ボンバーマンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボンバーマンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:タイトルのロゴタイプ画像提供をお願いします。2018年9月
ボンバーマンシリーズ
ジャンル アクション
開発元 ハドソン[注 1]
発売元 ハドソン[注 1]
主な製作者 中本伸一
藤原茂樹
水野祥司
竹間淳
星恵太
坂東章平
渡辺達光
1作目 ボンバーマンファミリーコンピュータ[注 2]
1985年12月20日
最新作 スーパーボンバーマン R
2017年3月3日
公式サイト ボンバーマン 公式サイト | Bomberman Official Site[注 3]
テンプレートを表示

ボンバーマンシリーズ (Bomberman Series) は、ハドソンコンピュータゲームシリーズ。

株式会社ハドソンは2012年にコナミデジタルエンタテインメント (KDE) に吸収合併され、以降KDEがシリーズの著作権を保有している。

概要[編集]

基本的な内容としては、キャラクターを動かしながら爆弾(ボム)を配置し、十字型に広がる爆風を利用して敵を倒していくアクションゲーム(シリーズ・作品によってはゲームジャンルやゲームシステムが異なる場合もある)。爆風はアイテム「ファイアーアップ」を取るたびに1マスずつ広がり、またアイテム「ボムアップ」を獲得するとステージ内に同時に置ける爆弾の数を1つ増やすことができる。爆弾は配置後一定時間で爆発するが、アイテム「リモコン」を取ると任意のタイミングで起爆できるようになる。途中に障害物(破壊可能な「ソフトブロック」や、破壊不可である「ハードブロック」等)がある場合、原則として爆風はそこで遮断される。自キャラは敵や爆風に触れるとやられてしまうが、アイテム「無敵スーツ」を取ることで一定時間爆風や敵に触れても平気となる。この他にも様々なアイテムが登場するが、作品によって少しずつ違いがある。また、アイテムの名称も作品によって異なる。

作中では主人公であるボンバーマンをはじめ、様々なキャラクターが登場する。例えば乗り物としてのキャラクターには「ルーイ」や「ティラ」等のキャラクターが登場する。他にも敵キャラクターには悪の天才科学者「バグラー」や、悪の組織“ヒゲヒゲ団”の総帥「ムジョー」を始め、個性に富んだキャラクターが多い。

ボンバーマンシリーズの造語として、シリーズ作品をプレイすることを「ボバる」、シリーズ作品をプレイする人を「ボバリスト」[1]ともいう。

ゲームタイトルの変遷とシリーズの誕生[編集]

ゲームタイトルに関する一説[編集]

ここではかつて高橋名人(元ハドソンのスタッフ)がゲームタイトル名に関して述べていた内容[2]を扱う[注 4]

8ビットパソコン (PC-8801) 用として1983年7月に作られた『爆弾男』というゲームソフトがあり、それを欧州で販売する話が持ち上がり、題名を一旦『BOMBER MAN』にすることにしたが、当時ドイツの空港で爆弾テロが起きたため、それを連想させる"bomber"はまずいだろうということで取りやめになった[注 5]という。また、1985年にファミリーコンピュータに移植する際に同様の話が出たが、『爆弾男』と『ボンバーマン』のいずれにするか悩んでいた所に、皇居半蔵門ロケット弾(火炎弾)が打ち込まれるという事件[3]が発生したため、日本では逆に“爆弾”ではまずいということになり表題をボンバーマン (BOMBER MAN) としたとのことである。ただし、実際のところこの事件は初代ボンバーマンの発売から約3か月後の1986年3月25日に発生しているため、上記とは矛盾する[注 6]

シリーズの誕生[編集]

1985年にはファミリーコンピュータ向けに中本伸一が手掛けたシリーズ第一作『ボンバーマン[注 7](以下、初代ボンバーマン)が発売され、以後シリーズ化することとなった。余談だが、『スターパロジャー』の取扱説明書ではボンバーマンの履歴書の生年月日の欄に初代ボンバーマンの発売日が記されている。

初代ボンバーマンは先行する人気作品『ロードランナー』(ファミコン版)の敵役とデザインがほぼ同じとなっており、「爆弾製造に従事させられていたロボットの一体が、“地下迷宮を抜けだして地上に出れば、人間になれるらしい。”との噂を聞いて決心し、自身が製造していた爆弾だけを武器に脱出を図る」という物語をつくり[6]「ボンバーマンを攻略して見事人間になる事が出来た彼はロードランナーとして、地下[注 8]へと入っていった」ということにして両者を関連づけた[2][注 9]が、後の作品ではこの世界観は使われなくなった[注 10]

発音[編集]

本来英語の"Bomber"は4文字目の"b"を発音しないため「ボマー(バマ)」という発音が近いが、このシリーズでは「ボンバー」と呼称し、「ボンバーマン」と読む。海外に関しても同様で基本的に「ボマー」という発音はせず、「Bomberman」は「ボンバマン」(頭に第一強勢)のように発音する。

歴史[編集]

