貞子vs伽椰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
貞子vs伽椰子
監督 白石晃士
脚本 白石晃士
原作 鈴木光司(世界観監修)
製作 堀内大示
桜井秀行
横澤良雄
丸田順悟
江守徹
製作総指揮 井上伸一郎
高木ジム
出演者 山本美月
玉城ティナ
安藤政信
音楽 遠藤浩二
主題歌 聖飢魔II
呪いのシャ・ナ・ナ・ナ
撮影 四宮秀俊
編集 和田剛
製作会社 KADOKAWA
配給 日本の旗 KADOKAWA
公開 日本の旗 2016年6月18日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10億円[1]
前作 貞子3D2リングシリーズ)
呪怨 -ザ・ファイナル-呪怨シリーズ)
テンプレートを表示

貞子vs伽椰子』(さだこバーサスかやこ)は、2016年制作の日本ホラー映画

リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子というジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクターが共演したクロスオーバー作品[2]白石晃士監督。

なお、タイトルについては『貞子VS伽椰子』と表記している資料もあるが、本記事では公式サイトでの表記を用いている。

キャッチコピーは、「どっちの呪いが、最恐か。」、「呪い勝つのは、どっちだ!?」、「日本ホラーの歴史を破壊する、"最恐のラスト"!」。

あらすじ[編集]

女子大生の有里の親友の夏美は、その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという「呪いのビデオ」を見てしまう。一方、入ったら行方不明になるという“呪いの家”の向かいに引っ越してきた女子高生の鈴花はある夜、行方不明になった小学生をその家の中で目撃し、好奇心を抑えられずに足を踏み入れてしまう。そんな2人をそれぞれの呪いから解き放つため、異端の霊能者・常盤経蔵と助手の少女・珠緒は、貞子と伽椰子を激突させ、同時消滅させるという驚くべき計画を立てる。

キャスト[編集]

製作[編集]

呪怨 −ザ・ファイナル−』の制作を務めたダブルフィールドの丸田順悟と、『リング』の版元であるKADOKAWA井上伸一郎との雑談が企画の端緒となった。2013年8月30日公開の『貞子3D2』以降の『リング』シリーズの展開について模索していた井上が提案に乗り、企画が始動した[6]

その後、2015年6月20日公開の『呪怨 -ザ・ファイナル』の宣伝の一画として、同年4月1日限定の「エイプリルフール企画」[7]として本コラボレーションの情報が公開。これを見た白石晃士が「もし本当にやるなら私にやらせてもらえませんか?」との旨をツイートしたことから、彼に監督の依頼が来ることとなった。アメリカのホラー映画が好きなので日本のホラー映画はあまり見ない白石は、『リング』シリーズと『呪怨』シリーズをレンタルビデオによる後追いで、「日本産のホラーとしてどのように作られているのか」を考えながら見たという。そのうえで、本作を制作するに際して貞子と伽椰子の基本設定から余計な情報を省いて整合させたり、設定としてはすでに時代遅れとなったVHSのビデオテープを「リサイクルショップに眠っている古いビデオデッキの中に入っていたVHS」として組み込んでいる。また、一見すると似ている貞子と伽椰子の見分けがつかなくならないようにしたほか、貞子が1人なのに対して伽椰子には俊雄がいるので、1対2感が出ないようにも気をつけた。両者を目立たせながら、きっちり対決するという空気を出すことと盛り上げることには気を使ったという[8]

本作の裏テーマには「Jホラーをぶっ壊す」があり、「娯楽映画の構成としてバーン、バーンと見せていく映画を作ってきたい」という白石は「他にもこういう作品が出てきたら嬉しい」「潮流を変えたい」と思いながら制作した。本作がヒットすれば、「こういうのもアリなんだ」とプロデューサーたちがOKを出してくれるようになると白石は思っているが、ホラーではなくなっている『フレディVSジェイソン』については、反面教師にしたという[8]

小説[編集]

貞子VS伽椰子
2016年5月25日に角川ホラー文庫から発売された。黒史郎著。ISBN 978-4-04-104215-1
内容は貞子と伽椰子の呪いから逃れるために2人を戦わせる点だけを映画に準拠させた独自の物語であり、2人以外の登場人物が異なるうえ、貞子と伽椰子の基本設定も一部変更されている。
貞子VS伽椰子
2016年6月16日に小学館ジュニア文庫から発売された。山本清史著。ISBN 978-4-09-230869-5
内容は映画のノベライズ。冒頭では映画の映像を用いて登場人物が紹介されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年1月30日閲覧。
  2. ^ “貞子vs伽椰子、最恐ヒロイン共演!山本美月主演で映画化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年12月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0078744 2015年12月10日閲覧。 
  3. ^ “玉城ティナ、「貞子VS伽椰子」出演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/01/25/0008749562.shtml 2016年1月25日閲覧。 
  4. ^ 玉城ティナ、「貞子vs伽椰子」でホラー映画初出演!叫びすぎて過呼吸ぎみに…”. 映画.com (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  5. ^ 山本美月主演「貞子vs伽椰子」追加キャスト発表、安藤政信が霊媒師役”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  6. ^ 「発明 THE INVENTION」2016年11月号 井上伸一郎、友利昴「ライツビジネス見聞記」p.9-10(一般社団法人発明推進協会)
  7. ^ 『貞子VS伽椰子』2016年夏 きっとくる!きっとフール” (2015年4月1日). 2016年6月18日閲覧。
  8. ^ a b 映画「貞子 vs 伽椰子」白石晃士監督にインタビュー:裏テーマは「Jホラーをぶっ壊す」”. ギズモード・ジャパン (2016年6月17日). 2016年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]