FRONT MISSION5 Scars of the War

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FRONT MISSION5~Scars of the War~
ジャンル ドラマティックシミュレーションRPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 スクウェア・エニックス
発売元 スクウェア・エニックス
人数 1人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 通常版:2005年12月28日
アルティメットヒッツ:2006年10月5日
対象年齢 CERO B(12歳以上対象)
テンプレートを表示

FRONT MISSION5~Scars of the War~』 (フロントミッションフィフス スカーズオブザウォー)は、2005年スクウェア・エニックスより発売されたPlayStation 2ゲームソフト。ジャンルはシミュレーションRPG

概要[編集]

2003年に再開されたフロントミッションプロジェクトの第5弾としてリリースされ、正史のフロントミッションシリーズでは5作目となる(『FA』『2089』を含めると7作目、更に『GH』『FMO』を含めると9作目)。U.S.N.に属する一兵士の2070年から2112年までの半生を綴っている。なお、第3作『3rd』のストーリーとの関係性の強い作品でもある。

キャッチコピーは「これは、戦いの歴史を駆け抜けた一人の兵士の物語――」。

2006年に廉価版「アルティメットヒッツ」として再発売。通常版に存在した不具合が一部修正されている。

シリーズでは唯一、海外でのリリースがなされていないタイトルである。

ストーリーは大別するとUSN陸軍編、ストライクワイバーンズ編、バーゲスト編の3つに分けられる。

あらすじ[編集]

これは、戦いの歴史を駆け抜けた一人の兵士の物語――

西暦2070年、ウォルター・フェングレン・デュバルランディ・オニールの3人は第1次ハフマン紛争に巻き込まれる。そこでウォルターは顔に火傷、グレンは手の甲に大きな傷跡を残したまま、ウォルターとランディはU.S.N.の施設に、グレンはO.C.U.の施設に送られていった。

西暦2086年、U.S.N.の一兵卒となった2人はある暴動を鎮圧するための任務でヴァンツァーに乗ったグレンと再会する。その3年後、二人はヴァンツァーパイロットになるための訓練を終え、晴れてヴァンツァーに乗ることを許される。

西暦2090年、ラーカス事件を引き金にして起こった第2次ハフマン紛争にて、ウォルターとランディはグレンと交戦、その結果グレンはU.S.N.軍に捕虜として連行されたはずだった……。

西暦2091年8月9日 フォートモーナスにて再会したグレンは、何のためらいもなくランディを殺す。この直後に停戦の連絡が伝えられ、後もう少し早ければ……と、ウォルターに深い傷跡を残した。3日後、ランディの遺品を整理していたウォルター、彼の部屋にあったとある部隊への編入志願書を見つけ、意志を継ぐ意味で申請する。地獄の編入訓練を経てU.S.N.海軍第11特殊機甲強襲連隊"ストライク・ワイバーンズ"に入隊したウォルター。そこの本隊長は、かつてウォルターとランディと同じ施設で育っていたリン・ウェンライトであった……。

評価[編集]

作品内容に対しては、システム面において、前作『4th』で導入されたリンクシステムにブラッシュアップが図られた他、『3』の発展形とも言える改造システム、ミニゲームのサバイバルシミュレーターや二周目以降のハードモード追加などシリーズ中でも高い完成度を得るものとなった[要出典]

演出面において述べると、前作『4th』では外国人声優を起用したが、今作は日本人声優が主要キャラクターの声を担当している。また、「フルメタル・ジャケット」、「ブラックホーク・ダウン」といった映画を彷彿とする演出が盛り込まれ、全体的に戦争映画を意識した構成がなされている(フルメタル・ジャケットに関しては、コメディシーンに随所、前半の海兵式しごきを意識したネタが見られる)。

後のゲーム誌でのインタビュー[要出典]によると本作のプロデューサーである土田俊郎は本作で女性ファンが増加したと語っている。ドラマ性を前面に出したストーリーとアニメや洋画吹き替えで著名な声優の起用が新規客層の開拓へと繋がったと思われる。

キャラクター[編集]

ゲームシステム[編集]

本作は、基本的にアドベンチャーパート→バトルステージの繰り返しでゲームが進行する。アドベンチャーパートでは基地や空母エクリプス内で情報収集を行ったり、兵士をスカウトすることが可能である。機体のセットアップ、パイロットの編成、シミュレーター、アリーナといったバトルステージへの準備もアドベンチャーパートおよびブリーフィングで行うことになる。バトルは基本的に従来のシリーズと同様にターン制のシミュレーションバトルで展開していく。 以下で、本作で採用されたシステムについて解説する。

