メントレG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メントレG
(メントレ the Giant)
Wangan Studio.jpg
末期に番組収録が行われていた
フジテレビ湾岸スタジオ
ジャンル トーク番組/バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 三浦淳
疋田雅一(総合演出)
プロデューサー 神原孝(CP)
出演者 TOKIO
城島茂山口達也国分太一
松岡昌宏長瀬智也
ほか
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送
エンディング エンディングテーマを参照
外部リンク 公式サイト
三菱電機サイエンスジム メントレ
放送時間 毎週金曜 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 1999年10月8日 - 2000年3月
三菱電機サイエンスジム メントレG
放送時間 同上
放送期間 2000年4月7日 - 2003年9月
メントレG(深夜時代)
放送時間 同上
放送期間 2003年10月3日 - 2007年3月30日
メントレG(ゴールデン時代)
放送時間 毎週日曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2007年4月15日 - 2008年9月14日
テンプレートを表示

メントレG』(メントレ・ジー、メントレ・ザ・ジャイアント、メントレ the Giant)は、1999年10月8日から2008年9月14日までフジテレビ系列で放送されていた、TOKIOが司会のトークバラエティ番組である。地上デジタル放送ではハイビジョン制作

番組開始から2007年3月30日放送分までは毎週金曜23:00 - 23:30に、2007年4月15日から番組終了までは毎週日曜21:00 -21:54(いずれもJST)にそれぞれ放送されていた。

2003年9月まで放送されていた前身番組『メントレ』についても、本項目で併せて記述する。

概要[編集]

『メントレ』時代(1999.10 - 2003.09)[編集]

1999年10月8日、『料理の鉄人』の後番組として『三菱電機サイエンスジム メントレ』のタイトルで放送開始。メントレとはmental trainingメンタルトレーニング)の略で、精神の訓練を意味する。TOKIOがメインとなり、ゲストに著名人を呼んで心理テストやゲームなどを行う形式のバラエティ番組として登場。独特の裏声で話す「HIROSHI」が「ハイ皆さん注目〜」「それではメントレスタートッ!」などの台詞でナビゲーターを務めた。因みに彼の素顔は番組最後の心理テストで明かされた。その後2000年4月7日より『三菱電機サイエンスジム メントレG(ザ・ジャイアント)』に改める。この番組タイトルはプロレスラーアンドレ・ザ・ジャイアントのもじり。

「G」となった当初はメントレ時代の形式(心理テストとトークのみ)を踏襲するとともにウサギ型のマスコットキャラクター「ココちゃん」がナビゲートしていたが、同年10月6日からはゲストとのトークと料理ゲーム「メントレレストラン」を行うという内容に変更された。さらに2002年10月4日からはオープニングコーナーの「クイズ楽屋訪問」が開始し、現在も続く3コーナー構成となった。この時期から視聴率が毎週15%前後で安定するようになり、またTOKIO人気と番組の安定感もあり準ゴールデンタイム(ノンプライム)の番組としては長寿の人気番組へと成長した。

当時の視聴率は関西地区では約6 - 8%と低迷していたが、それ以外の地域では全国的に約12 - 14%前後と安定した数字を記録していた。

『メントレG』へ(2003.10 - 2007.03)[編集]

番組スポンサーは当初から三菱電機の1社提供だったが、2003年10月3日から同社を含め複数社の提供に変更、それに伴いTOKIOによるタイトルコールも『メントレG』に変わった。

レギュラー放送とは別に過去の放送総集編を中心に据えたスペシャル版『メントレスーパーG!』として、2004年9月22日2005年4月11日2006年4月10日のそれぞれ19:00 - 20:54に放送された。ゲストは1回目・菅原文太、2回目・ヒロシ、3回目・唐沢寿明南海キャンディーズ。3回目の放送ゴールデンタイムスペシャル視聴率は同時間帯トップの19.8%を記録した。更に2007年3月23日放送分(ゲスト・荒川静香)ではレギュラー放送最高視聴率の20.1%を記録した。

ゴールデンタイム昇格後(2007.04 - 2008.09)[編集]

前身の『メントレ』の開始から7年半を経て、2007年春の改編で満を持してのゴールデン昇格となることが決定。当初は『クイズ$ミリオネア』の後番組として木曜19時台への移動も予定されていたが、捏造問題から打ち切りとなった『発掘!あるある大事典II』に代わり、2007年4月15日より日曜21時台に移動となった。同日には16:00 - 17:25より番宣番組として『今夜9時から新装開店メントレGの裏側全部見せますスペシャル!』が放送された。

