アレンジボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アレンジボールとは、遊技機の区分のひとつ。厳密にはパチンコ(ぱちんこ遊技機)とは異なる区分に属する遊技機(アレンジボール遊技機)であるが、アレパチ(後述)の登場により、現在ではパチンコの1分野として扱われている。

概要[編集]

メダル(コイン)を投入(200円で3枚貸出しのメダルを1枚投入。ただし2004年以後の新要件機では1枚20円となり、3枚投入)し、1ゲーム(1セット)の遊技を開始する。

1ゲームにつき16個(新要件機は16個または15個)の玉(パチンコ台内部で循環する構造のため、手に取ることはできない)が与えられ、盤面に配された1〜16の番号ポケットへ入賞させ、各番号に対応したランプを点灯させる。ランプは基本的に4×4のマス目に配置されており、1〜16までの番号が割り振られている。(番号のレイアウトは機種により異なる。)

盤面にはアウト穴は存在せず、打ち出された玉は最終的に必ず番号ポケットのいずれかに入賞する。尚、リプレイ入賞口への入賞球は再び打ち出しレーンに戻され、再び打ち出す事ができる。 与えられた玉を全て打ち込むか、清算ボタンを押下、あるいは新たにメダルを投入するとゲームオーバーとなる。

点灯したランプの配列が「縦4つ」「横4つ」「中央4つ」のいずれかに該当すれば得点となり、これらの組み合わせが複数となった場合は合算され、得点に応じた枚数のメダルが清算時に払い出される。規定により、1ゲームにおいて獲得できる最高得点が10点(投入したメダル数の10倍)と決められているため、たとえランプが全点灯(パーフェクト)となった場合でも、10枚以上のメダルは払い出されない。

更に機種によっては、得点が2倍となる入賞口や、同時に複数の番号ランプが点灯する入賞口、中にはチューリップを採用してチャンスを拡大したものや、入賞と同時にメダルが払い出される入賞口を持ったものも存在する。

1982年頃、パチンコの「フィーバー」や「ターボシリーズ」、「スカーレット」等のデジパチに対抗して、デジタル表示の「大当たり役」を搭載した機種も登場した(アレンジフィーバー)。

これはアレンジボールとしての機能は同様であるものの、ゲーム性は大きく異なる。代表的なものはゲーム開始と同時にデジタル図柄が変動し、特定図柄の表示で大当たり状態となる。いったん大当たり状態に入ると1ゲーム毎に最高得点が容易に獲得できるようになり、その状態が電源を切るまで(店側が打ち止めとするまで)継続する。こうした過激な機種の登場により、それまでのものは便宜上、普通機と分類されるようになった。

更に、遊戯する際に一般的なパチンコ機同様、メダルを使用せずにパチンコ玉を追加して遊戯する仕様の、いわゆるアレパチが登場した。代表的なものは、特定のチューリップが(デジタル抽選によって)開放する事で通常は殆ど入賞の可能性がない番号ポケットへの入賞が容易となるタイプで、店側の設定した打ち止め個数まで続く一発台と同様の扱いとなった。

以後、アレンジボール本来のゲーム性はほとんど失われ、やがて大当たりを連続して当てるゲームが主流となり、パチンコ機の権利物とほぼ同様のゲーム性へと変化していった。

懐かしのフィーバーーアレンジを参照。

アレパチ[編集]

太陽電子(現・タイヨーエレック)はコインではなくパチンコ玉を使用し、パチンコ台と同じシマに入れられるようにした「アレパチ」を開発し、1982年に発売した。なお「アレパチ」という名称は、タイヨーエレックの登録商標である。以後、玉の払い出され方や保留玉の有無などが違うのみでデジパチや権利物と大差なく、パチンコ感覚で遊べるようになった。ただし4×4のボードの代わりに番号の上にランプが点灯するようになり、1〜4、8〜11など4連続の点灯で1点、特定の4連続の点灯でJP(ジャックポット)として3点が得点されるようになった。最高得点はアレンジボールと同じ10点(投入した玉数の10倍)である。

なお、初期のアレパチはゲームの途中で中断(清算)可能だったが、本来のプレイ料金は1ゲーム16球であり、アレンジボールでは途中清算しても残余遊技球に対する払い戻しが存在しないことと、途中清算を認めると「投入球数の10倍」という払い出し制限に抵触する(例えば5球で10点を得てその時点で途中清算すると5球に対して160球の払い戻しがあり、投入球数の32倍もの払い出しを行うことになる)ため、現行の規定では途中清算は禁止されている。

しかしアレパチは、あまりに射幸心を煽る仕様に発展した事から警察当局が介入し、強制撤去などの規制を受ける事となった。また2004年の規則変更によってパチンコCR機同様の出玉性能にするには複雑な遊技方法を強いられ、なおかつそれを逆用された攻略が通用したため、早期撤去の憂き目に会うことになった。

現在の様子[編集]

現在、規則変更及び規制強化によりいわゆる「みなし機」の撤去が義務付けられ、そのすべてが「みなし機」に該当するアレンジボールは、猶予期間満了とともに撤去された。このため、現行機種の存在しないアレンジボールは、ホールで活躍する現役としては存在しない。アレパチに関してはみなし機扱いとなり、極めて少数ながらパチンコ店に設置が残っている。パチンコと異なり大規模な補給装置や8号営業に適応させるための改造などを必要としないため、パチンコのシマへの設置ではなく、自立設置可能なように足をつけられたりアップライト筐体にされたりした8号営業向けの機種も多く存在しており、この一部が古いゲームセンターで稼動するのみとなっている。

最近は規則変更によってパチスロの射幸心が抑えられたこともあり、コインでパチンコに類似した遊技ができる(アレパチやパロットとは逆に、パチスロのシマに入れられる)アレンジボールや雀球を新しく開発しているメーカーもあるが、アレンジボールに関してはみなし機撤去後も検定にこぎつけておらず、復活には至っていない。(検定自体は現在も受け付けられており、雀球に関しては近年でも動きが見られる)[1]

2006年8月SANKYOから「CRビッキーチャンスREV.」が発売されたが、同機種はアレパチの盤面を模しているものの内部的にはデジパチであり、アレパチではない。

代表機種[編集]

  • アレジン(藤商事
  • エキサイト(藤商事)
  • アレンジマン(藤商事)
  • アレキング(藤商事)
  • サンライズ(藤商事)
  • シャトル21(藤商事)
  • 7UP (藤商事)
  • スーパーイーグル(藤商事)
  • バカづき浜ちゃん(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • スーパーアレパチ(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • ワイワイワイ、ワイワイワイ2(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • スロットル1号(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • スロットル2号(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • スロットル5号(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • パラダイス(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • タックル(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • クラッシュ(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • バロン(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • メカコング(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • クラウンAP(太陽電子(現・タイヨーエレック))
  • CRビッキーチャンスI(SANKYO

関連項目[編集]

脚注[編集]