誕生の経緯には諸説あり。高橋名人[注 4]の『ファミコン戦士に告ぐ 名人はキミだ! オレの秘技まるごと初公開』によると、当時「ファミコンは子供のオモチャ」と思われていた状況を見て、大人が楽しめるソフト、特にストレス発散ができるソフトというのが最初の発想で、数々のアイデア[8]から「爆弾で爆発させる」というアイデアが採用されたという。一方、『スーパーボンバーマン 公式ガイドブック』によると、中本伸一がファミコンソフトの材料探しに過去のPCソフトを掘り起こしたところ『爆弾男』を発見し、ファミコン向けにアレンジして発売できないか、というのが最初の発想だったと語られており、こちらが有力と思われる[9]

ハドソンが移植を担当したファミコン版『ロードランナー』の主人公ランナー君がかつては悪の手先として働かされたロボット(グラフィックはファミコン版『ロードランナー』の敵キャラのもの)だったという、ロードランナーのスピンオフストーリー的な作品と位置づけられた。

後に、グラフィックをリアルにして、ストーリー性を持たせた『ボンバーキング』という『ボンバーマン』を派生させた作品をファミコン等で出す[注 11]

PCエンジン版ではボンバーマンを「ハドソンのマリオ[注 12]」にしようと努めた藤原茂樹(後にシリーズプロデューサーを務める)がマルチタップを使った多人数のバトルゲームを考案し、パーティーゲームとしての人気を博した[10]。こうしてボンバーマンは藤原の目指したようにハドソンの看板タイトルのひとつとなり、バトルゲームは以後多くのシリーズ作品に搭載されることとなる。

任天堂の据置型ゲーム機における作品では1991年の『ボンバーマンII』で初めてバトルゲーム[注 13]が搭載され、1993年の『スーパーボンバーマン』により更にバトルゲームが普及することになり、以後『スーパーボンバーマン』シリーズとして「5」まで展開した。また、同年にはイベント用に10人対戦機能を搭載した世界初のハイビジョンゲーム『HI-TEN ボンバーマン』[11]が登場し、1996年の『サターンボンバーマン』では家庭用ゲーム機においてシリーズ初の10人対戦を実現した。

1997年にはシリーズ初の3Dアクション『爆ボンバーマン』、1999年にはシリーズ初の2バージョンタイトル『ボンバーマンMAX』が発売された。また別ジャンルへの進出もあり、1994年に落ちものパズルゲーム『ボンバーマン ぱにっくボンバー』も登場し、後にシリーズ化した他、1998年にはシリーズ初のレースゲーム『ボンバーマン ファンタジーレース』が発売された。

また、1993年にはボンバーマンから派生した玩具『ビーダマン』シリーズが発売され、漫画やアニメのメディア展開もされた。

かつてのボンバーマンのキャラクターデザインは作品ごとにバラバラで統一されていなかったが、1993年以降アニメーター出身の水野祥司が関わりはじめ、大衆に知られるお馴染みのキャラクターデザイン[12]を確立させた。『新ボンバーマン全百科』(小学館)では、水野は自身のキャラクターデザインについて「(従来の人のような等身だったデザインから)より動きが出るような形に変えて」いったと発言している。また、2000年発売の15周年を記念した『ボンバーマンランド』では、より小さくデフォルメされたキャラクターデザインも登場し、ランドシリーズを始め一部作品で使用されることとなる。2002年には世界観やキャラクターデザインを一新した[注 14]テレビアニメ『ボンバーマンジェッターズ』がテレビ東京系列で放送され、またこれらを題材としたゲーム作品もハドソンより発売された。
(キャラクターデザイン参考:[13]

1985年の初代ボンバーマン以来多く作曲を務めた竹間淳は、ボンバーマンシリーズの楽曲を担当するにあたって「テクノ・コンセプトの拡張、メロディーの復権、日本のペンタトニックの採用、アラブ音楽の旋法理論およびリズム体系の導入」等の試みを意識していたことを述べている[14]。他にもシリーズの代表的な作曲担当には福田裕彦星恵太坂東章平山本裕直がいる。また、2005年10月には音楽CD「ボンバーマン ザ ミュージック」が発売された。

1990年代前半にはテレビCM等でボンバーマンの声を杉山佳寿子が担当し、1994年以降はゲーム内でも同じく杉山が声を当てるようになった。なお、1999年以降は他の声優がボンバーマン役に起用されるケースも多い。

2005年にはニンテンドーDS『ボンバーマン』で最大8人の二画面を行き来しながら行うバトルを実現し、後のシリーズ作品でも採用されるようになった[注 15]。翌年8月3日には、キャラクターデザインや世界観に初代ボンバーマンのエッセンスを取り入れながら大きく一新させたXbox 360用ソフト『BOMBERMAN Act:Zero』が発売された。

2010年に行われたE3 2010ニンテンドー3DS向けに新作が発売されることが発表されたものの[15]、理由は不明のまま発売中止となり、2012年にはハドソンがKDEに吸収された。その後KDEより発売された家庭用ゲーム機向けのシリーズ新作は現時点で『スーパーボンバーマン R』(2017年)の一本のみであり、ハドソンの頃に比べてKDEはシリーズ作品の発売にかなり消極的といえる。なお、ハドソンから販売された最後の家庭用ゲーム機向けシリーズタイトルは2009年12月発売の『Bomberman LIVE: Battlefest』である。

