Eve (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Eve
生誕 5月23日
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
職業 歌手
作詞家
作曲家
シンガーソングライター
ファッションデザイナー
担当楽器 ボーカル
ギター[1]
活動期間 2009年10月 -
レーベル harapeco records
2016年 - 2018年
トイズファクトリー
2019年 - )
事務所 キャラメルハニーパンケーキ[2]
共同作業者 Sou(歌手)
Numa(アレンジャー)
公式サイト Eve OFFICIAL SITE
著名使用楽器
初音ミク

Eve(いぶ[3]5月23日 - )は、日本シンガーソングライター2009年からインターネットを中心に活動。レーベルはトイズファクトリー

略歴[編集]

2009年10月ニコニコ動画で歌い手としての活動を開始[4]。その後、バンド「einie」に所属し[5]2012年から2013年にかけて活動した[6]2014年には、ボーカルユニット「Riot of Color」の結成にも参加している[7]

2014年、自主制作ミニアルバム「Wonder Word」を発表[8]2015年のセカンドアルバム「Round Robin」より自身でも作詞・作曲を手がけるようになり[9]2016年には初の全国流通盤「OFFICIAL NUMBER」を発表する[5][10]2016年12月には、ボーカロイド初音ミクを用いた楽曲「sister」を公開し[11]、EveはボカロPとしての顔も持つようになった。

2017年12月、アルバム「文化」に収録されたオリジナル曲がスマッシュヒットする。2019年6月現在、YouTubeにおけるミュージックビデオの視聴回数は、「ドラマツルギー」が3000万回、「お気に召すまま」「ナンセンス文学」がそれぞれ2000万回、「あの娘シークレット」「トーキョーゲットー」「ラストダンス」「僕らまだアンダーグラウンド」がそれぞれ1000万回を突破し、同アルバムはオリコンのインディーズチャート1位、iTunesでは2位を記録した[10]。なお、ニコニコ動画では、それぞれの曲目を初音ミクに歌唱させた動画も公開されている[12]

2019年には、アニメ『どろろ』の第2クールエンディングテーマを務めることになり、テレビアニメの主題歌としては初めての担当となる[13]

人物[編集]

  • 生年は明かしておらず、顔もライブ以外では見ることができない。
  • 音楽のほかファッションデザインも手がけており、ユニセックスブランド「harapeco」のプロデュース兼店長をしている[14]

ディスコグラフィ[編集]

最高位は、オリコンウィークリーチャートに基づく[15]

シングル[編集]

発売日 タイトル 備考
1st 2019年6月25日 闇夜 配信限定。iTunes、Spotifyほかで配信。

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格 収録曲
1st 2014年7月17日 Wonder Word Eve CD

フルアルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番 収録曲 最高位
2nd 2015年8月16日 Round Robin Eve 初回限定盤
通常版
3rd 2016年10月31日 OFFICIAL NUMBER harapeco records 初回限定盤 TEI-64 35位
通常版 TEI-65
4th 2017年12月13日 文化 harapeco records 初回限定盤 TEI-74 14位
通常版 TEI-75
5th 2019年2月6日 おとぎ トイズファクトリー 初回限定盤 TFCC-86664 6位
通常版 TFCC-86665

コラボアルバム[編集]

Eve×ゆりん

発売日 タイトル レーベル 規格 収録曲
1st 2014年12月30日 oyasumi CD

Eve×Sou

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番 収録曲
1st 2018年2月28日 さいはてレコーズ 初回生産限定盤 SNCL-10
通常盤 SNCL-11

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 時期 出典
アンビバレント オリジナルアニメ『メカウデ』主題歌 2018年 [16]
闇夜 テレビアニメ『どろろ』エンディングテーマ 2019年 [13][17]
レーゾンデートル 専門学校HAL CMソング [18]

楽曲提供[編集]

CD[編集]

