ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE /
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE
ジャンル ボードゲーム
対応機種 iアプリ (i)
EZアプリ (BREW) (EZ)
開発元 株式会社スクウェア・エニックス、有限会社パパイヤ電池開発
発売元 株式会社スクウェア・エニックス
人数 1人
発売日 FF版/i,EZ: 2010年7月1日
DQ&FF版/i,EZ: 2011年2月3日
テンプレートを表示

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE』(ドラゴンクエスト アンド ファイナルファンタジー イン いただきストリート モバイル)は、スクウェア・エニックス携帯電話向けに配信しているボードゲーム。当初は『ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE』として配信開始されたが、後にバージョンアップでタイトルと内容が変更された。2作品合わせて『いただきストリート』シリーズ第9・10作目にあたる。

概要[編集]

同じく携帯電話向けに先行して配信された『いただきストリートMOBILE どんどん開店!増築中!』が原作の世界観に倣った作品だったのに対し、本作はPlayStation版『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial』(以下、『Special』)やPlayStation Portable版『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル』(以下、『ポータブル』)に倣い、他作品とのコラボレーションを押し出した作品となっている。

2010年6月7日に『ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE』(以下、『FFいたストMOBILE』)の無料おためし版が先行配信された後、2010年7月1日に『FFいたストMOBILE』正式版が配信開始。当初はその名の通り、ファイナルファンタジーシリーズ(以下、FFシリーズ)のキャラクターとマップに限定した作品となっていた。

2011年2月3日より、タイトルが『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE』(以下、『DQ&FFいたストMOBILE』)となり、前作の内容をそのまま引き継ぎつつドラゴンクエストシリーズ(以下、DQシリーズ)のキャラクターとマップを加えた内容にバージョンアップされた(同時に、前作の配信は終了した)。

登場キャラクターとマップは『Special』と『ポータブル』の両方から選ばれており、基本的に『ポータブル』に出演していたキャラクターは『ポータブル』に、『Special』のみ出演だったキャラクターは『Special』にそれぞれ準じている(ただし、SランクのキャラクターはすべてAランクに変更されている)。また、本作より新たに参戦したキャラクターや新規のマップも存在する。

2010年7月1日の配信開始から2012年2月13日までにかけて、毎月新しいマップ1種と対戦キャラクターが追加されていた。

登場キャラクター[編集]

太字はデフォルトキャラクター。その他のキャラクターは追加購入する必要がある。括弧内はランクと配信日。プレイヤーではないサブキャラクターは省略する。

ファイナルファンタジーシリーズより[編集]

2011年2月3日以降の配信キャラクターは『DQ&FFいたストMOBILE』以降で登場。ライトニングは『FFいたストMOBILE』では体験版特典の連動隠しキャラクターだったが、続編『DQ&FFいたストMOBILE』では通常の追加キャラクターになっている。

ドラゴンクエストシリーズより[編集]

『DQ&FFいたストMOBILE』以降で登場。サンディは体験版特典の連動隠しキャラクター。

マップ[編集]

太字はデフォルトマップ。その他のマップは追加購入する必要がある。括弧内は配信日。

マップ(ファイナルファンタジーシリーズより)[編集]

2011年2月3日以降の配信マップは『DQ&FFいたストMOBILE』以降で登場。

マップ(ドラゴンクエストシリーズより)[編集]

『DQ&FFいたストMOBILE』以降で登場。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PC公式サイトでは「ドラゴンクエストシリーズ」、携帯電話公式サイトでは第1作『ドラゴンクエスト』からの出典となっている。

外部リンク[編集]