埼玉新都市交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
埼玉新都市交通株式会社
Saitama New Urban Transit Co., Ltd.
Saitama New Urban Transit Logomark.svg
本社(2009年撮影)
伊奈線と新幹線の高架下にある旧本社屋。現在は同一番地内の新社屋へ移転。
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SSK
本社所在地 日本の旗 日本
362-0806
埼玉県北足立郡伊奈町小室288
北緯35度58分47.32秒 東経139度37分30.42秒 / 北緯35.9798111度 東経139.6251167度 / 35.9798111; 139.6251167座標: 北緯35度58分47.32秒 東経139度37分30.42秒 / 北緯35.9798111度 東経139.6251167度 / 35.9798111; 139.6251167
設立 1980年昭和55年)4月1日
業種 陸運業
法人番号 5030001042348
事業内容 旅客鉄道事業、物品販売業、駐車場の経営
代表者 代表取締役社長 山根 昌也
資本金 20億円
発行済株式総数 20万株(額面全額1万円)
売上高 35億6百万円(2018年3月期)[1]
営業利益 4億53百万円(2018年3月期)[1]
経常利益 4億78百万円(2018年3月期)[1]
純利益 3億30百万円(2018年3月期)[1]
純資産 38億62百万円
(2018年3月31日時点)[1]
総資産 54億99百万円
(2018年3月31日時点)[1]
従業員数 132人(2018年6月19日現在)
決算期 3月31日
主要株主 埼玉県 35%
東日本旅客鉄道 35%
東武鉄道 5%
(ほか#株主構成を参照)
外部リンク www.new-shuttle.jp/
テンプレートを表示

埼玉新都市交通株式会社(さいたましんとしこうつう)は、AGT新交通システム伊奈線を運営する埼玉県東日本旅客鉄道(JR東日本)などが出資する第三セクター鉄道会社である。本社所在地は埼玉県北足立郡伊奈町大字小室288。

概要[編集]

ゴムタイヤ式AGT新交通システム)の伊奈線(愛称:ニューシャトル)の保有・運営のほか、付帯事業として各駅に設置されている駅売店の運営と東北上越新幹線の高架下の駐車場・店舗敷地の賃貸運営を行っている。本社は丸山駅前の高架沿いにあり、丸山車両基地も同敷地にある。

経営支援[編集]

伊奈線は1983年の開業以来、沿線人口の少なさから利用は伸び悩み、赤字路線であった。出資する埼玉県とJR東日本、大宮市、上尾市、伊奈町は、1987年より経営健全化支援を開始し、車両購入費や駅施設使用料の軽減を行ってきた。援助した車両は、4両編成の6両化のために12両、及び新車6両編成12本で、およそ32億8000万円である。

2014年に累積損失を解消したことから、自治体による車両購入費援助を2016年に終了した。駅施設への支援は、市町により継続される。

株主構成[編集]

大株主は埼玉県およびJR東日本グループ(東日本旅客鉄道と完全子会社のルミネ・鉄道会館・JR東日本テクノロジー)であり、その他の沿線自治体や沿線に支店を置く銀行・信用金庫、大宮駅に野田線が接続し、開業前まで沿線(原市周辺)にバス路線を複数運行していた東武鉄道が出資している。

歴史[編集]

東北上越新幹線の建設に伴い両新幹線の分岐点が設けられる伊奈町では、町域が3つに分断されるとして、新幹線建設反対運動が起こった。そこで、当時の町長であった加藤操の尽力により、地域住民(旧大宮市上尾市・伊奈町)への見返りとして、都市鉄道を建設することとなった。

同じく建設反対を訴えた戸田市・旧浦和市・旧与野市住民への見返りとしては通勤新線の埼京線を建設したが、伊奈線沿線には普通の鉄道を建設する程の需要はないと判断し、中量輸送機関として当時各地で建設されていた新交通システムAGTを導入した。

年表[編集]

  • 1978年昭和53年)11月10日 - 埼玉県・大宮市・上尾市・伊奈町と、日本国有鉄道日本鉄道建設公団の間で、新交通システム (AGT) の建設と、第三セクターが運営することで合意。
  • 1980年(昭和55年)4月1日 - 設立。資本金5億円。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 資本金を10億円に増資。
  • 1983年(昭和58年)
    • 11月 - 資本金を20億円に増資。
    • 12月22日 - 伊奈線大宮 - 羽貫間が開業。
  • 1987年(昭和62年) - 埼玉県と大宮市、上尾市、伊奈町、JR東日本による経営健全化支援を開始。車両購入費援助や駅施設への支援を実施。
  • 1990年平成2年)8月2日 - 伊奈線羽貫 - 内宿間が開業、全線開通。
  • 1998年(平成10年)5月1日 - 内宿駅駐車場の駐車料金と乗車券をセットにした「マイカーパス」発売。
  • 2007年(平成19年)3月18日 - Suicaが利用可能となる(PASMOICOCAと相互利用可能。以後相互利用可能となったカードは「Suica」を参照)。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - ICカード定期券を導入。JR東日本・東武鉄道と連絡運輸開始。
  • 2013年(平成25年)7月1日 - 伊奈線開業以来初となる駅メロを導入。曲は『銀河鉄道999』。
  • 2016年(平成28年) - 累積損失を解消したことから、自治体による車両購入費援助を終了。駅施設への支援は継続。

路線[編集]

  • 伊奈線(ニューシャトル) 大宮駅 - 内宿駅 12.7km

保有車両[編集]

現有車両[編集]

1050系[編集]

