虹の岬の喫茶店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
虹の岬の喫茶店
著者 森沢明夫
発行日 2011年6月22日
発行元 幻冬舎
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
公式サイト http://www.gentosha.co.jp/book/b2117.html
コード ISBN 978-4-344-02006-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

虹の岬の喫茶店』(にじのみさきのきっさてん)は、森沢明夫による日本小説2012年ラジオドラマ化、2014年に『ふしぎな岬の物語』のタイトルで映画化された。

千葉県鋸南町明鐘岬に実在する喫茶店をモチーフに執筆された作品で、映画のロケも同地を中心に千葉県各所で行われた[1][2][3]

登場人物[編集]

柏木 悦子

ラジオドラマ[編集]

NHKラジオ第1放送の『新日曜名作座』にて2012年11月25日から2013年1月6日まで全6回放送された。

映画[編集]

ふしぎな岬の物語
Cape Nostalgia
監督 成島出
脚本 加藤正人
安倍照雄
原作 森沢明夫
『虹の岬の喫茶店』
製作 成島出
吉永小百合
出演者 吉永小百合
阿部寛
竹内結子
笑福亭鶴瓶
音楽 安川午朗
撮影 長沼六男
制作会社 東映東京撮影所
製作会社 「ふしぎな岬の物語」製作委員会
配給 東映
公開 カナダの旗 2014年08月29日(映画祭)
日本の旗 2014年10月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.6億円(2015年1月現在)[4]
テンプレートを表示

ふしぎな岬の物語』(ふしぎなみさきのものがたり、英題:Cape Nostalgia )のタイトルで、2014年10月11日に公開された。主演女優・吉永小百合が、初めて映画の企画者を担当した作品[5]。監督は成島出。

第38回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞[注 1]を受賞した[6]

劇中詩で金子みすゞの「鯨法会」(部分)と「海の果て」が朗読される。

ストーリー(映画)[編集]

虹の絵が飾ってある「岬カフェ」に父娘がやってきて、娘が「虹をのぼって行けばママに会えるのかな」という。店主の悦子は娘をハグして「大丈夫」といえば暖かくなってくると教える。男は陶芸家でカップを置いていく。「おいしくなれ」と魔法をかけるコーヒーが評判で常連が多い。45歳になる甥の浩司は花畑での結婚式を台無しにしたり、掘建て小屋に住んでいる変人。泥棒にご飯を食べさせ、どうせなら夫の最後の絵を持っていってくれという。泥棒はお礼に柳刃包丁を研いで行く。漁師の徳さんの娘・みどりが東京から帰り、追いかけてきた夫を浩司が柳刃で脅して助け、「私、浩司さん昔好きだったんだ。悦子さんの代わりでもいいよ」の言葉で倒れてしまう。徳さんは末期の胃がんで入院し、みどりはコーヒーの煎れ方を教わる。不動産屋のタニさんは転勤話があって浩司からたき付けられるが、悦子にプロポーズできずに大阪に異動。徳さんが亡くなって休業していたら、父娘が来て虹の絵を返してほしいというおじさんがいるという。悦子がはっとして亡夫の写真を見せるとこの人だというので渡す。夜になり、茫然自失状態で失火。浩司に引き取った事情を話し、みんないなくなったと嘆く。仮店舗ができて皆大喜び。離島にコーヒー用の水を取りにいくボートに浩司がみどりと乗って妊娠したことを悦子に告げる。海の向こうには大きな虹が架かっている。

キャスト[編集]

製作[編集]

主演の吉永小百合が50余年の映画人生で初めて企画から携わり[5]、映画化候補作品として挙げられた数10冊の小説の中から、吉永が「これならきっと素敵で温かい物語になる」と監督の成島出と共に選んだ作品で[8]、撮影後もプロデューサーとして編集作業などに立ち会った[9]。2014年2月にクランクインし、喫茶店の店主を演じる吉永はその2か月前からコーヒー点前の練習に取り組み、またキャッチボールシーンのために投球の自主トレーニングをするなど役作りに励んだ[10][11]。冨田役を演じた米倉斉加年は2014年8月26日に死去し、本作が遺作となった[12]

スタッフ[編集]

封切り・受賞[編集]

第38回モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門に出品され[13]、審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞[6]。現地へ赴き、公式上映前の舞台挨拶に立った吉永は練習を重ねたという流暢なフランス語でスピーチを披露した[14][15]。審査員賞特別グランプリは2011年の『わが母の記』以来3年ぶり、エキュメニカル審査員賞は2006年の『長い散歩』以来8年ぶりとなる[16]