  • 『それはきっと恋でした。』(キングレコード、2018年6月27日発売、KICS-93731)
  • 『V-enus』(NBCUniversal、2018年7月4日発売、GNCL-1300)
    • 浦島坂田船のアルバム。「スクールボーイ」を提供。 
  • 『深層から』(ユニバーサル ミュージック、2019年7月31日発売、TYCT-69156)
    • Souのアルバム。「グレイの海」を提供。
  • 『Ribing fossil』(FlyingDog、2019年9月18日発売、VTZL-159)
    • りぶのアルバム。「リア」を提供。

ゲーム[編集]

カバー[編集]

  • 『セカンドハート』(NBCUniversal、2018年3月21日発売、UICZ-4421)
    • 灯油のアルバム。「ドラマツルギー」を提供。
  • 『深層から』(ユニバーサル ミュージック、2019年7月31日発売、TYCT-69156)
    • Souのアルバム。「トーキョーゲットー」を提供。
  • 『Ribing fossil』(FlyingDog、2019年9月18日発売、VTZL-159)
    • りぶのアルバム。「ドラマツルギー」を提供。

ライブ[編集]

ワンマンライブ[編集]

公演年 公演名 公演日 会場
2016年 「キャラバンライブ」キャラバン イン トーキョー 12月23日 竹芝ニューピアホール
2017年 「キャラバンライブ」キャラバン イン オーサカ 1月7日 大阪MUSE
2018年 「お茶会」 3月23日 新宿ReNY

ワンマンツアー[編集]

公演年 公演名 公演日 会場
2018年 「メリエンダ」 8月5日 NAGOYA CLUB QUATTRO
8月11日 umeda TRAD
8月16日 TSUTAYA O-EAST
11月4日 新木場STUDIO COAST
2019年 「おとぎ」 3月25日 なんばHatch
3月28日 ダイアモンドホール
4月29日 Zepp DiverCity Tokyo
「胡乱な食卓」 12月24日 トークネットホール仙台
2020年 1月2日 Zepp Nagoya
1月3日 Zepp Namba
1月5日 JMSアステールプラザ
1月11日 東京国際フォーラム

その他出演[編集]

公演年 公演名 共演者 公演日 会場
2016年 Riot of Color SPECIAL 夏代孝明ゆりんKKkradnessS!N 11月5日 横須賀芸術劇場
2017年 なついぶ!
~こんなところでしてもいいんですかライブ~
夏代孝明、ゆりん、kain 2月12日 Zepp Tokyo
XYZ TOUR 2017 -DJ Style 2月18日 盛岡CHANGE WAVE
2月19日 仙台Rensa
3月4日 福岡DRUM LOGOS
3月5日 長崎DRUM Be-7
あらきnqrse、kradness、luz 3月29日 京都FANJ
i-STAR FESTIVAL 2017 3月27日 TSUTAYA O-WEST ほか
Stars on Planet 2017 7月17日 大宮ソニックシティ大ホール
ANIME FESTIVAL ASIA 夏代孝明、古谷徹加藤ひろあき ほか 8月19日・20日 Jakarta International Expo
インドネシア
上海CONNECT FES 2017 夏代孝明、96猫しゅーず 10月2日 万代南夢宮文化中心(中国
2018年 新春SP!お餅な僕たち
~あけおめ!ことよろ!新年の御挨拶を添えて~
天月-あまつき-、96猫、夏代孝明、佐香智久 1月4日 Zepp DiverCity TOKYO
1月27日 Zepp Osaka Bayside
1月28日 Zepp Nagoya
XYZ TOUR 2018 あらき、nqrse、un:cぴこ、luz 3月10日 香川festhalle
Eve×Sou ツーマンライブ「蒼」 Sou 5月5日 YOKOHAMA BAY HALL
8月29日 Zepp DiverCity TOKYO
サマーパーティ 2018
~ぼくらの家へようこそ!~
天月-あまつき-、Sou 7月20日 森のホール21
Stars on Planet – 星の王子さまにさよならを - あほの坂田。、96猫、そらる、夏代孝明 8月30日 東京国際フォーラムホールA
2019年 ひきフェス まふまふそらる天月-あまつき-
佐香智久うらたぬき志麻
センラ、あらき、un:c、
nqrse、luzSou
6月23日 埼玉メットライフドーム

