直良有祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

直良 有祐(なおら ゆうすけ、1971年1月9日 - )は日本のゲームクリエイター島根県出身。フリー。

略歴[編集]

専門学校卒業後、東亜プランへ。アーケードゲームの開発に携わる。

1993年6月、スクウェアへ移籍。アートディレクターとして『ファイナルファンタジー』シリーズに参加。主に背景やモデリングの統括などを担当する。

その後いくつかの作品でキャラクターデザインを務めた後、制作集団WARHEADを結成。様々なメディアへと展開している『コード・エイジ』シリーズを立ち上げる。

2016年9月30日、スクウェア・エニックスを退社。

ロマンシング サ・ガ』のリメイクである『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』では発表当初キャラクターデザイン担当と表記されていたが、旧作から大きくリファインされたデザインが当時大きな物議を醸した。また、後に彼の役割の表記はアートディレクターと修正されている。これに関して『アルティマニア』では、コンペ形式でデザインを集めたと書かれており、またそれをまとめたキャラクターデザイナーとして鈴木康士がインタビューを受けているなど、実際のところリファインに対して直良がどの程度関わったのかは不明である。

フロントミッション5』のキャラクターデザイン以降は、それまでより彩度を抑えた落ち着いた画調となっている。

Photoshop利用者として有名で、Adobe公式サイトにてインタビュー記事が数度公開されている。

作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]