Graffiti (TOKIOのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Graffiti
TOKIOスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル
時間
レーベル Sony Records
プロデュース TOKIO
チャート最高順位
TOKIO アルバム 年表
WILD & MILD
1997年
Graffiti
(1998年)
電光石夏
(1998年)
『Graffiti』収録のシングル
  1. Julia
    リリース: 1997年5月28日
テンプレートを表示

Graffiti』(グラフィティ)は、1998年4月1日Sony Recordsよりリリースされた、TOKIOの5作目のアルバム[1]

概要[編集]

  • 前作『WILD & MILD』から約1年ぶりのオリジナルアルバムで、TOKIO自身初となるセルフ・プロデュースアルバムである[2]
  • アルバム構成はヒットシングルの「Julia」を中心に全11曲を収録。なお、「Julia」はアルバム・アレンジバージョンである。
  • アルバムとしては初めて自作曲が収録された。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[2]

CDジャーナルは、「それぞれ1曲ずつのソロでは作詞・作曲まで各自でこなす。音に現れた5人の個性の中、あくまで“笑い”を押さえる国分太一の異色さがギラリと光る。」と批評した上で、「それぞれ個性に富んだ内容でその違いだけでも充分楽しめる。」と肯定的に評価している[2]

収録曲[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.IとYou気と樋口了一樋口了一森俊之
2.約束の場所 〜Believe〜樋口了一・山口達也樋口了一・山口達也吉村龍太
3.Purple RougeM.A.BOM.A.BOそうる透
4.オレンジ色の太陽城島茂城島茂森俊之
5.BAD NAMED SONG長瀬智也・馬場一嘉長瀬智也・馬場一嘉長瀬智也・馬場一嘉
6.いぶし銀オレオレ featuring ジャンボワシ、オレ
7.Lesson染谷俊Stevie SalasStevie Salas
8.逢いたさはつのるだけ石川華子山崎まさよし森俊之
9.Crazy ChaseHIDEKIHIDEKI難波弘之
10.明日は明日の風が吹く岡部真理子Anders Hellgren, Peter Karlsson, David Myhr吉村龍太
11.Julia(Album Version)ジョー・リノイエジョー・リノイエ米光亮
合計時間:

楽曲解説[編集]

  1. IとYou気と
  2. 約束の場所 〜Believe〜
  3. Purple Rouge
    • 松岡昌宏の作詞・作曲(M.A.BO名義)およびボーカル曲。後に「歌を歌う機会の少ない松岡のために」ということで、ドッキリ企画としてライブ会場で歌ったことがある。
  4. オレンジ色の太陽
    • 城島茂の作詞・作曲およびボーカル曲。
  5. BAD NAMED SONG
    • 長瀬智也のボーカル曲で、作詞・作曲は、長瀬と馬場一嘉との共作。
  6. いぶし銀
    • 国分太一のボーカル曲で、作詞・作曲は、国分(オレ名義)とジャンボとの共作。
  7. Lesson
  8. 逢いたさはつのるだけ
  9. Crazy Chase
  10. 明日は明日の風が吹く
  11. Julia (Album Version)
    • 12thシングルのアルバム・バージョン

参加ミュージシャン[編集]

TOKIO[編集]

映像作品[編集]

約束の場所 〜Believe〜

Lesson

Crazy Chase

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Graffiti|TOKIO”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2021年5月24日閲覧。
  2. ^ a b c TOKIO / グラフィティ”. CDジャーナル. 2021年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]