野島一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野島 一成(のじま かずしげ、1964年1月20日 - )は、日本ゲームクリエイターゲームシナリオライター。有限会社ステラヴィスタ代表。

概要[編集]

北海道札幌市出身。北海道札幌清田高等学校を経て、札幌大学へ入学するも20歳の頃に中退し、データイーストに入社。「探偵 神宮寺三郎」シリーズや「ヘラクレスの栄光」シリーズでシナリオを中心に活躍。

1994年スクウェア(現スクウェア・エニックス)に移籍し、『バハムート・ラグーン』で初のディレクターを務める。その後も『ファイナルファンタジーVII』(以下FF)、『FFVIII』、『FFX』、『FFX-2』、「キングダム ハーツ」シリーズなど多数のヒット作のゲームのシナリオを手がけた。

2003年10月30日にスクウェア・エニックスを退社、独立しステラヴィスタを立ち上げた。その後も『FFXIII』や『FFVII』などの関連作品にシナリオライターとして関わっている。

スクウェア・エニックス社以外の作品では任天堂の『大乱闘スマッシュブラザーズX』に収録されているアドベンチャーモード、「亜空の使者」のシナリオプロットも担当した。 世界中で待望の声が上がり、2020年4月10日に発売された『ファイナルファンタジーVII リメイク』では「原作よりもずっと深くクラウドに寄り添うことができるようになっている」と語っている。[1]

主な作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]