ゴールデン初回放送の視聴率は14.7%であったものの、その後は1桁台に落ち込む回も出るなど苦戦を強いられることとなった。このため、2007年1 - 3月期の平均である13.8%に比して4 - 6月の平均視聴率は11.9%(関東地区)を記録し、ゴールデン昇格前の金曜23時台よりも低下する形となった。

一方、2007年後半は回によっては15%を越えることもあり、特に2007年11月11日放送分では、18.2%を記録(ビデオリサーチ・関東地区)し、その週の娯楽番組部門で1位となるなど持ち直しを見せていた。

2008年は日曜21時台では、再び平均視聴率が1桁を記録する様になり、結果的に2008年9月14日を以って『メントレ』時代を含めた9年間の歴史に幕を下ろした。

後番組は、『エチカの鏡〜ココロにキクTV〜』。

TOKIOと、スタッフの一部は、同年10月から『5LDK』を担当していた。

出演者[編集]

司会
ナビゲーター
  • HIROSHI(1999年10月 - 2000年3月)
  • 一龍斎貞友(ココちゃんの声、「T-U」名義、2000年4月 - 9月)
ナレーター

放送局と放送時間[編集]

2007年10月以降[編集]

※テレビ大分とテレビ宮崎では、本来の放送日時に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)を放送しているため、放送日時差し替え。
  • 青森テレビJNN系、遅れネット)…毎週水曜日23:55 - 24:50(尚、提供クレジット(とCM)は、差し替えられている)
  • 山梨放送(NNN・NNS系、遅れネット)…毎週土曜15:00 - 15:55(2007年5月12日から)
  • テレビ山口(JNN系、遅れネット)…毎週日曜15:55 - 16:55(2007年7月8日から)
四国放送は拡大を機に打ち切られた。後番組は『VivaVivaV6』。

2007年3月まで[編集]

  • フジテレビ系列26局(テレビ大分、テレビ宮崎を除く)…毎週金曜日23:00 - 23:30
  • テレビ大分(遅れネット)…毎週木曜日24:56-25:26
  • テレビ宮崎(遅れネット)…毎週土曜日14:00-14:30
  • 青森テレビ(JNN系、遅れネット)…毎週水曜日23:55-24:25(尚、提供クレジット(とCM)は差し替えられている)
  • 山梨放送(NNN・NNS系、遅れネット)…毎週日曜日15:55-16:25
  • テレビ山口(JNN系、遅れネット)…毎週月曜日23:55-24:25
2007年7月16日まで放送された。そのためその日までは60分版と30分版が平行して放送されていた。
  • 四国放送(NNN・NNS系、遅れネット)…毎週月曜日24:55-25:25

(放送時間は日本時間-JST

『メントレ』時代のコーナー[編集]

メンタルトラブル[編集]

  • 略して「メントラ」。視聴者からの心理学的な質問に答える。
  • 最初にフィールドワークを行い、質問された内容について待ち行く人々にも当てはまるのか調べる。その後、人間心理に基づいた解説を行う。

恋のメンキャラテスト[編集]

  • 恋愛に関する心理テストを行う。

悪キャラテスト[編集]

  • 最初にレゴブロックを使った、4人の人物が登場するショートストーリーを見る。
  • 4人の人物は皆それぞれ悪いことをしている。メンバーはそれを「許せる」と思う順に並べる。

メンタッチ[編集]

  • 絵を使った心理テスト。TV画面に特定の絵を映し出し、タッチした場所に表される現在の心理を解説する。

『メントレG』初期のコーナー[編集]

深層心理テスト・メントレチェック[編集]

  • 初期では4択の心理テストを行う。心理テストの内容と同じセットが用意されている。
  • 後に選択肢のない心理テストに変わり、松岡がその内容の司会を担当。診断の後にゲストやTOKIOのメンバーの回答を発表する。

ココロのカルテ[編集]

メントラーズ[編集]

  • 映画スターなどの自身のメンタルトレーニングの方法を紹介する。不定期放送。

建て前顔・本音顔[編集]

