ディライトワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディライトワークス株式会社
DELiGHTWORKS Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
153-0042
東京都目黒区青葉台三丁目6番28号
設立 2014年1月22日
業種 情報・通信業
法人番号 8010401109902
事業内容 ゲームの企画・開発・運営
代表者 代表取締役会長 庄司顕仁
代表取締役COO 小野義徳
資本金 10,000,000円
関係する人物 塩川洋介
外部リンク https://www.delightworks.co.jp/
テンプレートを表示

ディライトワークス株式会社: DELiGHTWORKS Inc.)は、コンピューターゲームソフトウェア開発を行う日本企業

概要[編集]

2014年1月、スクウェア・エニックス出身の庄司顕仁によって設立される。庄司はスクウェア・エニックス(当初はスクウェア)に15年間在籍し、品質管理部門の責任者やアーケード部門の立ち上げ、グループ会社のタイトーの事業本部長などを務めた[1][2][3]。設立当初は庄司1人だけの会社だったが、従業員数は2014年中に30名ほど[2]、2018年7月時点では380名にまで膨らんだ[4]

2015年7月、開発を担当したiOS/Android用ゲーム『Fate/Grand Order』(配信元:アニプレックス)が配信開始。2016年10月、企画・開発を担当したiOS/Android用ゲーム『バンドやろうぜ!』(配信元:アニプレックス)が配信開始(2019年3月にサービス終了)。

2019年3月、インディーズゲームの開発支援およびパブリッシングを行うレーベル「ディライトワークス インディーズ」の立ち上げを発表[5]。同年7月にNintendo Switchで発売されたAREA35開発の『タイニーメタル 虚構の帝国』が同レーベルの第1弾タイトルとなった。

モバイルを中心としたビデオゲーム以外にも、2018年に第1弾が発売された『FGO』をモチーフにしたボードゲーム『Fate/Grand Order Duel』を皮切りにアナログゲームの開発、発売も展開している[6][7]

2016年8月、ゲーム開発を行う株式会社ミラクルポジティブの全株式を取得し、完全子会社とする[8]。2018年11月、開発体制の強化を目的とし、6つの制作部門を新設する組織改編を発表した[9]。2019年1月、Aimingと資本業務提携を結び、新作スマートフォン用ゲームの共同開発を模索していたが、2020年7月に提携解消を発表した[10]

ゲームタイトル[編集]

ビデオゲーム

発売/配信日 タイトル プラットフォーム 開発 発売/配信元 備考
2015年7月30日 Fate/Grand Order iOS/Android ディライトワークス アニプレックス
2016年10月13日 バンドやろうぜ! iOS/Android ディライトワークス アニプレックス 2019年3月29日サービス終了
2017年12月6日 Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト PS4 ディライトワークス アニプレックス
2018年6月28日 Fate/Grand Order Arcade アーケード セガ・インタラクティブ、ディライトワークス(共同開発) セガ・インタラクティブ
2019年7月11日 タイニーメタル 虚構の帝国 Switch AREA35 ディライトワークス 「ディライトワークス インディーズ」レーベル
2019年11月28日 紙謎 未来からの想いで Switch ギフトテンインダストリ、ディライトワークス(共同開発) ディライトワークス 「ディライトワークス インディーズ」レーベル
2019年12月20日 カプセルさーばんと iOS/Android TYPE-MOON TYPE-MOON ディライトワークスはiOS/Android版の制作を担当
2020年8月25日 Fate/Grand Order Waltz in the MOONLIGHT/LOSTROOM iOS/Android ディライトワークス アニプレックス
2020年12月15日 サクラ革命 〜華咲く乙女たち〜 iOS/Android ディライトワークス セガ 2021年6月30日サービス終了
2021年 MELTY BLOOD: TYPE LUMINA[11] PlayStation 4
Nintendo Switch
Xbox One
フランスパン ディライトワークス
未定 新規プロジェクト 未定 ディライトワークス ディライトワークス
未定 DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios 新規オリジナルゲーム 未定 ディライトワークス ディライトワークス
未定 ミコノート iOS/Android MADORCA ディライトワークス
未定 新ゲームプロジェクト iOS/Android

アナログゲーム

  • Fate/Grand Order Duel -collection figure-(2018年8月1日発売、発売元:アニプレックス)
  • The Last Brave(2018年12月13日発売)
  • CHAINsomnia〜アクマの城と子どもたち〜(2019年3月10日発売)
  • Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-(2019年8月3日発売)
  • シブヤ ストラグル(2019年12月4日発売)
  • この天才科学者が首席になれないとでもいうんですか?(2021年1月15日発売)[12]

アニメーション作品[編集]

OVA / Webアニメ[編集]

配信年 タイトル 制作スタジオ 備考
2021年 Fate/Grand Carnival Lerche 製作

脚注[編集]

  1. ^ 「Fate/Grand Order」が目指す,スマホ時代の新しい物語とは。奈須きのこ×武内 崇×庄司顕仁の3名に聞く,その狙いと手応え
  2. ^ a b 『Fate/Grand Order』の最新情報を大量公開! 奈須きのこ氏、武内崇氏にインタビュー - 電撃オンライン
  3. ^ CEDEC2018
  4. ^ 【セミナー】大団円に仲間を導く「プロジェクトマネージャー」のやりがいとは…ディライトワークスのPMのとある一日も公開 | Social Game Info
  5. ^ “ディライトワークスインディーズ”はともに飛び立つ仲間を求めている。キーパーソンが明かすインディーゲーム戦略 - ファミ通.com
  6. ^ 塩川洋介さん&白坂翔さん&磨伸映一郎さん対談。『FGO』のディライトワークスがボードゲームを作る狙いは? - 電撃オンライン
  7. ^ ボードゲーム「Fate/Grand Order Duel -collection figure-」のゲームルールが明らかに。リリースに先駆けた最速体験会の情報も判明
  8. ^ 【インタビュー】『Fate/Grand Order』開発・運営のディライトワークスが完全子会社化したミラクルポジティブとは 代表の加藤拓氏に訊く次なる一手 | Social Game Info
  9. ^ ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮 | GameBusiness.jp
  10. ^ 「FGO」のディライトワークス、「ログレス」開発元と提携解消 「当初想定した成果を享受できない」 - ITmedia NEWS
  11. ^ 『メルブラ』最新作『メルティブラッド︓タイプルミナ』2021年に発売決定。リメイク版『月姫』の世界観をベースに総勢10名以上のキャラクターが登場”. ファミ通.com. KADOKAWA (2021年3月26日). 2021年3月30日閲覧。
  12. ^ ディライトワークス株式会社 (2021年1月15日). “この天才科学者が首席になれないとでもいうんですか?”. ディライトワークス株式会社 コーポレートサイト. 2021年1月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 塩川洋介 - ディライトワークスクリエイティブオフィサー、第1制作部「DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios」ゼネラルマネージャー。
  • 直良有祐 - IZM designworks代表取締役、DELiGHT Art WorksおよびDELiGHT Graphic Worksクリエイティブオフィサー。

外部リンク[編集]