日本におけるロードショー公開は2014年10月11日で、全国286スクリーンで公開され、土日2日間の動員は15万2,311人、興収は1億7,680万6,300円で、公開初週の映画ランキング(興行通信社調べ)では動員1位を記録した[17][18]。なお興収では1位を『近キョリ恋愛』に譲り2位となった[18]。客層はシニア層が多く男女比が半々となり、夫婦で観る例も目立っている[18]

第38回日本アカデミー賞では以下の部門賞を受賞した[19]

テレビ放送[編集]

2016年1月4日に、TBS系列の『月曜ゴールデン』枠で地上波初放送された[20]。ただ放送時間の諸事情により、一部シーンをカットした短縮版での放送となった。

注釈[編集]

  1. ^ キリスト教関連団体が人道的で精神性、芸術性の高い作品へ贈る賞

出典[編集]

  1. ^ 斉藤勝寿 (2014年3月7日). “千葉)鋸南町の喫茶店を映画化”. 朝日新聞デジタル. 2014年9月8日閲覧。
  2. ^ 映画『ふしぎな岬の物語』製作発表会見 レポート!”. 東映 [映画] (2013年12月20日). 2014年9月8日閲覧。
  3. ^ 進む!! 房総半島ロケ 鋸南の喫茶店モデル 温かな人間模様描く 吉永さん企画映画「ふしぎな岬の物語」”. ちばとぴ (2014年3月18日). 2014年9月8日閲覧。
  4. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  5. ^ a b 吉永小百合、『ふしぎな岬の物語』で企画に初挑戦”. チケットぴあ [映画 邦画] (2013年12月18日). 2014年9月8日閲覧。
  6. ^ a b 映画『ふしぎな岬の物語』第38回モントリオール世界映画祭 審査員特別賞グランプリ&エキュメニカル審査員賞 W受賞!”. 東映 [映画] (2014年9月2日). 2014年9月8日閲覧。
  7. ^ 吉永小百合「ふしぎな岬の物語」に、5人のトップミュージシャンが新ユニットで加勢”. 映画ニュース 映画.com (2014年4月2日). 2014年9月9日閲覧。
  8. ^ 主演・企画作品が世界映画祭で審査員特別グランプリ受賞!吉永小百合、感無量の笑顔 『週刊文春』2014年9月11日号、p.13
  9. ^ 吉永小百合、カナダでフランス語挨拶?『ふしぎな岬の物語』モントリオール入り”. シネマカフェ cinemacafe.net (2014年7月16日). 2014年9月9日閲覧。
  10. ^ 「ふしぎな岬の物語」前売り特典で、吉永小百合のコーヒー点前初披露イベントが当たる!”. 映画ニュース - 映画.com (2014年8月20日). 2014年9月9日閲覧。
  11. ^ 吉永小百合、鶴瓶もビックリの豪腕ぶり 20年ぶりの投球を披露”. 映画ニュース - 映画.com (2014年8月7日). 2014年9月9日閲覧。
  12. ^ 吉永小百合、故・米倉斉加年に追悼コメント「もっともっとご一緒したかったです」”. シネマカフェ cinemacafe.net (2014年8月27日). 2014年9月9日閲覧。
  13. ^ 吉永小百合・成島出 共同プロデュース作品『ふしぎな岬の物語』が第38回モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門に出品決定!”. 東映 [映画] (2014年7月9日). 2014年9月8日閲覧。
  14. ^ 映画『ふしぎな岬の物語』第38回モントリオール世界映画祭 プレス会見・公式上映前舞台挨拶 レポート!”. 東映 [映画] (2014年8月31日). 2014年9月8日閲覧。
  15. ^ 映画『ふしぎな岬の物語』第38回モントリオール世界映画祭 公式上映会 レポート!”. 東映 [映画] (2014年9月1日). 2014年9月8日閲覧。
  16. ^ 吉永小百合、モントリオールでW受賞! 流暢なフランス語で喜びの挨拶”. シネマカフェ cinemacafe.net (2014年9月2日). 2014年9月9日閲覧。
  17. ^ 2014年10月/今週の映画ランキング - CINEMAランキング通信”. 興行通信社. 2014年10月14日閲覧。
  18. ^ a b c 壬生智裕 (2014年10月15日). “吉永小百合主演作が『るろ剣』に代わりトップ!山下智久『近キョリ恋愛』は2位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2014年10月15日閲覧。
  19. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  20. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年1号 92頁

外部リンク[編集]