これまでに発売されたシリーズ作品に関しては後述

オンラインプレイ[編集]

有名なものとしては、ボンバーマンオンラインが長期のベータテストを経て正規サービスを開始していた(プレイ自体は無料だが、アバターの装飾用アイテムなどが有料化されている)のが挙げられる。

家庭用ゲーム機でのオンラインプレイ対応ソフトは『サターンボンバーマン XBAND』(1996年、セガサターン、要サターンモデム)がシリーズ初。また、『ネットでボンバーマン』(2004年、PlayStation 2) も後に発売されたが、当時PSBB対応のPS2(厚型のSCPH-55000)が店頭で品薄であったこと、プレイに月額料金が必要となることもあってか2006年1月末日をもってサービスを終了した。

2006年7月20日発売のニンテンドーDS版『Touch!ボンバーマンランド』のボンバーマンバトルパックでは携帯用ゲーム機初、無料でオンライン対戦できるようになった。またシリーズで初めてニンテンドーWi-Fiコネクション[注 16]に対応した作品でもあった。なお、WiiPlayStation 3Xbox 360等の据置型ゲーム機でも、それぞれオンライン対戦対応のシリーズ作品がリリースされている。

2012年3月にはソーシャルゲームとして『100人大戦ボンバーマン』がリリースされた。

また海外では1997年にInterplay Entertainmentが製作したオンライン対応PCゲームAtomic Bomberman』が発売されていた。

世界観[編集]

本シリーズの世界観の最大の特徴は、あまり細かく設定が決まっていない点にある。そのため、付与された設定が次回作で消滅したり、作品毎に設定が変更されたりすることも多い。また、当時のシリーズプロデューサーである藤原茂樹は「こちらからおしつける世界観は作らないようにしている」といった趣旨の内容の発言をしており、世界観を狭めず、ユーザーに想像の余地を与えた上で、各ユーザーの考えるボンバーマンの世界観を大事にすることを意識しているのが窺える[16]。ここではシリーズ作品の各々の世界観の中でも、多くの作品に共通した部分を扱う。

基本的には世界征服及び宇宙征服を企む者、世界や宇宙に害をなす者が悪として登場し、ボンバーマンがそれらの悪に対して爆弾を武器に戦うといったものになっている。

ボンバーマンが敵と戦う場所は基本的に宇宙が舞台であるものが多く、ボンバーマンが住んでいる惑星は「ボンバー星」とされる場合が多い(地球と考えられる作品もある[17])。ボンバー星のデザインはボンバーマンの顔の形をしている[注 17]が、突起物の方は別の惑星だったり、衛星だったりする。

多くの作品において共通してる点としては、科学は相当発達しており、ロボットを簡単に生み出したりする技術力と宇宙船、人工惑星の存在、宇宙用兵器といった宇宙に関する技術力はかなり高いとみられる。

宇宙が舞台である作品では、文化や習慣は各惑星によって異なっている物が多い。例をあげるなら『ボンバーマンMAX』に登場した、原人や野獣が走り回る未開の惑星「原始惑星 ザウルススター」、全てを機械が管理する未来的な科学惑星「機械惑星 フューチャースター」や、『ボンバーマンストーリーDS』に登場した、自然に囲まれ住人は木造建築に住んでいる惑星ノインウッドと、技術力が高く海底に町を作り暮らしている惑星ゼクスマリンなど。

なお、シリーズの中には他作品と世界観を一切共有せずに独自の世界観を築いている作品も存在する(詳しくはキャラクターの項を参照)。

キャラクター[編集]

世界観」の項でも述べた通り、ボンバーマンシリーズには他作品と世界観を一切共有しない作品が存在しており、登場人物もまったく異なる場合が多い。それらの作品と区別する意味で、世界観を共有している(と思われる)作品[注 18]に登場するキャラクターをWikipediaでは「基本キャラクター」(通常世界観に登場するキャラクター)と呼ぶ。

以下は明らかに登場キャラクターが違うか、公式的に世界観が違うと断言された作品であり、Wikipediaでは「基本キャラクターが登場する作品」に該当しないものとして扱う。

シリーズ[編集]

2012年2月29日まではハドソンが発売元であるが、それ以降は同社を吸収合併したKDEが発売元となっている(ただし、2013年12月31日まではハドソンブランドに属する)。

家庭用ゲーム機向けタイトル[編集]

ハドソンの家庭用ゲーム機向けタイトル[編集]

