Choo Choo TRAIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Choo Choo TRAIN
ZOOシングル
初出アルバム『Present Pleasure
B面 after care
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル FORLIFE
作詞・作曲 佐藤ありす中西圭三
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1992年度年間12位(オリコン)
ZOO シングル 年表
Native
(1991年)
Choo Choo TRAIN
(1991年)
Gorgeous
(1992年)
テンプレートを表示

Choo Choo TRAIN」(チュー チュー トレイン)は日本の音楽グループ、ZOOの4枚目のシングルCD、及び楽曲。1991年11月7日フォーライフレコードよりリリースされた。

概要[編集]

1991年11月7日にリリースされた、ZOOの4枚目のシングル。オリコンチャート最高位3位、約105万枚の売上を記録。メインボーカルはSATSUKIで、コーラスに中西圭三が参加している。

JR東日本JR Ski Ski」(1991-1992)のCMソングに、1991年10月より起用された。以降、'94-'95シーズンまでの4年間、ZOOの楽曲が採用された。

タイトルにある「Choo Choo」(チュー チュー)とは、英語蒸気機関車の音を表現する擬音、または蒸気機関車そのものを指す幼児語(つまり、汽車ぽっぽ)である。JR東日本側よりこの言葉を歌詞に使った楽曲製作の依頼を中西圭三が請け負い、イントロには小西貴雄の提案によりD.Trainの楽曲「Keep On」をサンプリングされている[1][2]

収録曲[編集]

全曲 作詞:佐藤ありす、編曲:岩崎文紀

  1. Choo Choo Train
    作曲:中西圭三
  2. after care
    作曲:岩崎文紀

Choo Choo TRAIN Dance[編集]

Choo Choo TRAIN Dance (front) 2014-12-04.gif
Choo Choo TRAIN Dance (up) 2014-12-04.gif

イントロにサンプリングされている楽曲「Keep On」のフレーズが流れている間における、数名が一直線上に並び、身体をグルグル回すダンスはよくパロディされることが多い。主な例として、「羞恥心」(羞恥心)の振り付け、「マハラジャスーパースター」(大田クルー温水洋一)のPVやドコモダケ金鳥『コンバット』のCM、ゲーム『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の技「バックダンサー呼び」、特撮テレビドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』の決めポーズ[3]など。

なお、当ダンスはZOO版は正面から見て時計回りだが、のちにカバーしたEXILE版は反時計回りである。

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Choo Choo TRAIN/ZOO(広島FM 食卓のON楽)
  2. ^ Choo Choo Trainのイントロの歌詞(something happened)
  3. ^ 『OFFICIAL PERFECT BOOK TOQGER ETERNAL MEMORIES 烈車戦隊トッキュウジャー 公式完全読本』 ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、東京、2015年6月20日、第1版、pp.82、91。ISBN 978-4-7986-1031-3