編成:Mc1150 - M'1250 - M1350 - M'1450 - M1550 - Mc1650

川崎重工業製で、6両編成が4本所属する(50 - 53編成)。50編成は1990年の羽貫 - 内宿間の全線開通用に新製された。増発のため、1994年に51編成、1998年に52編成、1999年に53編成が投入された。

引退した1010系のモデルチェンジタイプで、車両性能も同じであるが、運転席にパノラミックウィンドウを採用して、前面形状が大きく変更された。内装も木目調となり、冷房機器は小型化されて天井に設置した事で、車端に置いていた1010系より定員が増加し、貫通路も拡大した。ただし、50編成は先頭車のMc1150とMc1650に冷房装置が1台しか搭載されていないため、弱冷房車となっている。51編成以降は、冷房装置が他の車両と同様に2台搭載となったため、先頭車の形式はMc1151とMc1651にそれぞれ変更されている。

前面に字幕式の行先表示器を設置しているが、2013年4月頃より使用を停止し、1010系と同様に方向板を装備している。行先表示器には「ニューシャトル」と表示されている。また53編成は現行塗装が施された際に、行先表示窓が埋められた。

52・53編成は冬季に除雪装置を取り付ける事ができる(それ以外の時季は取り外して丸山車両基地で保管されている)。本系列のスカートは、除雪装置の取り付けの関係上、除雪装置使用時期は鋭角型スカート(車体マウント)、その他の時期では半円型スカート(台車マウント)を装着している。

導入当初は1000系と異なり、白い車体に赤い細帯と窓周りはダークレッドの塗装で登場し[2]、後に黄色い車体と黄緑帯に更新されたものの、現在はすべての編成が異なる塗装となっている。

  • 50編成は、鉄道博物館が開業した2007年10月から青地と白帯に変更された。
  • 51編成は、鉄道博物館の開館1周年を記念して、2008年9月19日から赤地と白帯に変更された。
  • 52編成は、2013年7月8日から新幹線200系の登場時カラーであるクリーム色の車体に緑帯のツートンカラーとなっている。
  • 53編成は、2013年11月より開業30周年を記念して開業当時の1000系が纏った白い車体に赤い帯のツートンカラーに変更された。

2000系[編集]

沿線の鉄道博物館開館に伴う輸送力の増強並びに1010系・1050系の老朽化対策として、2007年から2014年にかけて6両編成7本の合計42両が導入された。

2020系[編集]

1983年の開業以来使用している1000系3編成の取替えを目的に、2015年から2016年にかけて3編成が導入された[3][4]

過去の車両[編集]

1010系[編集]

1010系(2007年3月26日、丸山車両基地)

編成:Mc1110 - M'1210 - M1310 - M'1410 - M1510 - Mc1610

1010系は、埼玉新都市交通が開業時に導入した車両である。

川崎重工業新潟鐵工所製で、6両編成が9本導入(当時01 - 09編成、リニューアル後11 -19編成 )され、1983年の開業より運用した。開業当初の車番は1000系で、4両編成を組んでいた。

車体は、日本のAGTの標準とされた、1両あたり長さ8メートル・2軸4輪で、制御方式はサイリスタ位相制御を採用しており、ブレーキ装置は回生ブレーキ併用の電気指令式空気ブレーキを装備している。側面中央両側に両開きのドアを一組備える。車内はロングシート、冷房機器は床置きで車端に配置された。 前面の行先表示は方向板を使用した。

車輪は当初、パンクの心配がないウレタン充填ゴムタイヤ(空気ではなく、発泡性ウレタンを入れたタイヤ。ノーパンクタイヤ)を採用したが、乗り心地が悪かったため、1990年までに全て、窒素封入の空気タイヤに交換した。この空気タイヤは内部に金属製の中子があり、パンクしても中子で車体を支えて走行できるようにした。

1986年から1992年にかけて、中間車ユニットを組み込み、順次6両編成に増強されたが、1992年に7 - 9編成に組み込まれた3・4号車は、1990年より導入された1050系と同型として新製されたため、当該車両の形式はM1350 - M'1450となっている。1050系の規格に合わせたため、車両の内装や貫通路の幅が異なっていることが車内から確認できた。 1998年から2001年にかけてリニューアル工事が行われた。車体の補修、室内の化粧版の一部を木目調に変更、座席の改善による定員の増加、貫通路の幅の拡大、冷房装置を小型化して床置き式から天井式に変更、走行関係装置の更新が行われ、車番は1010系となった。開業以来、白い車体に赤い帯の塗装だったが、黄色の車体に黄緑色の帯に変更された。なお、1050系タイプの中間車はリニューアルの対象外とされた。

開業から30年を経過して老朽化が進み、バリアフリー化も行われていないため、2000系および2020系によって順次更新されて廃車が進み、2016年6月26日のラストラン団体専用列車を最後に営業運転を終了した[5][6]。丸山車両基地に最後まで配置されていた17編成は2017年度中に廃車されることが決まり、2017年11月の「丸山車両基地まつり」で最後の展示後[7]、2018年2月26から28日の間に陸送された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 第38期決算公告、2018年(平成30年)6月20日付「官報」(号外第133号)59頁。
  2. ^ 埼玉新都市交通1050系新交通車両 - 川崎重工 車両カンパニー
  3. ^ 2020系新型電車試乗会の募集 (PDF) - 埼玉新都市交通、2015年10月2日
  4. ^ ニューシャトル2020系23編成が営業運転を開始 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2016年6月28日
  5. ^ ありがとう、さようなら1000系イベントを実施します! - 埼玉新都市交通、2016年5月18日
  6. ^ ニューシャトルで1000系の「さようなら運転」 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2016年6月19日
  7. ^ 埼玉新都市交通で『丸山車両基地まつり』開催 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2017年11月14日

外部リンク[編集]