タイトル 発売日 ハード 英題
ボンバーマン 日本の旗 1985年12月20日 ファミリーコンピュータ Bomber Man
ボンバーキング 日本の旗 1987年8月7日 ファミリーコンピュータ Robo Warrior
Bomber King
ボンバーボーイ 日本の旗 1990年8月31日 ゲームボーイ Atomic Punk
Bomber Boy
ボンバーマン 日本の旗 1990年12月7日 PCエンジン Bomber Man
ボンバーマンII 日本の旗 1991年6月28日 ファミリーコンピュータ Bomberman II
ボンバーマン'93 日本の旗 1992年12月11日 PCエンジン Bomberman '93
スーパーボンバーマン 日本の旗 1993年4月28日 スーパーファミコン Super Bomberman
ボンバーマン'94 日本の旗 1993年12月10日 PCエンジン Bomberman '94
スーパーボンバーマン2 日本の旗 1994年4月28日 スーパーファミコン Super Bomberman 2
ボンバーマンGB 日本の旗 1994年8月10日 ゲームボーイ Wario Blast: Featuring Bomberman!
Bomberman GB
ボンバーマン ぱにっくボンバー 日本の旗 1994年12月22日 PCエンジン SUPER CD-ROM2 Bomberman Panic Bomber
スーパーボンバーマン ぱにっくボンバーW 日本の旗 1995年3月1日 スーパーファミコン Super Bomberman Panic Bomber W
スーパーボンバーマン3 日本の旗 1995年4月28日 スーパーファミコン Super Bomberman 3
とびだせ!ぱにボン 日本の旗 1995年7月21日 バーチャルボーイ Bomberman Panic Bomber
Tobidase!Panibon
ボンバーマンGB2 日本の旗 1995年8月10日 ゲームボーイ Bomberman GB[注 21]
Bomberman GB2
スーパーボンバーマン4 日本の旗 1996年4月26日 スーパーファミコン Super Bomberman 4
サターンボンバーマン 日本の旗 1996年7月19日 セガサターン Saturn Bomberman
ボンバーマンコレクション 日本の旗 1996年7月21日 ゲームボーイ Bomberman Collection
サターンボンバーマン XBAND 日本の旗 1996年9月27日 セガサターン Saturn Bomberman XBAND
ボンバーマンGB3 日本の旗 1996年12月20日 ゲームボーイ Bomberman GB3
ボンバーマンビーダマン 日本の旗 1996年12月20日 スーパーファミコン Bomberman B-daman
スーパーボンバーマン5 日本の旗 1997年2月28日 スーパーファミコン Super Bomberman 5
爆ボンバーマン 日本の旗 1997年9月26日 NINTENDO64 Bomberman 64
Baku Bomberman
サターンボンバーマンファイト!! 日本の旗 1997年12月11日 セガサターン Saturn Bomberman Fight!!
ポケットボンバーマン 日本の旗 1997年12月12日 ゲームボーイ Pocket Bomberman
ボンバーマンワールド 日本の旗 1998年1月29日 PlayStation Bomberman World
ボンバーマンウォーズ 日本の旗 1998年4月16日 PlayStation
セガサターン
Bomberman Wars
ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え! 日本の旗 1998年4月30日 NINTENDO64 Bomberman Hero
ボンバーマン ファンタジーレース 日本の旗 1998年8月6日 PlayStation Bomberman Fantasy Race
ボンバーマン 日本の旗 1998年12月10日 PlayStation Bomberman Party Edition
Bomberman
ボンバーマンクエスト 日本の旗 1998年12月24日 ゲームボーイカラー
ゲームボーイ
(共通)
Bomberman Quest
爆ボンバーマン2 日本の旗 1999年12月3日 NINTENDO64 Bomberman 64 The Second Attack!
Baku Bomberman 2
ボンバーマンMAX 光の勇者 日本の旗 1999年12月17日 ゲームボーイカラー Bomberman Max Blue Champion
ボンバーマンMAX 闇の戦士 日本の旗 1999年12月17日 ゲームボーイカラー Bomberman Max Red Challenger
ボンバーマンランド 日本の旗 2000年12月21日 PlayStation Bomberman Land
ボンバーマンストーリー 日本の旗 2001年4月27日 ゲームボーイアドバンス Bomberman Tournament
Bomberman Story
ボンバーマン64 日本の旗 2001年12月20日 NINTENDO64 Bomberman 64
ボンバーマンカート 日本の旗 2001年12月20日 PlayStation 2 Bomberman Kart
ボンバーマンMAX2 ボンバーマンバージョン 日本の旗 2002年2月7日 ゲームボーイアドバンス Bomberman Max 2 Blue Advance
ボンバーマンMAX2 MAXバージョン 日本の旗 2002年2月7日 ゲームボーイアドバンス Bomberman Max 2 Red Advance
ボンバーマンジェネレーション 日本の旗 2002年6月27日 ニンテンドーゲームキューブ Bomberman Generation
ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜 日本の旗 2002年10月24日 ゲームボーイアドバンス Bomberman Jetters: The Legendary Bomberman
ボンバーマンジェッターズ 日本の旗 2002年12月19日 ニンテンドーゲームキューブ
PlayStation 2
Bomberman Jetters
ボンバーマンランド2 ゲーム史上最大のテーマパーク 日本の旗 2003年7月17日 PlayStation 2
ニンテンドーゲームキューブ
Bomberman Land 2
ボンバーマンジェッターズ
ゲームコレクション
日本の旗 2003年10月16日 ゲームボーイアドバンス Bomberman Jetters Game Collection
ネットでボンバーマン 日本の旗 2004年2月19日 PlayStation 2 Net de Bomberman
ボンバーマンランドシリーズ ボンバーマンカートDX 日本の旗 2004年4月15日 PlayStation 2 Bomberman Kart DX
ボンバーマンバトルズ 日本の旗 2004年10月7日 PlayStation 2 Bomberman Hardball
Bomberman Battles
ボンバーマン 日本の旗 2005年5月19日 ニンテンドーDS Bomberman
ボンバーマン ぱにっくボンバー 日本の旗 2005年6月23日 PlayStation Portable Bomberman Panic Bomber
ボンバーマンランド3 日本の旗 2005年8月4日 PlayStation 2 Bomberman Land 3
ハドソンベストコレクションVol.1 ボンバーマンコレクション 日本の旗 2005年12月22日 ゲームボーイアドバンス Hudson Best Collection Vol.1 Bomberman Collection
Touch!ボンバーマンランド 日本の旗 2006年7月20日 ニンテンドーDS Bomberman Land Touch!
Touch! Bomberman Land
ボンバーマンポータブル 日本の旗 2006年7月20日 PlayStation Portable Bomberman
Bomberman Portable
BOMBERMAN Act:Zero 日本の旗 2006年7月20日 Xbox 360 Bomberman Act:Zero
ボンバーマンランド Wii 日本の旗 2007年3月8日 Wii Bomberman Land
Bomberman Land Wii
ボンバーマンストーリーDS 日本の旗 2007年3月21日 ニンテンドーDS Bomberman Story DS
ボンバーマンランドポータブル 日本の旗 2007年3月21日 PlayStation Portable Bomberman Land
Bomberman Land Portable
ボンバーマン ライブ 日本の旗 2007年7月18日 Xbox 360 Bomberman Live
タッチ!ボンバーマンランド スターボンバーのミラクル★ワールド 日本の旗 2007年7月19日 ニンテンドーDS Bomberman Land Touch! 2
Touch! Bomberman Land Star Bomber no Miracle★World
ボンバーマン 日本の旗 2008年9月25日 Wii Bomberman
Wi-Fi8人バトル ボンバーマン 日本の旗 2008年9月30日 Wii Bomberman Blast
Wi-Fi 8-Nin Battle Bomberman
カスタムバトラー ボンバーマン 日本の旗 2008年12月4日 ニンテンドーDS Bomberman 2
Custom Battler Bomberman
ボンバーマンウルトラ 日本の旗 2009年6月18日 PlayStation 3 Bomberman Ultra
いつでもボンバーマン 日本の旗 2009年10月7日 ニンテンドーDS Bomberman Blitz
Itsudemo Bomberman
Bomberman LIVE: Battlefest 日本の旗 2009年12月8日 Xbox 360 Bomberman LIVE: Battlefest