スカウト
本作では主人公と同行するメカニック以外は固定メンバーがいないためプレイヤーが事前に兵士をスカウトして自分の小隊に加えることが出来る。パイロットをスカウトする際に重要になってくるのが適正ジョブと性格である。性格には「攻撃型」「味方重視型」「目標重視型」「慎重型」の4種類が設定されており、これによってバトル中の誤射の確率も変動するためスカウトする際には性格選びも重要になってくる。なおキャラクターの中にはS型と呼ばれる特殊なステータスを持ったものも存在する。適正ジョブについてはジョブの項目を参照。
スキル
スキルにはバトル中にランダムで発動する「バトルスキル」、セットするだけで効果を発動する「オートスキル」、リンクが可能となる「リンクスキル」、バトル中にコマンドとして選択できるようになる「コマンドスキル」、適正ジョブのみが覚えられる「スペシャルスキル」、小隊のメンバー全員に効果を及ぼす「リーダースキル」の6種があり、それぞれジョブレベルを上げることで覚えることが可能である。
ジョブ
各パイロットには適正ジョブとジョブレベルが設定されており、バトル中の行動によってジョブレベルが上がる。ジョブレベルを上げるとスキルを修得できる。適正ジョブ以外のジョブレベルを上げることも可能だが「スペシャルスキル」を覚えることはできない。ジョブには、格闘専門の「ストライカー」、近距離武器専門の「アサルト」、射程の長い腕武器専門の「ガンナー」、遠距離の肩武器専門の「ランチャー」、回復専門の「メカニック」、電子戦専門の「ジャマー」の6種類がある。「アサルト」、「ガンナー」の用語は他シリーズと微妙に違う使われ方をしているので注意。『4th』のレコンはジャマーのバックパックとして統合され、空輸と空爆を担当するコムスのバックパック、段差を無視して移動できるジェットバックパックは削除された(一部ミッションで敵のみが装着してくる)。
リンク
前作『4th』から引き続き採用された味方のユニットがサポートをしてくれるシステム。前作ではあらかじめパイロットごとに誰とリンクさせておくかを設定しておく細かい操作を必要としたが、今作では「リンクスキル」のセットだけでリンクが可能になった。
改造システム
3rd』にもあったヴァンツァーを強化するシステムの一つの発展型で、今作ではランクアップ制。シナリオの進行に伴い、RP(改造に必要な謎のポイント)を消費することによって、パーツの性能を上げることが出来る。なお、たとえそれが市販品であれパーツのレベルは常に1~12まで存在し、改造履歴を見ると一機種のパーツはレベル1から複数のバリエーション(HP重視型、出力特化型等)に分化していることがわかる。このように一つの能力を特化させるか、バランスを取るかといった個々のプレイスタイルが求められるようになった。
今作は武器も改造できるが、軽量化してしまうと以後改造不可になるものも存在する。
流れ弾
本作では射線(攻撃ユニットと被攻撃ユニットを結ぶ線)上にいるユニットにも流れ弾があたるようになった。そのため今まで以上に位置取りが重要になっていて、戦術の幅も広がっている。この要素はもっぱら敵同士の流れ弾を誘い耐久力を削ぐといった戦法に用いられている。また、本作では高低差等による命中率補正が存在しないなどシステム面で簡素化されていて、流れ弾を防ぐ場合は射線の判定のみに気を配れば良い。
アリーナ
いわゆる『1ST』、『2nd』の闘技場。最大3vs3のバトルが可能であり、CP(本作におけるお金のようなもの)を賭けて敵に勝てばそれぞれの対戦相手のオッズによって儲けることができる。また本作がシリーズ10周年記念作品ということもあってか、対戦相手のチームには過去のシリーズに登場した懐かしのキャラクターたちが多数登場する。ただし、『4th』と『5th』以外のキャラクターは本作用にデザインが変更されている。
時期的に登場がおかしいチームもいくつか存在する(誕生以前の人物や故人の登場)が、ファンサービスと見て目を瞑るのが吉。ただし、故人に関してはシステムでエミュレートしたものということになっている
サバイバルシミュレーター
本作オリジナルのシミュレーター。本編とは異なりパイロット一人での参加となり、指定された初期装備で出撃し、様々なパーツや武器を回収して強化し最大100層のステージをクリアする。
いわゆるローグライクゲームであるが、シミュレーター内で取得した武器やパーツの一部は持ち帰ることが可能であり、またここでしか取れないレアな武器やパーツが多数ありやりこみ性も充実している。改造については拾得したパーツか、拾得しなかったパーツ・武器分のRPを持ち帰るシステムとなっており、まさに究極の2択となっている。
シアター
既に見たムービーを視聴することが出来る要素。シナリオの名場面が揃っており、概略を見返す上でも便利であると概ね好評である。また、本作の迷彩やカラーは『2nd』以上に多彩なため、笑いを誘うセットアップで視聴することが出来る。

制作スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]