村岡恵理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村岡 恵理(むらおか えり、1967年 - )は、日本の著作家。

人物・来歴[編集]

村岡花子の義理の娘(実の姪)・みどりの娘として、東京都に生まれる。花子の義理の孫にあたり、大伯母と大姪の関係である。東洋英和女学院高等部[1]成城大学文芸学部を卒業する。

雑誌などのライターとして活動する傍ら、1991年から、姉の村岡美枝翻訳家)と共に、花子の書斎を「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」として運営している。

また、「赤毛のアン募金」にも参加している[2]

著書『アンのゆりかご―村岡花子の生涯―』は、NHK連続テレビ小説花子とアン』(2014年度前期)の原案となる。

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]