2014年1月1日以降の家庭用ゲーム機向けタイトル(ハドソンブランド外)[編集]

タイトル 発売日 ハード 英題
スーパーボンバーマン R 日本の旗 2017年3月3日 Nintendo Switch
PlayStation 4
XONE
Steam[注 22]
Super Bomberman R

ハイテンボンバーマン[編集]

タイトル 発売日 英題
HI-TEN ボンバーマン 日本の旗 1993年 Hi-Ten Bomberman
HI-TEN キャラBOM 日本の旗 1994年 Hi-Ten Chara BOM
HI-TEN ボンバーマン』は、ハドソンのイベント用にPCエンジン(白)2台を繋ぎ制作された専用ハードを使用し、10人対戦を可能としたスペシャルバージョンともいえるゲームソフトである。当時としては破格の多人数プレイを実現するため、世界で初めてハイビジョン規格[注 23]で制作されたテレビゲームとされる。1993年に郵政省主催の「ハイビジョン・アウォード'93」において選定委員長賞を受賞した[18]
その後、しばらくの間はNHKホールに展示してあったようだが経年と共に撤去・廃棄されてしまった模様。さらにハドソン吸収などの影響もあってか現物は長らく行方知れずとなっていたが、2019年にさる筋から高橋名人がゲーム(プログラミングデータ)を記録していると思しきCD-Rを入手したが、後にそれはオーディオCDだったことが判明した[19][注 24]
翌年登場した『HI-TEN キャラBOM』では、前作の要素に加え、「ゴールデンボンバー、ホワイトボンバーマン、ブラックボンバーマン、桃太郎、夜叉姫、キングボンビー、戦国卍丸、カブキ団十郎、原人、ミロン(『ドレミファンタジー』のデザイン)」といった様々なハドソンのゲームキャラクターが操作キャラクターとして登場し、お邪魔キャラクターとしてハニー(『スパボン2』等のテレビCMでハニーと呼ばれていた、カチューシャを付けたキャラクター)が登場する[21]のが特徴。「1995ハドソンゲーム音楽全集」にバトルBGMが収録されている。

PC向け[注 25]タイトル[編集]

