北島行徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北島 行徳(きたじま ゆきのり、1965年6月22日 - )は、日本ノンフィクション作家、シナリオライター、小説家東京都出身。

アンチテーゼ北島リングネームプロレスを行なうかたわら、小説、ゲームシナリオを書く。

サウンドノベルゲーム『428 〜封鎖された渋谷で〜』では、商店街監視カメラモニター室の管理人役として、本人役でカメオ出演している。

経歴[編集]

作品リスト[編集]

ノンフィクション[編集]

  • 無敵のハンディキャップ 障害者が「プロレスラー」になった日(1997年12月 文藝春秋、1999年6月 文春文庫
  • ラブ&フリーク ハンディキャップに心惹かれて(2000年6月 文藝春秋)
  • 弾むリング 四角い「舞台」がどうしても必要な人たち(2002年7月 文藝春秋)

小説[編集]

ゲームシナリオ[編集]

漫画原作[編集]

アニメ[編集]

その他の作品[編集]

  • 映画「無敵のハンディキャップ」(1993年) 監督:天願大介 − 出演
  • 映画「DOGLEGS」(2015年)監督:ヒース・カズンズ − 出演

脚注[編集]

  1. ^ 極黒のブリュンヒルデ : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]