JR水戸鉄道サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR水戸鉄道サービス株式会社
JR Mito Testudo Service Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
310-0021
茨城県水戸市南町3-4-57
水戸セントラルビル4階
設立 1976年2月28日(1946年事業開始)
業種 サービス業
法人番号 6050001002555 ウィキデータを編集
事業内容 駅舎・車両清掃、ビルメンテナンス
代表者 代表取締役社長 吉田 豊
資本金 1,000万円
発行済株式総数 18,621株
純利益 2767万2000円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 15億7611万7000円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 580名(2017年4月1日現在)
決算期 3月末
主要株主 東日本旅客鉄道株式会社 100%
テンプレートを表示

JR水戸鉄道サービス株式会社(JRみとてつどうサービス)は、茨城県水戸市に本社を置く、東日本旅客鉄道グループの会社の一つ。

主な事業[編集]

過去の事業

沿革[編集]

  • 2009年(平成21年)4月1日:グループ会社再編に伴い、旧水戸鉄道整備株式会社に旧水戸サービス開発の駅業務を中心とした部門が統合、JR水戸鉄道サービス株式会社となる。
  • 2011年(平成22年)3月31日:日立駅橋上化に伴い、海岸口が廃止。そのために日立駅海岸口の受託解除。
  • 2011年(平成23年)8月31日:水戸駅お客様相談室受託解除(お客様相談室廃止のため)。
  • 2012年(平成24年)3月31日:水戸駅ビル、エクセルみなみの受託解除。
  • 2012年(平成24年)4月1日:勿来駅の駅業務受託開始。
  • 2012年(平成24年)10月1日:JR勝田車両センター・水郡線営業所・土浦運輸区・水戸運輸区において構内運転業務、仕業検査業務、信号業務、資材関係業務の受託開始。
  • 2012年(平成24年)12月25日:JR東日本の100%出資の子会社となる。
  • 2013年(平成25年)4月1日:内原駅、植田駅の業務受託開始。
  • 2013年(平成25年)7月1日:佐和駅、十王駅の業務受託開始。
  • 2014年(平成26年)4月1日:岩瀬駅、常陸大宮駅の業務受託開始。
  • 2014年(平成26年)6月1日:竜田駅の業務受託開始。
  • 2014年(平成26年)7月1日:磯原駅の業務受託開始。
  • 2015年(平成27年)3月13日:常磐線特急の新着席サービス開始に伴い、水戸駅の特別改札廃止により受託解除。
  • 2015年(平成27年)4月1日:赤塚駅、東海駅、大甕駅、結城駅、笠間駅の業務受託開始。エクセルみなみの再受託。
  • 2015年(平成27年)7月1日:JR東日本グループ事業の再編により、駅業務がJR東日本ステーションサービスへ移管。

不祥事[編集]

  • 2017年(平成29年):社内、土浦事業所の女性事務員が他従業員を脅迫し、被害者が精神疾患になるという事件が発生。しかし、証拠が無かったため、加害者は加害行為を認めなかった。被害者は加害者を非難、抗議していたため、会社は被害者を処分するという間違った判断をする。
  • 2019年(令和元年)12月:過去に脊椎側彎症の手術歴があり、医師が重労働は不可能、元々、事務職だった従業員に重労働をさせるべきでは無いと診断された従業員に対し、肉体労働を強要、重度の病気を負わせるという不祥事が発生。労働局、弁護士は違法行為(安全配慮義務違反)として認めたが、会社から被害者には一切、お詫びがされていない。お詫びをするところか、違法行為を指摘した被害者を解雇、退職金未支給という扱いをし、抗議し続けていた被害者を返り討ちに訴えるという卑劣な行為が行われた。のちに、「JR水戸鉄道サービスの悪質違法行為を命を守るため全世界に広める会」が発足され、会よりJR水戸鉄道サービス会社の親会社、東日本旅客鉄道株式会社のコンプライアンス窓口へ違法行為に対するお詫び等を求めるが、JR水戸鉄道サービスはコンプライアンス窓口にそのような事実は無いと虚偽の報告を行った模様。引き続ぎ、会により、真実を認めさせるための闘いが行われている。[2]

事業所[編集]

  • 本社
  • 水戸事業所
  • 水戸駅事業所(平成27年6月30日で駅業務部門、JR東日本ステーションサービスへ移管のため閉鎖。)
  • 勝田事業所
  • 土浦事業所
  • いわき事業所
  • いわき駅事業所(平成27年6月30日で駅業務部門、JR東日本ステーションサービスへ移管のため閉鎖。)
  • 常陸大子事業所

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]