ボンバーマンシリーズの元となった爆弾男のシリーズは、「関連項目」に掲載。

タイトル 発売日 規格・OS 英題
ボンバーマンスペシャル 日本の旗 1986年 MSX Bomberman Special
ボンバーマンコレクションVOL.1 日本の旗 2002年12月19日 Windows Bomberman Collection Vol.1
ボンバーマンコレクションVOL.2 日本の旗 2004年4月15日 Windows Bomberman Collection Vol.2
ボンバーマンオンライン 日本の旗 2006年1月25日 Bomberman Online
ボンバーマンオンラインJapan 日本の旗 2006年1月25日 Bomberman Online Japan

アーケードタイトル[編集]

「ボンバーマン」及び「ボンバーマンワールド」は、ハドソンの許諾を得たアイレム[注 26]より稼働。

タイトル 発売日 英題
ボンバーマン 日本の旗 1991年 Dynablaster
Bomberman
ボンバーマンワールド 日本の旗 1992年 Bomberman World
ボンバーマン ぱにっくボンバー 日本の旗 1994年 Bomberman Panic Bomber
ネオ・ボンバーマン 日本の旗 1997年5月1日 Neo Bomberman

携帯電話・スマートフォン向けタイトル[編集]

ハドソンの携帯電話・スマートフォン向けタイトル[編集]

(参考:[22]
この他にもシリーズタイトルは存在する。

タイトル 発売日 英題
ボンバーマン[23] 日本の旗 2001年7月12日 Bomberman
ボンバーマンパズル 日本の旗 2001年9月3日[24] Bomberman Puzzle
ボンバーマンDX 日本の旗 2001年11月12日[25] Bomberman DX
ボンバーマンジェッターズ 日本の旗 2003年4月7日[26] Bomberman Jetters
Superボンバーマン 日本の旗 2003年12月1日 Super Bomberman
ボンバーマン3D 日本の旗 2004年12月3日[27] Bomberman 3D
SuperボンバーマンG 日本の旗 2006年2月13日 Super Bomberman G
BOMBERMAN Act:Zero MOBILE Type 日本の旗 2006年11月24日[28] Bomberman Act:Zero Mobile Type
ボンバーマン3Dカート 日本の旗 2007年6月1日 Bomberman 3D Kart
ガチャピン☆ボンバーマン 日本の旗 2007年8月6日[29] Gachapin☆Bomberman
ボンバーマン3D WIDE 日本の旗 2007年10月1日 Bomberman 3D Wide
ボンバーマン 日本の旗 2007年12月19日 Bomberman
ボンバーマン3D アイランド 日本の旗 2008年1月31日 Bomberman 3D Island
ボンバーマン TOUCH -The Legend of Mystic Bomb- 日本の旗 2008年7月11日 Bomberman Touch: The Legend of Mystic Bomb
ボンバーマン'08 日本の旗 2008年9月8日 Bomberman'08
ヤッターマン×ボンバーマン 日本の旗 2008年11月27日 Yatterman×Bomberman
ローズオニールキューピー☆ボンバーマン 日本の旗 2009年1月29日[30] Rose O'Neill Kewpie☆Bomberman
ボンバーマン TOUCH 2 ボルケーノ・パーティ 日本の旗 2009年6月18日 Bomberman Touch 2: Volcano Party
ボンバーマン道場 日本の旗 2009年11月2日 Bomberman Dojo
ボンバーマン・チェインズ 日本の旗 2011年2月10日 Bomberman Chains
100人大戦ボンバーマン 日本の旗 2012年3月18日 100-nin Taisen Bomberman
ボンバーマンNext ご当地関東編 不明 Bomberman Next: Gotochi-Kanto hen
パズループ☆ボンバー 不明 Puzzloop☆Bomber
対戦☆ボンバーマンCross 不明 Taisen☆Bomberman Cross
対戦☆ボンバーマン24+ 不明 Taisen☆Bomberman 24+
ボンバーマンRPG 不明 Bomberman RPG
ぱにっくボンバー 不明 Panic Bomber
対戦☆ぱにっくボンバー+ 不明 Taisen☆Panic Bomber+
対戦☆ボンバーマンGEEK 不明 Taisen☆Bomberman GEEK
ボンバーマンカート Special 不明 Bomberman Kart Special
ボンバーマン復刻版 不明 Bomberman Fukkokuban

2014年1月1日以降の携帯電話・スマートフォン向けタイトル(ハドソンブランド外)[編集]

タイトル 発売日 英題
ボンバーマン 日本の旗 2014年11月5日 Bomberman
対戦!ボンバーマン 日本の旗 2016年1月26日[31] VS Bomberman[32]

液晶ゲーム[編集]

  • 1997年
    • ボンバーマン
      • バンダイから発売されたキーチェーンタイプの携帯ゲームで、「マメゲーム」シリーズの1つ。液晶パネルを二枚重ねた仕様であり、本家のゲーム性を出来る限り再現している。

日本国外のみの発売[編集]

発売中止タイトル[編集]

