半保護されたページ

山本大介 (ゲームクリエイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本大介 
誕生 (1978-12-16) 1978年12月16日(42歳)
日本の旗 日本 富山県高岡市[1][2]
職業 ゲームクリエイター
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ゲーム
代表作 パズル&ドラゴンズ
テンプレートを表示

山本 大介(やまもと だいすけ、通称"ダイケ"1978年12月16日 - )は、日本ゲームクリエイターガンホー・オンライン・エンターテイメント所属。代表作は『パズル&ドラゴンズ』。

来歴

富山県高岡市出身[2]。小学生の頃はファミリーコンピュータ、中学、高校ではストリートファイターIIなど格闘ゲームにハマる[3]。小学校高学年で担任教師の影響で理科が好きになり、薬の研究をする夢を持つ[3]。だが1996年、数学が苦手で大学受験に失敗、進路を模索してブラブラしているとゲームへの熱意を思い出しゲーム業界に入ることを決意[4]。2001年にブレインドックという小さな会社に企画アシスタントとして在籍、企画作りの基礎を学ぶ[5][4]。2001年7月にハドソンに入社[6]。ハドソンではエレメンタルモンスターTDの企画に携わり、プロデューサーとして『ミロンのほしぞらしゃぼん パズル組曲』、『エレメンタルモンスター 〜五柱神の謎〜』の企画を行った[6]

2011年7月にハドソンを退社し、ガンホーに移籍した。ガンホーでは入社して1週間後、後の大ヒット作になる『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)を企画段階から手がけた[7]。2018年からはパズドラに加え、『クロノマギア』のプロデュースを並行して行っている。

作品

プロデュース作品

出典

  1. ^ daikeyamamotoのツイート(351721845587849217) 2016年6月6日閲覧。
  2. ^ a b 富山県高岡市とのコラボダンジョン「高岡市コラボ」配信! | パズル&ドラゴンズ”. 2013年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月7日閲覧。
  3. ^ a b 仕事を選ぶ 先輩が語る働く現場64 66ページ 朝日ウイークリー編集部 朝日学生新聞社 2014年
  4. ^ a b 仕事を選ぶ 先輩が語る働く現場64 67ページ
  5. ^ パズドラの生みの親「私は万人受けするゲームを作れるタイプではなかった」と誕生秘話を告白”. GIGAZINE (2012年8月23日). 2016年8月27日閲覧。
  6. ^ a b 『エレメンタルモンスター 〜五柱神の謎〜』山本大介プロデューサーインタビュー!”. インサイド (2007年9月18日). 2016年8月27日閲覧。
  7. ^ 【徹底インタビューその2】パズドラはこうして生まれた”. AppBank. 2016年8月27日閲覧。

外部リンク