サイバーコネクトツー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社サイバーコネクトツー
CyberConnect2 Co.,Ltd.
CC2ロゴ.png
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目5番1号
博多大博通ビルディング10階
北緯33度35分36.6秒 東経130度24分57.4秒 / 北緯33.593500度 東経130.415944度 / 33.593500; 130.415944座標: 北緯33度35分36.6秒 東経130度24分57.4秒 / 北緯33.593500度 東経130.415944度 / 33.593500; 130.415944
設立 1996年2月16日
業種 情報・通信業
法人番号 9290001023640 ウィキデータを編集
事業内容 家庭用ゲームソフトウェアの企画・開発
代表者 代表取締役社長 松山 洋
資本金 40,000,000円
従業員数 158人(2018年3月現在)
外部リンク http://www.cc2.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社サイバーコネクトツー: CyberConnect2 Co., Ltd.)は、福岡県福岡市博多区に所在するゲームソフトウェアの企画・開発を事業内容とする日本の企業。

概要[編集]

1996年2月松山洋九州産業大学時代の友人らとともに有限会社サイバーコネクトを設立[1]。翌々年の1998年に処女作となる『テイルコンチェルト』をリリースした。翌年『サイレントボマー』をリリース。この2作品は大きな売上げにはならなかった。

テイルコンチェルトの開発から6か月間は、会社にパソコンが1台しかなかったという。また、デバッグ作業も少人数で常にチェック体制という無茶をして行われていた。その他様々な経験が、会社の開発体制として強い影響を与えている[2]

原作を基にした作品等ではない自社制作作品の場合、特に理由がなければ「主人公の年齢は14歳」で設定されている。これはその頃の少年の多感なイメージを強く尊重しているためである。

2001年に有限会社サイバーコネクトツーに社名変更したのち、2002年には1990年代後半から注目されつつあったオンラインゲームを舞台にし、4作構成からなる『.hack』に賭けることになった[3]。これが大きなヒットを呼び、後に『.hack//G.U.』が発売されるなど同社の中心的なゲームとなった。

2003年、株式会社に組織変更。岸本斉史漫画作品であるNARUTO -ナルト-を元にした格闘ゲーム『NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー』をリリース。

ナルティメットシリーズの開発にあたり、DVDや単行本などの関連グッズを社内に常備するなど、ナルトという作品への愛情や、キャラクターゲーム作りに対する深いこだわりを持っている[4]

同年7月、豪雨により事業所近隣を流れる御笠川が氾濫。事業所1階部分が浸水する被害にあった。幸い、電子機器類やデータ類はあらかじめ上の階に移動させ無事だったが、移動できなかった書類等が相当数浸水し、その状況が公式サイトに公開された。

2005年には福岡県の「消防・防災・安全」をイメージしたキャラクター「まもるくん」を製作。福岡県の消防防災安全課と連携して防災メールを開発し、防犯コンテンツの一つとなった。

2007年10月3日に創立12周年を記念し、ブランドロゴとドメイン名を一新し、新たに映像制作・音楽制作専門のチームを結成させた。

2010年7月12日、新たな拠点として東京スタジオを開設し、福岡と東京が連携をとった新プロジェクトを始動させた。

開発タイトル[編集]

家庭用ゲーム作品[編集]

  • テイルコンチェルト
  • サイレントボマー
  • ソウルキャリバーV(グラフィック製作を担当)
  • .hackシリーズ
  • NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー
  • NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー2
  • NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー3
  • NARUTO -ナルト- ナルティメットポータブル 無幻城の巻
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル2
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル3
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメッインパクト
  • NARUTO -ナルト-ナルティメットストーム
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム3
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション
  • NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットストームレボリューション
  • Solatorobo それからCODAへ
    • 2007年6月28日に別のプロジェクトとしてニンテンドーDS用のゲームを開発中であることが判明。その時に公開されたイラストではテイルコンチェルトおよびリトルテイルブロンクスとの関連が伺われた。2010年3月18日に、正式に公式サイトが作られた。発表当時のタイトルは「solarobo ソラロボ」で、後に現在のタイトルに改題した。
  • アスラズ ラース
  • ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
  • ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン

携帯電話アプリ作品[編集]

映像作品[編集]

その他[編集]

  • サイバーコネクトツー設立15周年記念新プロジェクト
    • 2010年7月8日、公式サイトと共に公表。しかし、その後企画そのものが立ち消えとなった事を発表した。キービジュアルのキャラクター・単語からリトルテイルブロンクスの関連作品とされており、キービジュアルには「Strelka Stories」という仮称らしき文字が記されていた。

プロジェクト[編集]

出典[編集]

  1. ^ 福岡発の人気ゲーム映画化 東京で上映 連日盛況 「ドットハック」 制作会社社長が監督”. 西日本新聞 (2007年12月26日). 2007年12月27日閲覧。
  2. ^ 2005年に制作された記念史、「10年の軌跡」より
  3. ^ 『.hack//The World Vol.1』角川書店、2003年。
  4. ^ 文化庁メディア芸術祭、エンタメ部門シンポジウムを開催 松山氏「キャラクターゲームを軽い気持ちで作るな!」”. Impress GAME Watch (2010年2月15日). 2010年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

  • GFF - サイバーコネクトツーが加盟している
  • LieN - サイバーコネクトツー所属の音楽ユニット
  • 松山洋 - サイバーコネクトツー代表取締役社長

外部リンク[編集]