我人祥太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
我人祥太
本名 丹羽祥太(旧姓)
生年月日 (1983-10-29) 1983年10月29日(34歳)
出身地 東京都
血液型 O型
身長 177cm
方言 なし(共通語
出身 ワタナベコメディスクール1期
コンビ名 チャランボ、レモねぇーど (共に解散)
芸風 コント漫談
事務所 ワタナベエンターテインメント→フリー
同期 HEY!たくちゃん
ハジメ(フォーリンラブ
赤羽奈々瀬(めっちぇん)など
現在の代表番組 LIFE!〜人生に捧げるコント〜(脚本)

我人 祥太 (がじん しょうた、1983年10月29日 - )は、日本ピン芸人放送作家構成作家。身長177cm、体重61kg。

東京都出身。ワタナベエンターテインメントに所属していた。

来歴・人物[編集]

ワタナベコメディスクール1期生出身。以前はいとまん[1]とのコンビ「チャランボ」として活動していた。フリーで活動したのちワタナベエンターテインメント所属となる。

芸名は、本名と「臥薪嘗胆」という言葉を掛け合わせて名付けた[2]

愛読書は太宰治原作の『人間失格』で、すでに50回は読み返しており、また今のネタの原点もこれにあるという[2]

R-1ぐらんぷり2010にて初の決勝進出するも、結果は8位だった(後述)。

かつては陸上競技水泳をやっており、どちらとも東京都大会で第5位になったことがあったという[3]

2011年11月のライブを以て、ピン芸人としての活動を終了し、今後はコンビやトリオを組む方針であることを明かしている[4]

二度行った単独ライブ(本人曰く単独ライブではなく【ネタ・企画】ライブ)は、どちらもチケット完売。また終演後には自ら握手やサインに応じ、それを求めファンが1時間以上の長蛇の列を作る盛況ぶりであった。

2012年4月、伽内祥人と改名するも、同年10月29日(自身の誕生日)に、我人祥太へと再改名。

2013年2月より、ロッチ我が家ロビンソンズあばれる君厚切りジェイソンなどのコント作家や、番組の放送作家として活動。ソニー・ミュージックアーティスツの講師も務める。

2014年8月、結婚。現在は一児の父。

2015年4月より、NHKのコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』に脚本で参加。

芸風[編集]

  • 「憂」、「戸籍の真実」、「マニフェスト発表」、「オスタヌキの自殺」などのネタがある。
    • 「憂」をテーマにしたフリップ芸では、あるネタのテーマから、落ちを憂鬱な感じに持っていくショートコントを披露している(この時にフリップの文字は白黒が反転する)。
  • 「エンタの神様」では上記のフリップ芸を行っていた。また、初期のころには「分からないことばかりだ!」と言い、自分の思った疑問点を椅子に座りながら話していくネタを行っていた。

評価[編集]

  • R-1ぐらんぷり2010にて初の決勝進出。決勝では「」を披露し、板尾創路からは96点と高評価を得たものの、7人の審査員のうち5人から最低得点をつけられた。伊東四朗からは「年齢の高い人は理解する前に先に進んでしまう」との評価を受け、結果は最下位のCOWCOW山田與志と1点差で8位だった[5]

戦歴[編集]

出演番組[編集]

主な参加番組(作家として)[編集]

雑誌連載[編集]

  • コメ旬(キネマ旬報社)vol.2から

単独ライブ[編集]

  • 2011年
    • 8月10日 - 【ネタ・企画】ライブ 「錠。」(表参道GROUND)
    • 11月9日 - 【ネタ・企画】ライブ 「錠。」(表参道GROUND)

その他の活動[編集]

ユニット[編集]

  • レモねぇーど(脳みそ夫とのユニット)
    • 2012年10月に活動凍結

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WCSの同期。現在はトリオ「パラダイス」として活動。
  2. ^ a b ザテレビジョン』2010年2月26日号「R-1ぐらんぷり」特集ページ より
  3. ^ 講談社FRIDAY』(2010年5月14日・21日合併号)連載『大人の疑問をカッチカチ直撃取材! ザブングルの「なんで?」』(第37回)より
  4. ^ 報告。 我人祥太 オフィシャルブログ、2011年10月14日
  5. ^ ただし、7位のバカリズムとの点差は「2点」であった