Music&Entertainment ガチカメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Music&Entertainment ガチカメ
ジャンル 音楽番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
音声 ステレオ放送
Music&Entertainment ガチカメ7
放送時間 毎週火曜 24:59 - 25:29
(毎週水曜 0:59 - 1:29)(30分)
放送期間 2009年4月7日 - 2010年9月28日
プロデューサー 上田雅也
太田匡隆
吉川秀和(CP
長江信一(CP)
出演者 小籔千豊
中山功太
ジャルジャル
武田航平
ポール
宇都宮まき(2009年10月 - )
林マオ(読売テレビアナウンサー、2009年10月 - )
廣田遥( - 2009年9月)
虎谷温子(読売テレビアナウンサー、 - 2009年9月)
Music&Entertainment ガチカメ
放送時間 毎週火曜 24:59 - 25:29
(毎週水曜 0:59 - 1:29)(30分)
放送期間 2010年10月25日 - 2011年3月29日
プロデューサー 山本陽
田中壽一(CP)
出演者 宇都宮まき
外部リンク 公式サイト

特記事項:
25:34まで枠が拡大される場合もある。
テンプレートを表示

Music&Entertainment ガチカメ(ミュージックアンドエンターテイメント ガチカメ)』は、読売テレビ2009年4月7日から2011年3月29日まで毎週火曜深夜24:59 - 25:29(JST、水曜午前0:59 - 1:29)に放送されていた関西ローカル音楽番組である。略称は「ガチカメ」。

2010年9月28日までは『Music&Entertainment ガチカメ⑦(ミュージックアンドエンターテイメント ガチカメセブン)』のタイトルで放送された。

内容[編集]

  • 毎週、一組のアーティストの舞台裏の素顔をデジタルビデオカメラ一台で密着取材し、そのVTRを宇都宮まきが紹介。
    • 2010年9月までは小籔千豊率いるナビゲーター「ガチカメ7」の隊員の中から一組が週替わりで担当。この他、2009年10月からは、事前にアンケートしたアーティストの回答や5つのある漢字一文字からイメージされるキーワードをアーティストにアンケートし、それをまとめた「ガチカメ7相“漢”図(そうかんず)」[1]、アーティストの人生の起伏とその中で影響を受けたアーティストの楽曲をグラフ化した「人生曲線(じんせいソングライン)」などを合わせて紹介。最後にガチカメして感じたことをコメントしたり、2010年からはガチカメして印象に残ったアーティストの名言「ガチカ名言」を紹介していた。
  • この他、最新のおすすめ音楽を紹介する「ガチM」、活躍が期待される注目のアーティストを紹介する「ガチMレコメンド」(2010年10月 -)、最新映画からオススメの一本を紹介する「ガチMOVIE」のコーナーがある。また「ガチM」で紹介したアーティストのグッズを詰め合わせた「ガチ福袋」が毎週1名の視聴者にプレゼントされる(プレゼントの応募にはエンディングで発表されるキーワードが必要)
    • 「ガチM」では、アーティストからのVTRメッセージの中で、ガチでお気に入りのものを紹介する「ガチトーク」を展開することがある。また2010年9月までは、ガチカメ7隊員がアーティストに関する最新情報や豆知識を「これ知ってる?(これ知ってます?)」として紹介することがあった。
  • 2009年3月までのエンディングでは、NECとのタイアップによる同社製の携帯電話(主にNTTドコモ向け)のインフォマーシャルが挿入されていた。
  • 2010年6月1日放送まではオープニングタイトルが放送されていたが、6月8日以降はオープニングタイトルなしで本編から開始される形となった。この他「ガチM」のコーナージャンクションも変更され、紹介するアーティスト名や楽曲・アルバムのタイトルがナレーションで紹介されるようになった。2010年10月からは「ガチMOVIE」のコーナージャンクションも変更された。

ナビゲーター[編集]

番組終了時のナビゲーター[編集]

過去のナビゲーター(ガチカメ7隊員)[編集]

