野島一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野島 一成(のじま かずしげ、1964年1月20日 - )は、日本ゲームクリエイターゲームシナリオライター。有限会社ステラヴィスタ代表。北海道札幌市出身、北海道札幌清田高等学校卒。

概要[編集]

20歳の頃札幌大学を中退し、データイーストに入社。「探偵 神宮寺三郎」シリーズや「ヘラクレスの栄光」シリーズでシナリオを中心に活躍。

1994年スクウェア(現スクウェア・エニックス)に移籍し、『バハムート・ラグーン』で初のディレクターを務める。その後も『ファイナルファンタジーVII』(以下FF)、『FFVIII』、『FFX』、『FFX-2』、「キングダム ハーツ」シリーズなど多数のヒット作のゲームのシナリオを手がけた。

2003年10月30日にスクウェア・エニックスを退社、独立しステラヴィスタを立ち上げた。その後も『FFXIII』や『FFVII』などの関連作品にシナリオライターとして関わっている。『大乱闘スマッシュブラザーズX』に収録されているアドベンチャーモード、「亜空の使者」のシナリオプロットも担当した。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]