  • バーチャルボンバーマン(バーチャルボーイ
    • 1996年2月29日発売[33]のはずだったが、理由は不明のまま発売中止となった。
  • ボンバーマンオンライン(ドリームキャスト
  • ボンバーマン(仮称)(ニンテンドー3DS
    • 2011年発売予定であった作品で、3Dアクション。世界観やキャラクターが一新されており、様々なミッションをクリアする「シングルモード」や最大4人(オンライン8人)での「バトルモード」の収録が予定されていた。

アニメ[編集]

ボンバーマン 勇気をありがとう 私が耳になる
Bビーダマン爆外伝シリーズ
ボンバーマンジェッターズ
ビーダマンシリーズ

漫画[編集]

ビデオ[編集]

  • DiGi mation 2 凡!BOMBERMAN(デジメーション 2 ボン!―)(1990年、製作:ハドソン、販売:ファンハウス
    • 当時ボンバーマンファンを公言していた悪役商会八名信夫が主役の親凡(白ボン)を演じている任侠ドラマ、一部PCエンジン版のゲーム画面と実写を合成した演出を取り入れている。
  • まるごと!!ボンバーマン ボンバーマンヒーロー紹介編(1998年、製作:ハドソン、TSUTAYAレンタル専用)

ゲスト出演・コラボレーションなど[編集]

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

  • Bugってハニー
    • ファミリーコンピュータ版の「ボンバーマン」が登場。
  • VIRUS
    • 第6話のAパートに登場。

商品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 作品によって異なる場合もある。
  2. ^ 元となった作品に『爆弾男』が存在する。
  3. ^ ウェイバックマシン(2010年3月5日アーカイブ分)
  4. ^ a b 高橋はボンバーマンシリーズの開発に直接関与していないため、内容の扱いには注意を要する。
  5. ^ 題名を“Eric and the Floaters(エリック&フローターズ)”に差し替えて販売した。Ericは主人公を指し、Floatersは風船から取られた。
  6. ^ 発売前である1985年秋頃から、極左過激派による同種の事件やテロ予告はなされていた。
  7. ^ 『爆弾男』等はシリーズ第一作とせず、シリーズの原型(前身のような存在)と考えるのが正しい[4][5]
  8. ^ ここでいう地下(ロードランナーの舞台)とは金鉱[7]のことであり、初代ボンバーマンの舞台である地下迷宮とは関連しない。
  9. ^ 最終面である50面を攻略すると、"CONGRATULATIONS BOMBER MAN BECOMES RUNNER SEE YOU AGAIN IN LODE RUNNER"との一文が表示される。
  10. ^ ロムカートリッジ版の移植であるディスクシステム版の説明書にさえこれに関する記述は載っていなかった。
  11. ^ この二者においてゲームシステムや世界観上の接点はないが、いずれもシリーズに含まれる。
  12. ^ ここではハドソンの看板タイトル及び看板キャラクターの意味。
  13. ^ この作品では2人で遊ぶ「VSモード」と3人で遊ぶ「バトルモード」が搭載されているが、ここでは便宜上2つをまとめてバトルゲームと呼ぶ。
  14. ^ 従来シリーズを手掛けた水野も関わっている。
  15. ^ 二画面を行き来しながら行うバトル」の部分は、ニンテンドーDSのシリーズ作品でのみ採用された。
  16. ^ 2014年5月にサービス終了。
  17. ^ 例外として、『ボンバーマン'94』のみ地球と同様のデザインとなっている。
  18. ^ 必ずしも他作品とシナリオ上の繋がりを直接もつわけではない。(例:スーパーボンバーマン5
  19. ^ 便宜上Wikipediaでは、敵キャラクターに限り基本キャラクターに含む。
  20. ^ 通常世界観の未来を描いた作品であることが示唆されており、完全に世界観が違うとは限らない
  21. ^ 海外では『ボンバーマンGB』が『Wario Blast: Featuring Bomberman!』の題で発売されたため。
  22. ^ Steamは家庭用ゲーム機とは関連しないが、便宜上ここに記載。
  23. ^ アナログハイビジョン時代なので、現在日本の標準的なHDTV解像度(1080i,1440 or 1920×1080)とは解像度が異なる(1035×1080)。詳細はハイビジョンの項目などを参照。
  24. ^ 名人の機材ではCD-Rのデータを読むことが出来ず、データサルベージのスキルに長けたNPO法人「ゲーム保存協会」の力を借りて修復を試みた[20]結果、判明。
  25. ^ 家庭用ゲーム機にも発売されたクロスプラットフォームタイトルについては、「家庭用ゲーム機向けタイトル」を参照。
  26. ^ 現在、アイレムの権利を保持しているのはアイレムソフトウェアエンジニアリングである。

出典[編集]

