKI」キャンペーンスタート!”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2014年12月10日). 2014年12月21日閲覧。
  6. ^ “2015-2016「JR SKISKI」キャンペーンスタート!日帰りスキー旅行商品は便利なオンラインで!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社, (2015年11月26日), http://www.jreast.co.jp/press/2015/20151118.pdf 2015年11月26日閲覧。 
  7. ^ “2016-2017「JR SKISKI」キャンペーンスタート!スキー旅行商品は便利なインターネットで!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社, (2016年12月1日), http://www.jreast.co.jp/press/2016/20161201.pdf 2016年12月1日閲覧。 
  8. ^ JR東日本発足30周年×「私をスキーに連れてって」公開30周年特別企画「JR SKISKI」キャンペーンを実施します。”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2017年12月5日). 2017年12月6日閲覧。
  9. ^ 2015年「JR SKISKI」オオカミ“マンウィズ”ポスターは前振り!? 「本命」女優を徹底分析”. T-SITEニュース (2015年11月20日). 2015年12月2日閲覧。
  10. ^ JR東日本、2016-2017「JR SKISKI」キャンペーンのヒロインは桜井日奈子さん” (2016年12月1日). 2016年12月30日閲覧。
  11. ^ 当初は『winter fall』(L'Arc〜en〜Ciel)の予定だったが、テレビ朝日が当時放送するドラマ『シカゴホープ2』とのタイアップ争奪戦に敗れ、この曲になったという。

外部リンク[編集]