ayu ready?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ayu ready?
REAL MUSIC REPUBLIC
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜 23:30 - 24:00(30分)
放送期間 2002年10月12日 - 2004年3月20日(74回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 小野里稔(イースト)
演出 城野智則(フジテレビ)
上川伸廣(イースト)
プロデューサー きくち伸(イースト)
座間隆司(イースト)
出演者 浜崎あゆみ
北陽
音声 ステレオ放送
外部リンク ayu ready?
テンプレートを表示

ayu ready?』(アユレディ)は、フジテレビ系列局ほかで放送されていたフジテレビ製作のバラエティ番組トーク番組音楽番組)である。全74回。フジテレビ系列局では2002年10月12日から2004年3月20日まで、毎週土曜 23:30 - 24:00 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

浜崎あゆみが総合司会を務めた深夜番組で、彼女が番組に訪れたゲストとトークをしたり、生バンドによるライブセッションを行ったりしていた。番組タイトルは、番組表上では「ayu ready?」とだけ表記されていたが、実際のタイトルロゴには「REAL MUSIC REPUBLIC」のサブタイトルが添えられていた。

番組は2003年7月1日から8月31日までの間、神奈川県鵠沼海岸海の家「RAINBOW HOUSE」をオープンした。ここで同年7月5日から8月30日放送分までの公開収録を行い、連日2000人以上のファンが訪れて賑わった。

前番組『やしがにのウインク』までは松下電器産業(現・パナソニック)の一社提供だったが、この番組で松下電器とLIONP&Gによる複数社提供へ移行した。さらに松下電器は、2003年10月4日放送分(第51回)をもってスポンサーを降板した。番組自体も同年10月11日放送分(第52回)をもってリニューアルし、北陽がレギュラーメンバーに加わった。北陽がレギュラーになったのには、浜崎のトークがあまりにお粗末だったため、収録が成り立たないことがたびたびあったからだという説がある[誰によって?][要出典]。実際、北陽出演以前の浜崎のトークに関しては、和田アキ子などから厳しく突っ込まれていた。

クロスネット局のテレビ大分では毎週土曜 23:00 - 23:30[1]に、テレビ宮崎では毎週土曜 24:50 - 25:20[2]に放送されていた。また、系列外の青森テレビ山梨放送山口朝日放送四国放送でも放送されていた。

ゲスト出演者(順不同)[編集]

以下のうち、太字強調した人物は2回番組に出演。

ミュージシャン[編集]


お笑い芸人[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーション:やまだひさし
  • 企画:小野里稔(イースト)[3]
  • プロデューサー:きくち伸(フジテレビ)、座間隆司(イースト)[3]
  • 演出:城野智則(フジテレビ)、上川伸廣(イースト)[3]
  • ディレクター:高橋伸彰、手塚公一、佐久間大介、藤保修一(イースト)[3]、宮野敏一
  • 構成:小原信治、やみ、そーたに、津曲裕之
  • 音楽監修:富田恭通
  • 編成:志方聡
  • 広報:清野真紀
  • 技術プロデューサー:高瀬義美
  • SW:小林光行
  • カメラ:遠山康之
  • VE:宮本学
  • 音声:高橋幸則
  • 照明:四分一 浩
  • 美術プロデューサー:本田邦宏
  • 美術進行:堀部信行
  • 大道具:永冨育浩
  • アートフレーム:上山馨
  • 装飾:藤間俊昭
  • 視覚効果:坂井郁美
  • 電飾:斉藤誠二
  • アクリル装飾:永山淳
  • 植木装飾:後藤建
  • PA:村田健司(ヒビノ)
  • VTR編集:安齋勝広、涌井真史
  • MA:石川英男
  • TK:山口奈保美
  • 音響効果:川端智之、中村由紀
  • CG:松本幸也(orb)
  • フードコーディネーター:舘野鏡子
  • メイク:黒田啓蔵
  • スタイリスト:鈴江英夫
  • ネイル:三浦加納子
  • 衣裳デザイナー:野田明(ワーカホリック)
  • 技術協力:ニユーテレスFLT麻布プラザ(初期)、ビーグル(中期以降)、IMAGICA(中期以降)、メディアハウス(初期)、4-Legs(中期以降)、ヒビノ、エイケイ
  • 美術協力:フジアール
  • 企画協力:アクシヴ(エイベックス・ヴァンガード
  • 協力:MAX松浦
  • 制作:フジテレビ制作2部(音組)&イースト(イースト・エンタテインメント[4]

コーナー[編集]

あゆのおもてなし
毎回ゲストがリクエストする料理を浜崎が出してもてなしていたコーナー。北陽がレギュラーに加わるまではこの企画がメインだった。
あゆクッキータイム
2002年11月30日放送分(第8回)から実施。フォーチュン・クッキーの中に入っている質問にゲストが答えていくというもので、軽い質問からプライベートについての質問までいろいろあった。2003年8月16日に放送されたa-nation名古屋スペシャルの回(第44回)では「あゆシャチホコタイム」と題して行われた。
北陽タイム
末期に行われていたコーナーで、北陽がゲストのプライベートを暴いていた。心理テストを行う回もあった。

脚注[編集]

  1. ^ TOSテレビ大分週間番組表”. テレビ大分. 2003年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月12日閲覧。
  2. ^ UMK WEB SITE <週間番組表>”. テレビ宮崎. 2004年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月12日閲覧。
  3. ^ a b c d ayu ready?”. フジテレビ. 2003年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月12日閲覧。
  4. ^ ayu ready?”. フジテレビ. 2004年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

フジテレビ系列 土曜23:30枠
前番組 番組名 次番組
やしがにのウインク
(2002年4月13日 - 2002年9月28日)
ayu ready?
(2002年10月12日 - 2004年3月20日)
僕らの音楽 Our Music
(2004年4月3日 - 2005年3月26日)