  1. ^ xb-boxb.jpg - 『サターンボンバーマン XBAND』パッケージ裏より。
  2. ^ a b 高橋名人公式BLOG『16連射のつぶやき』 - ウェイバックマシン(2007年9月29日アーカイブ分)、名人とともにハドソンの名作タイトルを振り返る——高橋名人オンステージ (1/2) ITmedia +D Games 2005年11月14日
  3. ^ 檜町公園事件
  4. ^ 『ボンバーマン(PlayStation)』『ボンバーマンランド』等の作品(パッケージ)・文献において、1985年に誕生したことが記されている。
  5. ^ 『スーパーボンバーマン 公式ガイドブック』(小学館)にて、ファミコン版の開発者である中本伸一が「生みの親」とされており、中本自身も爆弾男をシリーズ作ではなく原型と捉えていることが書かれている。また、ファミコン版からアイテムが採用されたという観点で「『爆弾男(シリーズ)』から『ボンバーマン(シリーズ)』への変身と考えても差し支えない」と発言している。
  6. ^ ロムカートリッジ版ボンバーマン取扱説明書
  7. ^ ファミコン版『ロードランナー』取扱説明書より。
  8. ^ 具体的には、「モノをぶち壊していく」「斧で切り倒しまくる」など。
  9. ^ 『新ボンバーマン全百科』(小学館)等でも、こちらの説が紹介されている。
  10. ^ 藤原茂樹プロフィール | 株式会社ゼロイチ
  11. ^ かつて渋谷NHKスタジオパークにも置かれていた。
  12. ^ 参考1:art-shiro.JPG
    参考2:scr-06.jpg (577×393)
    参考3:爆ボンバーマン2 キング&ナイツ - ハドソン無料壁紙配信 - ウェイバックマシン(2000年9月25日アーカイブ分)
  13. ^ ボンバーマン ルネッサンス - ウェイバックマシン(2005年8月28日アーカイブ分)
    リンク先(PDFファイル)の3ページ下部より、キャラクターデザインの変遷を見ることができる。一番左が水野が関わる前(『-'93』)、中央が水野によりデザインされたボンバーマン、一番右が『-ジェッターズ』のシロボン。
  14. ^ SUPER BOMBERMAN 3 Original Sound Track』のライナーノーツより。
  15. ^ ニンテンドー3DSに『ボンバーマン』シリーズ最新作が登場【E3 2010】”. ファミ通.com (2010年6月1日). 2012年4月23日閲覧。
  16. ^ 『新ボンバーマン全百科』 小学館、1998年、184頁
  17. ^ 『スーパーボンバーマン2』など(『スーパーボンバーマン2』の取扱説明書より)。
  18. ^ ハドソン中央研究所 主な研究・開発実績 - ウェイバックマシン(2002年8月5日アーカイブ分)
  19. ^ 「Hi-Tenボンバーマン」のDiskの中身|高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」Powered by Ameba
  20. ^ 高橋名人が世界初のハイビジョン専用ゲーム『HI-TENボンバーマン』のディスクを入手。”. 電ニコファミゲーマー(株式会社ドワンゴ) (2019年3月19日). 2019年3月20日閲覧。
  21. ^ 参考1:title-chara.jpg
    参考2:chara.1jpg
  22. ^ ボンバーマン | ケータイ | 株式会社ハドソン - ウェイバックマシン(2010年7月29日アーカイブ分)
  23. ^ あの「ボンバーマン」がついにiアプリに登場! - ウェイバックマシン(2001年12月15日アーカイブ分)
  24. ^ 「着信☆アプリ♪」に4つの新コンテンツオープン! - ウェイバックマシン(2001年12月15日アーカイブ分)
  25. ^ ハドソン、11月よりFOMA端末P2101V(ビジュアルフォン)専用コンテンツを配信中 - ウェイバックマシン(2001年12月18日アーカイブ分)
  26. ^ 「ボンバーマンジェッターズ」iモード用「着信☆アプリ♪」に新登場 - ウェイバックマシン(2004年6月23日アーカイブ分)
  27. ^ ハドソン、901iシリーズ対応ゲーム「ボンバーマン3D」を配信 - ITmedia Mobile
  28. ^ ハドソン、リアルな「ボンバーマン」が戦うアクションゲーム、FOMA 903i専用「BOMBERMAN Act:Zero MOBILE Type」
  29. ^ ハドソン、ガチャピンとボンバーマンのコラボレーションが実現! iモード「ガチャピン☆ボンバーマン」
  30. ^ ローズオニールキューピー☆ボンバーマン
  31. ^ 「対戦!ボンバーマン」本日サービスイン。全100ステージの1人用モードに加え,最大4人でのオンライン対戦プレイが可能 - 4Gamer.net
  32. ^ かつて使用されていたTwitter公式アカウントのユーザーIDより。
  33. ^ 当時のパンフレットより。該当パンフレットはGames - Unreleased - Virtual Bomberman - Images - Flyer - V. Bomberman Flyer (JPN) « Planet Virtual Boyより閲覧可能。
  34. ^ yuna.png
  35. ^ bobobo.png
  36. ^ いま、ぺんてるの替芯Ainを買うとボンバーマングッズプレゼント! - ウェイバックマシン(2004年8月4日アーカイブ分)
  37. ^ 今年もボンバーマンが「でんすけすいか」を応援するぞ! - ウェイバックマシン(2004年8月10日アーカイブ分)
  38. ^ でんすけすいか - ウェイバックマシン(2000年6月3日アーカイブ分)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]