出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌[編集]

  • 歌ってみたの本 September 2013 (2013年8月1日、KADOKAWA) ISBN 978-4047291232
  • ミレニアルズ January 2018 (2017年12月1日、KADOKAWA) ISBN 978-4047349131
  • ミレニアルズ May 2018 (2018年3月31日、KADOKAWA) ISBN 978-4047351059
  • ROCKIN'ON JAPAN 2019年1月号 (2018年11月30日、ロッキングオン)
  • ROCKIN'ON JAPAN 2019年7月号(2019年5月30日、ロッキングオン)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 杉山仁 (2018年11月16日). “Eveが2018年最後のライブで伝えた、これまでへの感謝とこれからへの強い気持ち”. Real Sound. blueprint. 2019年1月20日閲覧。
  2. ^ 株式会社インクス トゥエンター|アーティスト・作家・クリエイター・イラストレーター・声優のマネジメントカンパニー”. インクストゥエンター. 2019年6月20日閲覧。
  3. ^ Eve [@oO0Eve0Oo] (2018年4月14日). "ここ数ヶ月でフォローしてくれた人ありがとうー はじめましてEveです「いぶ 」と読みます。えゔぇさんもエヴァさんもイーブイイーさんも全部惜しい。でもなんかもう何でも良いような気もしてきたね宜しくね" (ツイート). Retrieved 2019年1月20日 – via Twitter.
  4. ^ Eve (2009年10月1日). TRAGIC BOY うたってみた。 (ニコニコ動画). http://www.nicovideo.jp/watch/sm8393285 ‪2019-01-26閲覧。 
  5. ^ a b Eve”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年1月29日閲覧。
  6. ^ Eve - ニコニコ動画ユーザーページ
  7. ^ ROC Official Site
  8. ^ DISCOGRAPHY”. Eve OFFICIAL SITE. 2019年1月29日閲覧。
  9. ^ Eve 2nd Album「Round Robin」クロスフェード”. YouTube (2015年8月11日). 2019年5月21日閲覧。
  10. ^ a b ふくりゅう (2018年10月18日). “Eveの快進撃を考察 ボカロ文化発の才能が日本のロックを更新する”. CINRA.NET. ‪2018-12-27閲覧。
  11. ^ Eve (2016年12月2日). sister / 初音ミク (ニコニコ動画). http://www.nicovideo.jp/watch/sm30152633 ‪2019-01-26閲覧。 
  12. ^ harapeco”. ニコニコ動画. 2018年12月30日閲覧。
  13. ^ a b Eve、新曲「闇夜」がTVアニメ『どろろ』エンディングテーマに決定”. SPICE (2019年3月25日). ‪2019-03-27閲覧。
  14. ^ harapeco商店 公式サイト
  15. ^ Eveの売上ランキング|ORICON NEWS
  16. ^ オリジナルアニメ『メカウデ』PV 主題歌 「アンビバレント/Eve」バージョン”. YouTube (2018年1月19日). ‪2019-03-27閲覧。
  17. ^ Eve、新曲「闇夜」がTVアニメ"どろろ"第2クールEDテーマに決定。楽曲使用したPVも公開”. Skream! (2019年3月25日). ‪2019-03-27閲覧。
  18. ^ Eve [@oO0Eve0Oo] (2019年3月28日). "『専門学校HAL』の新CMに新曲「レーゾンデートル」という楽曲を起用して頂きました。テレビから自分の歌が流れてくるのは不思議な感覚ですよろしく。 #夢に嚙みつけ" (ツイート). Retrieved 2019年3月28日 – via Twitter.
  19. ^ Eve、『SCHOOL OF LOCK!』にてレギュラーコーナー「Eve LOCKS!」スタート”. Real Sound (2019年3月27日). ‪2019-03-27閲覧。

注釈[編集]


外部リンク[編集]