ヒッチハイク (放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒッチハイク(hitchhike、HH)とは、放送広告の一種で、放送番組の終了直後に流されるCMをいう[1]

特徴[編集]

ヒッチハイクはテレビラジオCMのうち、番組終了直後に放送されるもののことである。番組開始直前に流されるCMはカウキャッチャー(cowcatcher、CC)と呼ばれており、ヒッチハイクとは区別される。またヒッチハイクやカウキャッチャーにおいても、番組提供スポンサーのCMを流す場合がある。ヒッチハイクやカウキャッチャーは競合するスポンサーを調整するために設定されることが多い[1]

番組と番組の間に放送されるステーションブレイクと違って、ヒッチハイクには番組本体の視聴率聴取率が適用され、それを元にCM放送料が決められる。

番組中に放送される提供クレジットのないCMはパーティシペーション(パーティシペーティング・プログラム、単にPTとも)として扱われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 井徳正吾、松井陽通『マーケティングコミュニケーション』すばる舎、2013年、107頁

関連項目[編集]