JR東日本川崎火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR東日本川崎火力発電所
JR東日本川崎火力発電所(大川町側)
JR東日本川崎火力発電所の位置(神奈川県内)
JR東日本川崎火力発電所
神奈川県におけるJR東日本川崎火力発電所の位置
正式名称 東日本旅客鉄道株式会社川崎火力発電所
日本の旗 日本
所在地 神奈川県川崎市川崎区扇町8-3
座標 北緯35度29分56.9秒 東経139度43分7.5秒 / 北緯35.499139度 東経139.718750度 / 35.499139; 139.718750 (JR東日本川崎火力発電所)座標: 北緯35度29分56.9秒 東経139度43分7.5秒 / 北緯35.499139度 東経139.718750度 / 35.499139; 139.718750 (JR東日本川崎火力発電所)
現況 運転中
運転開始 1号機:1981年
2号機:1993年6月26日
3号機:1999年3月27日
4号機:2014年4月14日
事業主体 東日本旅客鉄道
発電所
主要動力源 1号機:灯油
2号機:都市ガス
3号機:LNG
4号機:LNG
発電機数 4基
熱効率 1号機:39.0%
2号機:44.4%
3号機:46.4%
4号機:%
コンバインド
サイクル発電
1~4号機:CC方式採用
発電量
定格出力 総出力:74.06万kW
  1号機:14.42万kW
  2号機:18.74万kW
  3号機:19.84万kW
  4号機:21.06万kW
2015年4月1日現在
テンプレートを表示

川崎火力発電所(かわさきかりょくはつでんしょ)は神奈川県川崎市川崎区扇町8番3号にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の火力発電所

概要[編集]

鉄道省時代の1930年に運用を開始した発電所である。それ以前は、大正時代より矢口発電所赤羽火力発電所という2つの発電所が運用されていたが、東京近郊のいわゆる国電区間の電化の際に、電力の安定供給を目的として当発電所が建設されたものである。日本国有鉄道(国鉄)からJR東日本に引き継がれている。

信濃川発電所と合わせると、首都圏のJR東日本で使用する電力の9割(JR東日本全社でみても6割)をまかなっているほか、子会社のジェイアール東日本ビルディングの建物などにも供給されている。また、国鉄時代から東海道新幹線(現JR東海)、マルス(現JRシステム)、鉄道総合技術研究所(JR総研)に供給されており、それぞれが別会社になった今も供給されている。

2009年には信濃川発電所が水利権に関わる不祥事で操業停止になることから、JR東日本は当発電所をフル稼働させ、不足分を東京電力より購入していた。また、当該発電所は年平均14回程度故障しており、最悪のケースでは電力不足が懸念されていた。なお、2010年6月10日より信濃川発電所の稼動が再開されている。

発電設備[編集]

  • 総出力:74.06万kW(2015年現在)
1号機(2015年7月より長期計画停止)
発電方式:コンバインドサイクル発電方式(ガスタービン・蒸気タービン別軸構成)
定格出力:14.42万kW
 ガスタービン:10万kW × 1軸
 蒸気タービン: 4.42万kW × 1軸
使用燃料:灯油
熱効率:39.0%
営業運転開始:1981年
2号機
発電方式:コンバインドサイクル発電方式
定格出力:18.74万kW
 ガスタービン:12.67万kW × 1軸
 蒸気タービン: 6.07万kW × 1軸
使用燃料:都市ガス
熱効率:44.4%
営業運転開始:1993年6月26日
3号機
発電方式:コンバインドサイクル発電方式
定格出力:19.84万kW
 ガスタービン:13.43万kW × 1軸
 蒸気タービン: 6.41万kW × 1軸
使用燃料:LNG(2006年5月に灯油から変更)
熱効率:46.4%[1]
営業運転開始:1999年3月27日
4号機
発電方式:コンバインドサイクル発電方式
定格出力:21.06万kW
 ガスタービン:14.05万kW × 1軸
 蒸気タービン: 7.01万kW × 1軸
使用燃料:LNG
営業運転開始:2014年4月14日[2]

計画中の発電設備[編集]

川崎発電所リプレース計画(更新及び増設)

JR東日本では、老朽化した既設1号機および既設4号機を廃止し、LNGを燃料としたコンバインドサイクル発電設備を3基設置する計画を発表[3]。2014年に4号機のリプレースが完了し、2015年時点で新1号機が建設中である[4]

新1号機(建設中)
発電方式:コンバインドサイクル発電方式
定格出力:21.06万kW
 ガスタービン:14.05万kW × 1軸
 蒸気タービン: 7.01万kW × 1軸
使用燃料:LNG
工事開始:2016年4月予定
営業運転開始:2021年予定[5]
5号機(計画中)
発電方式:コンバインドサイクル発電方式
定格出力:21.06万kW
 ガスタービン:14.05万kW × 1軸
 蒸気タービン: 7.01万kW × 1軸
使用燃料:LNG
工事開始:2017年1月予定
営業運転開始:2020年2月予定

廃止された発電設備[編集]

(旧)1号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
使用燃料:重油
廃止時期:1981年
(旧)2号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
使用燃料:重油
廃止時期:1993年
(旧)3号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
使用燃料:重油
廃止時期:1999年
(旧)4号機(廃止)
発電方式:汽力発電方式
定格出力:12.5万kW
使用燃料:重油
熱効率:36.3%
営業運転期間: 1973年10月 - 2014年

沿革[編集]

  • 1930年 - (旧)1~3号機が運転開始、当初は石炭焚きの汽力発電方式を採用していた。
  • 1958年 - 重油燃焼方式への移行が順次行なわれ、発電プラント1基あたりの性能向上を図った。
  • 1965年6月26日 - 発電所の石炭灰を処理した川崎市高津区久末字大谷(おおやと)の崖が梅雨の長雨で灰津波となり13戸を押し流して24名の犠牲者を出す(灰津波事件)。
  • 1973年10月 - (旧)4号機が運転開始。4基体制となった。
  • 1981年 - (旧)1号機を廃止、ガスタービン蒸気タービンを組み合わせたコンバインドサイクル発電方式を採用した(新)1号機を建設する設備更新が始まる。以降、他の号機も更新を計画。
  • 1993年6月26日 - (新)2号機が営業運転開始[2]
  • 1999年3月27日 - (新)3号機が営業運転開始[6]
  • 2003年10月 - (新)4号機の建設計画に着手。
  • 2006年6月14日 - 3号機の使用燃料を重油から天然ガスへ変更[1]
  • 2010年10月 - (新)4号機着工。
  • 2014年4月14日 - (新)4号機が営業運転開始[2]

アクセス[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]