常陸大宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
常陸大宮駅
駅舎(2007年10月)
駅舎(2007年10月)
ひたちおおみや
Hitachi-Ōmiya
(5.3km)
(5.4km) 玉川村
所在地 茨城県常陸大宮市南町966
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 水郡線
キロ程 23.4km(水戸起点)
電報略号 ヒオ←ヒヲ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
943人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1918年大正7年)10月23日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

常陸大宮駅(ひたちおおみやえき)は、茨城県常陸大宮市南町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)水郡線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅

常陸大子駅が管理し、JR東日本ステーションサービスが受託する業務委託駅である。

互いのホームは構内踏切で連絡している。水戸駅から当駅までの折り返し列車も設定されている。

2006年3月7日に導入された「もしもし券売機Kaeruくん」は、2012年(平成24年)2月16日をもって営業を終了し、代わりに指定券券売機が導入された。なお、みどりの窓口は「もしもし券売機Kaeruくん」導入時に閉鎖されている。2014年4月1日より当駅でもSuicaの一部サービスを利用できるようになり、簡易Suica改札機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 水郡線 上り 上菅谷水戸方面
下り 常陸大子郡山方面
  • 1番線が上り本線、2番線が下り本線であるが、上下列車とも大半が駅舎側の1番線を使用する。夜間留置も設定されている。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は943人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,163 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,158 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,124 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,103 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,128 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,160 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,164 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,140 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,145 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,115 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,057 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 979 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,044 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,069 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 976 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 942 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 937 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 943 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 大宮駅前バス停
    • 茨城交通
      • 市内循環線(大宮駅前→イオン常陸大宮店→常陸大宮市役所→大宮駅前)
      • 市内循環線(大宮駅前→道の駅かわプラザ→常陸大宮市役所→イオン常陸大宮店→大宮駅前)
      • 市内循環線(大宮駅前→イオン常陸大宮店→常陸大宮市役所→道の駅かわプラザ→大宮駅前)
      • 市内循環線(大宮駅前→常陸大宮済生会病院→常陸大宮市役所→イオン常陸大宮店→大宮駅前)
      • 二中入口・北西看護学校経由 小場公民館
      • 国長経由 上小瀬
      • 国長・上小瀬経由 境橋
      • 済生会病院・長沢経由 高部車庫
      • 済生会病院・白谷経由 高部車庫
      • 大宮高・済生会病院経由 大宮営業所
      • 北三丁目経由 大宮営業所
    • 常陸大宮市市民バス
  • 大宮駅口バス停

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
水郡線
静駅 - *常陸村田駅 - 常陸大宮駅 - 玉川村駅
*打消線は廃駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ Suica の一部サービスをご利用いただける駅が増えます - 東日本旅客鉄道株式会社、2013年11月29日
  2. ^ 放射線育種場ホームページへようこそ!”. 農研機構. 2019年2月18日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]