ガチカメ7隊員の中から週替わりで一組が出演していた(複数名が出演した回もあり)。

放送日・ガチカメアーティスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:渡邊仁
  • ディレクター:高柳康、多賀規恵、中嶋信之、東向美和(読売テレビ)、砂川義忠、西田優心(アッシュ)
  • AD:吉中健(アッシュ)
  • CAM:坂口裕一(読売テレビ)
  • MIX:三村将之、鈴木直人(読売テレビ)
  • LD:野口忠繁(読売テレビ)
  • タイトルデザイン:山本しんぺい(読売テレビ)
  • EED:石丸淳(アッシュ)、岡本尚樹(アッシュ)、西村聡(読売テレビ)、浅地裕夫(読売テレビ)
  • MA:中澤哲矢
  • 音効:中谷菜穂子
  • メイク:正田早百合、加藤智子、もりえゆうこ
  • スタイリスト:桐藤江里子(masse)
  • 協力:B-FLEX、ytv Nextry(2011年1月まではサウンドエフェクト名義)
  • プロデューサー:山本陽(読売テレビ)
  • 演出:山口剛正(読売テレビ)
  • チーフプロデューサー(CP):田中壽一(読売テレビ)
  • 制作協力:アッシュ
  • 制作著作:読売テレビ

過去のスタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

オープニングテーマ エンディングテーマ
2009 4 サカナクション「ネイティブダンサー」 ET-KING「君想う花」
5 Hilcrhyme純也と真菜実
6 BIGBANGMY HEAVEN
7 サカナクション「白波トップウォーター」 Hilcrhyme「純也と真菜実」
8 BIGBANG「ガラガラ GO!!
9 Hilcrhyme「春夏秋冬
10 Yacht.「Steps」[9] Chicago Poodleさよならベイベー
11
12 導楽「Just Start It」
2010 1 WEAVER「ドキドキユカイ」
2 SQUAREHOOD「君だけを見つけるために…」
3 SA.RI.NA「シングルマザー」
4 Hanah「あいたい気持ち」
5 GIRL NEXT DOOR「Freedom」
6 BENIユラユラ
7 (オープニング廃止) ROOKiEZ is PUNK'D「eggmate of the year」
8 Dream「My Way〜ULala〜」
9 Hilcrhyme「トラヴェルマシン
10 TEE「ベイビー・アイラブユー」
11 twenty4-7「Letter〜10年後の君へ〜 feat. MAY'S
12 ビリケン「空にメロディ」
2011 1 真崎ゆか「Last Kiss feat.KG」
2 AZU「Broken Heart」
3 INFINITE「BTD(Before The Dawn)」

ガチカメ7 LIVE[編集]

関連項目[編集]

  • わおーん!(読売テレビローカルの音楽番組で当番組の前身)
  • 音楽ノチカラ(読売テレビローカルの音楽番組で実質上の後継番組)

脚注[編集]

  1. ^ 2009年10月13日放送の藤井フミヤの場合、「楽」からは「音楽」、「友」からは「葬式」、「愛」からは「力」、「幸」からは「幸福」、「好」からは「好奇心」をそれぞれイメージしている。放送では、そのキーワードをイメージした理由もあわせて紹介されている。
  2. ^ 2010年10月からはナレーションも兼務。
  3. ^ 虎谷にビートルズをレクチャーする事情通としてヒロ寺平が出演。ヒロ寺平はかつて同局の音楽番組『West20』のMCを担当していた。
  4. ^ a b c 「ガチM」はコーナー休止。それに伴い「ガチ福袋」のプレゼントも行われなかった。
  5. ^ a b 2日間開催のうち、2日目にガチカメした。
  6. ^ ガチカメしたVTRのみの放送。なお、通常はガチカメ7隊員が行う「ガチM」の前振り(「ガチMOVIE」は前振りなしでコーナージャンクションから始まった)およびキーワード発表はナレーションの山本が行った。
  7. ^ 2009年8月4日10月13日放送は五十嵐竜馬(読売テレビアナウンサー)がナレーションを担当した。
  8. ^ 2009年11月3日放送では山本が出演し、大学時代からファンであるChicago Poodleへの思いを熱く語った。
  9. ^ 2010年6月1日放送まで。

外部リンク[編集]

読売テレビ(ytv) 火曜25時台前半枠
前番組 番組名 次番組
音楽戦士 MUSIC FIGHTER
※24:59 - 25:59

25:29 - 26:29
(2009年4月より30分繰り下げ)
Music&Entertainment ガチカメ7

Music&Entertainment ガチカメ