グロテスク (2009年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グロテスク
監督 白石晃士
脚本 白石晃士
製作 大橋孝史
小林洋一
出演者 長澤つぐみ
音楽 佐藤和郎
主題歌 SS
「あえか」
撮影 福田陽平
編集 曽根剛
配給 ジョリー・ロジャー
公開 日本の旗 2009年1月17日
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

グロテスク』は、2009年に公開された、日本ホラー映画R-18指定作品。

概要[編集]

白石晃士によるスプラッター・ホラー映画。レンタル版とは違った残虐な内容を含むUNRATED VERSION(セル版)は残虐すぎる内容のため、イギリスではBBFCによってDVDの販売が禁止された。これについて、BBFCトップのデービッド・クークは、「『ソウ』や『ホステル』シリーズなど近年の拷問をテーマとしたホラー映画と違い、『グロテスク』はストーリー性や登場人物の成長が乏しく、容赦なくエスカレートする辱め、暴力、サディズムを描いているにすぎない」と指摘した[1]

Amazon.co.jpでも自主規制が行われ、販売が中止となった[2]

ストーリー[編集]

会社員の和男とアキは初デート中に突如何者かに襲われ、気がつくとどこかの地下室に監禁されていた。二人の前に謎の男が現れ、「ふたりの愛に感動できれば解放する」と言い、様々な拷問をする。

一旦治療を受けた2人に対し、犯人は解放を予告する。しかしそれは嘘で、再び拷問が始まり、2人とも死亡する。

犯人により立てられた簡単な二人の墓の隣にはたくさんの墓があった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:白石晃士
  • 製作:大橋孝史、小林洋一
  • プロデューサー:上野境介、宇田川和恵
  • 音楽:佐藤和郎
  • 撮影監督:福田陽平
  • 美術:安宅紀史
  • 編集:曽根剛
  • 助監督:伊藤拓也
  • 制作担当:酒井明

参考文献[編集]

外部リンク[編集]