架神恭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

架神 恭介(かがみ きょうすけ、1980年[1]3月28日[2] - )は日本作家漫画原作者

来歴[編集]

広島県出身。早稲田大学第一文学部卒業。フェチ系アダルトビデオのパロディ作品「広辞苑の女」で耳目を集め、Webサイト「完全パンクマニュアル」の書籍化により作家デビュー。その後、音楽からマキャヴェリズム宗教書など多くの分野で本を執筆している。またケータイ小説も執筆する[3]。自らが構築したテーブルトークRPG、「戦闘破壊学園ダンゲロス」の小説を執筆し、講談社BOX新人賞POWESにて受賞。小説家としてもデビューした。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

実用書[編集]

小説[編集]

単行本
短編集
  • 戦慄怪奇学園ダンゲロス ―(2015年9月発売、ASIN B015KYJT6Q)
  • 怪傑教師列伝ダンゲロス ―(2015年9月発売、ASIN B015WMCX0U)
短編
  • 天を衝く (講談社BOX『BOX-AiR』22号、2013年1月)
  • 戦慄怪奇学園ダンゲロス ~這い寄る晩餐~ (講談社BOX『BOX-AiR』35号、2014年2月)
  • ダンゲロスベースボール ―(2015年9月発売、ASIN B015BONLV4)

漫画[編集]

映像作品[編集]

  • 「広辞苑の女」

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「よいこの君主論」著者プロフィール欄記載
  2. ^ カガミ・ドット・ネット
  3. ^ キョースケ”. ケータイ小説野いちご. スターツ出版. 2012年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]