エイチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エイチーム
Ateam Inc.
Dai-Nagoya Building from Midland Square.JPG
本社の入居する大名古屋ビルヂング
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3662
2012年11月22日上場
本社所在地 450-6432
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28番12号大名古屋ビルヂング32F
北緯35度10分19.01秒
東経136度53分3.92秒
座標: 北緯35度10分19.01秒 東経136度53分3.92秒
設立 2000年2月29日
業種 情報・通信業
法人番号 6180001055771
事業内容 3つの軸で事業を展開する総合IT企業
スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリの企画・開発・運営
人生のイベントや日常生活に密着した比較サイトや情報サイトの企画・開発・運営
自転車通販サイトの運営
代表者 代表取締役社長 林高生
資本金 832,245千円(2018年1月31日時点)
発行済株式総数 19,732,000株(2018年1月31日時点)
売上高 346億03百万円(2017年7月期)
営業利益 40億77百万円(2017年7月期)
純利益 25億79百万円(2017年7月期)
純資産 74億56百万円(2017年7月期)
総資産 131億40百万円(2017年7月期)
従業員数 社員735名、役員8名(2018年1月末現在)
決算期 7月
主要子会社 株式会社エイチームブライズ 100%
株式会社エイチーム引越し侍 100%
株式会社エイチームコネクト 100%
株式会社エイチームライフスタイル 100%
Ateam Vietnam Co., Ltd.
Increments株式会社
外部リンク http://www.a-tm.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エイチーム: Ateam Inc.)は、名古屋に本社を置くスマートフォン向けコンテンツ、及び、インターネット向け比較サイト・サービスの開発・運営会社である。

概要[編集]

株式会社エイチームは「ユニゾンリーグ」「ヴァルキリーコネクト」などのスマートフォン向けゲームアプリを提供するエンターテインメント事業や、引越しの比較・予約サイト「引越し侍」、車査定・車買取サイト「ナビクル」、結婚式場情報サイト「ハナユメ」などを運営するライフスタイルサポート事業、自転車専門通販サイト「cyma-サイマ-」を運営するEC事業の3事業を展開している企業である。

社名のエイチームは、創業者の林高生が中学時代に憧れた『特攻野郎Aチーム』から来ている[1]。一人のスーパースターではなく、力を合わせることを大切にする会社という意味が込められている[1]

現在の社章は2006年に制定され、アルファベットのAが繋がって輪になり、それが王冠のように見える作りになっている。それ以前はエイタロウというロゴマークが存在した[1]

沿革[編集]

  • 1997年 6月 - 岐阜県土岐市にて、林高生の個人事業として、ソフトウエアの受託開発を開始
  • 2000年 2月 - 有限会社エイチームを岐阜県多治見市に設立
  • 2000年 8月 - 携帯電話向けコンテンツの受託開発を開始
  • 2000年11月 - 本社を名古屋市に移転
  • 2003年 3月 - 携帯電話向け公式サイトの運営を開始
  • 2004年11月 - 株式会社に組織変更
  • 2006年 6月 - 現在のライフサポート事業の初サービスとなる「引越し価格ガイド」サービスを開始
  • 2006年 9月 - 携帯電話向けとして国内初の多人数参加型リアルタイムオンラインRPG 「エターナルゾーン」 をリリース
  • 2007年 2月 - 本社を名古屋ルーセントタワーに移転
  • 2007年 9月 - 中古車買取価格の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」サービスを開始
  • 2008年 9月 - プライバシーマークの認証を取得
  • 2008年10月 - 結婚式場の検索・予約・情報サイト「すぐ婚navi」サービスを開始
  • 2008年10月 - スマートフォンアプリの配信を開始
  • 2009年 8月 - ソーシャルゲームの配信を開始
  • 2010年 7月 - 女性向け体調管理・悩み相談サイト「ラルーン」サービスを開始
  • 2011年 8月 - グリー株式会社と業務提携
  • 2012年 4月 - 東証マザーズに上場
  • 2012年 9月 - 開発拠点として大阪市北区梅田阪急ビルに「大阪スタジオ(現大阪オフィス)」をオープン
  • 2012年11月 - 東証一部に市場変更
  • 2013年 2月 - ブライダル事業を分離し、100%子会社の株式会社A.T.brides(現エイチームブライズ)を設立[2]
  • 2013年 8月 - 引越し比較事業、テレマーケティング事業、車査定・車買取サイト事業を分離し、100%子会社の株式会社引越し侍(現エイチーム引越し侍)、株式会社A.T.サポート(現エイチームコネクト)、株式会社エイチームライフスタイルを設立[3]
  • 2014年1月23日 - NHNエンターテインメントとの合弁会社である株式会社Ateam NHN Entertainmentを設立[4]
  • 2015年9月 - NHNエンターテインメントとの資本提携を解消
  • 2015年9月 - 株式会社Ateam NHN Entertainmentを解散
  • 2015年9月 - 東京都港区に「東京スタジオ(現東京オフィス)」をオープン
  • 2015年5月 - 本社を大名古屋ビルヂングに移転
  • 2016年12月 - 子会社としてAteam Vietnam Co., Ltd.を設立
  • 2017年5月 - 大阪オフィス拡張移転
  • 2017年12月 - Qiitaを運営するIncrements社を買収[5]
  • 2018年2月 - 福岡市博多区に「福岡オフィス」をオープン

主なサービス[編集]

  • エンターテインメント事業
  • ライフスタイルサポート事業
  • EC事業

提供番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2018年7月30日付中日新聞朝刊7面(地域経済)「社章は語る 中部カイシャ図鑑〈5〉 エイチーム」より。
  2. ^ 子会社設立に関するお知らせ (PDF) (2013年2月22日、株式会社エイチーム・コーポレートニュース)
  3. ^ 子会社設立に関するお知らせ (PDF) (2013年8月14日、株式会社エイチーム・コーポレートニュース)
  4. ^ 当社とNHNエンターテインメントによる合弁会社の設立手続き完了のお知らせ (PDF) (2014年1月23日、株式会社エイチーム・コーポレートニュース)
  5. ^ 「Qiita」運営会社、スマホゲームのエイチームが買収” (2017年12月22日). 2017年12月28日閲覧。
  6. ^ エイチーム初の一社提供ミニ番組『This is IT!』を最強の枠で6月7日より放送開始!ミニ番組にあわせて、初のコーポレートCMの放映も同時スタート!”. 株式会社エイチーム. 2015年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]