  • 人間の顔は、右半分が建て前、左半分が本音を象徴しているという心理学論の元、ゲストの顔写真をCGで右のみ左のみので合成した画像を比較する。なお、このコーナーでは専門的な解説は無い。要するにその画像を見たTOKIOたちの感じた第一印象で進行していく。

ジャンキング[編集]

  • TOKIOリーダーの城島がレフリーを務める。
  • ゲストとTOKIOのメンバーがじゃんけんで対決。ゲストが勝つと三菱電機のモニター「VISEO」をプレゼント。
  • TOKIOは何を出すのかを事前に告知する。

エンディングの心理テスト[編集]

  • 初期のココちゃんが存在していた時期のエンディングのコーナー。内容は番組冒頭の心理テストと同様だが、こちらは画面イラストの位置を選択して回答する(例:教会のイラストでゾンビが出てくるなら何処から?)。

『メントレG』後期のコーナー[編集]

クイズ楽屋訪問[編集]

その週のゲストの楽屋前の廊下からゲストの私物や私服などを披露するコーナー。2002年10月から開始。このコーナーはオープニング後に放送されており、ゲストの声や顔、名前に加工処理が施されているためこの時点では誰かは分からない(次回予告でもゲストの顔と声を加工処理を施しており同じ手法だが、公式ホームページの次回予告や一部のテレビ雑誌ではゲストの正体が見られる)。

また楽屋前の廊下で収録されているため、他番組の収録や打ち合わせに来ていた有名人が偶然出演することがよくある(中には確信犯的に狙って出演する人もいた)。2007年3月までは、このコーナーの5回出演するとゲストに呼ばれるという設定もあった。

ゴールデン進出後は、国分と山口の"今、気になるお笑い芸人"を呼ぶ「呼んじゃった」のミニコーナーが登場した。出演したお笑い芸人は狩野英孝フルーツポンチなど。

基本的に国分と山口が担当しているが、他のメンバーが出演することもある(例:ゲストが憧れの女性タレント、TOKIOにとって重要な人、たまたま通りかかった有名人の要望など)。

Gのポイント[編集]

2007年4月のゴールデン進出とともにスタート(内容自体は深夜時代のトークコーナーの拡大リニューアルしたもの)。それまでのフリートーク、ゲストのエピソードやヒストリーの紹介に加え、ゲストの人生に大きな影響を与えたエピソードや運命を決定付けたような瞬間などのターニング・ポイントを「Gのポイント」(NHKの『その時、歴史が動いた』における「その時」とほぼ同意義)としてスポットをあて、その時のエピソードや心境を中心にトークを繰り広げるコーナーである。また、ゲストのプライベートに迫るための密着取材が放送される。

(なお、「雨上がり決死隊持ち込み企画「東京進出20周年記念」」で本人達がゲストとして登場した回では、何時の間にか「ほっしゃん。」のターニング・ポイントの話題にすり替わるという変則的な内容となった)

メントレGレストラン[編集]

2000年10月に始まった名物コーナー。支配人の国分(彼の持ち込み企画である為、支配人を務めた)がゲストの大好物の料理を1品ずつ試食し、他のメンバー(城島、山口、松岡、長瀬)がゲストの食べたい料理が何であるかを心理戦で当てるゲーム。当初のタイトルは「メントレレストラン」だったが2002年10月より「メントレGレストラン」と改題し、セットや国分支配人の衣装もリニューアルされルールも多少改正されている。2007年4月からは新たなルールとして「Gのスプーン」が登場する。

2000年10月のリニューアル第1回と2007年4月のゴールデン第1回ゲストはいずれもみのもんた

ルール
  • ゲストの大好物3品を前に国分以外のTOKIOメンバーがそれぞれ1品ずつのカードを選び、どれが食べたいのかを予想する。
  • ゲストの食べたい料理をTOKIOメンバーの4人全員が不正解となるか1人のみ正解となった場合にゲストが料理を(1人のみ正解となった場合、正解したメンバー1人とゲストで)食べられるが、2人以上が正解したらゲストは料理を食べられない。
    • 2002年9月まではTOKIO4人vsゲストの一対一による対決で行われTOKIOが当てたらTOKIO4人が、TOKIOがはずしたらゲストが料理を食べることができた。
    • 2006年7月7日放送分では、ゲストの次長課長それぞれの好物2品しか出なかったために久々にTOKIOvsゲスト対決で行った。
  • 2007年4月からは、事前におみくじ(導入開始当初はルーレット)で選ばれたTOKIOメンバーの4人の内の1人が「Gのスプーン(我慢の限界スプーン)」という3品の料理の内の1つを任意の時間にスプーン1杯分だけ試食できる権利を獲得するルールが新たに登場する。
その他
  • 近年はこのコーナーに慣れてきたためか数々の作戦を練ることも少なくなくなってきている(例:長瀬 - ゲストに嘘でもいいので今食べたい料理を指させる。TOKIO - 2人ずつ同じものを選択し、ゲストの食べられる確率を1/3にする)。

