どいつもこいつも/ボクの未来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どいつもこいつも/ボクの未来
TOKIOシングル
初出アルバム『5 AHEAD (#1)』
リリース
規格 マキシシングル
録音 2000年12月
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
作詞・作曲 安部純
渡瀬マキBANANA ICE
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
TOKIO シングル 年表
恋に気づいた夜
2000年
どいつもこいつも/ボクの未来
2001年
メッセージ/ひとりぼっちのハブラシ
2001年
5 AHEAD 収録曲
DR
(3)
どいつもこいつも
(Album Version)
(4)
Baby blue
(5)
テンプレートを表示

どいつもこいつも/ボクの未来」(どいつもこいつも/ぼくのみらい)は、TOKIOの21作目のシングル

概要[編集]

同作は、ソニー・ミュージックエンタテインメントからユニバーサルミュージックへ移籍後、最初のシングル作品である。

また、TOKIOにとって最初のマキシシングルでもある。

通常盤と初回盤の2形態で発売された。

PVでは様々なコスチュームでメンバーが踊っているが、振り付けはパパイヤ鈴木。

収録曲[編集]

  1. どいつもこいつも
    作詞・作曲:安部純、編曲:KaaTo
    フジテレビ系「メントレG」エンディングテーマ
    メンバー全員にソロパートが存在する。アルバムに収録されたものは歌い分けが変更されているので、シングルバージョンはアルバム未収録である。
  2. ボクの未来
    作詞:渡瀬マキ、作曲:BANANA ICE、編曲:小柳"cherry"昌法、Horn Arrangement:YOKAN
    ベネッセコーポレーション進研ゼミ「中学講座」CMソング
    A面曲としては、ユニバーサル時代に発表されたシングルの中で唯一アルバム未収録曲である。
  3. どいつもこいつも(Backing Track)
  4. ボクの未来(Backing Track)

関連項目[編集]