TOKIOガレージ[編集]

2008年5月11日放送分からスタートした新コーナー。コーナースタート初期は、その日の収録後のメンバー全員のトークがメインだが、2008年7月20日放送分以降、「メントレ地球貢献プロジェクト」(下記参照)という企画を立ち上げた。番組終了後は、同じくTOKIOが出演する5LDKにコーナーが引き継がれた。

メントレ地球貢献プロジェクト[編集]

夏休み期間限定の企画で、2008年7月20日放送分より企画スタート。

  • タイにおける、洪水に耐えるような橋を造りたい!(ダイヤモンズ)
  • スリランカにおける、井戸を掘りたい!(グリーングリーン)

番組自体が最終回を迎えた2008年9月14日放送分で、この企画が完結した。

メントレスーパーG(スペシャル)[編集]

改編期には『メントレスーパーG』と題して2時間の特番が放送される。過去の特番は全て月曜日の19:00〜20:54(ゴールデンタイム)で放送された。ローカルセールス枠である月曜日7時枠が含まれるため、『ネプリーグ』を同時ネットで放送していない一部の地域(関西テレビ沖縄テレビは2006年12月現在全てのこの特番を短縮している)では短縮版での放送となってしまい、視聴者から不満の声が上がることも少なくなかった。

日曜9時への移動後はローカル枠をまたぐことはなくなるため、関テレや沖縄テレビなどでも必ずフル放送になるものと考えられたが、日曜移動後は「スーパーG」はほとんど放送されなかった。

タイトルのロゴ[編集]

  • 初代:1999.10.08 - 2000.03.31 「三菱電機サイエンスジム メントレ」
  • 2代目:2000.04.07 - 2003.09.26 「三菱電機サイエンスジム メントレG」
  • 3代目:2003.10.03 - 2008.09.14 「メントレG」(2代目タイトルロゴを継続)

歴代セット[編集]

  • 初代:1999.10.08 - 2003.03.28
  • 2代目:2003.04.04 - 2005.09.30
  • 3代目:2005.10.14 - 2007.03.30
  • 4代目:2007.04.15 - 2008.09.14

スタッフ[編集]

メントレ[編集]

メントレG[編集]

最終回時点スタッフ[編集]

  • 構成:山内浩嗣、海老克哉、すずきB、小川浩之 (放送作家)、渡辺健久、田中到、むらまつこうすけ
  • ディレクター:田中友幸、岡島友孝、近藤貴浩(BEE BRAIN)、松本祐紀(フジテレビ)
  • 演出:三浦淳(フジテレビ)
  • 総合演出:疋田雅一(HIHO-TV
  • プロデューサー:大川泰(D:COMPLEX)、鈴木浩史(CELL
  • チーフプロデューサー:神原孝(フジテレビ)
  • 技術協力:八峯テレビ・FLT(現fmt)、IMAGICA
  • 協力:ジャニーズ事務所
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:榊暁彦、小林のぞみ
  • ディレクター:稲垣知宏、田中泰久
  • プログラムディレクター:神戸千尋
  • 演出:冨田哲朗
  • プロデューサー:大前一彦、清水宏泰、松野博文

かつての番組プロデューサーだった清水と現在の番組プロデューサーである神原はかつて三菱電機提供絡みの「トロイの木馬」の番組スタッフにも関わっていた。

エンディングテーマ[編集]

すべてTOKIOの楽曲。

メントレ
  • Heart (1999年10月 - 2000年3月)
メントレG

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 金曜23時台前半
前番組 番組名 次番組
料理の鉄人
※23:00 - 23:45
三菱電機サイエンスジム・メントレ

三菱電機サイエンスジム・メントレG

メントレG
(1999年10月 - 2007年3月)
フジテレビ系 日曜21時台
メントレG
(2007年4月 - 2008年9月)
【ここからフジテレビ制作枠】